北朝鮮がICBM発射、核攻撃をしたらアメリカや中国はどう反応するのか?

北朝鮮は最近「弾道ミサイル(ICBM)」を何度も発射し、挑発的な行動を続けています。この動きは、中国やアメリカといった大国も無視することはできません。

では、もしも北朝鮮が核ミサイルを実際に発射した場合、これらの国々はどのように対応するのでしょうか?このシナリオについて、海外YouTubeチャンネル「The Infographics Show」が時系列で解説しています。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:The Infographics Show,ytscribe

北朝鮮が核ミサイルを発射したらどうなるのか?


【02:33】中国との国境から160㎞ほど離れた北朝鮮の山間部で、技術者が地下壕の入り口に張られた迷彩ネットを取り外す作業に追われています。この地下壕は山肌を削って作られ、数百㎞上空を飛行するアメリカのスパイ衛星を欺くためにカモフラージュされています。また、慌ただしい動きを曖昧にするために、重い雲があるときに実施されています。

そして、改造された坑道から、巨大なトラックが慎重に出てきます。そこには、巨大な大陸間弾道ミサイル「火星15号」があります。穴から出たトラックは、巨大なミサイルを所定の位置まで持ち上げるという大変な作業を始めます。

「火星15号」は高さ3mで2階建ての家より高く、密集した都市の数キロ四方を破壊する威力を持っています。

発射指揮官は、金正恩に直結する地下電話線でつながれた電話を取ります。北朝鮮は、米国や同盟国の盗聴を警戒して、原始的な電話技術に頼らざるを得ないのです。そして、金正恩が発射の指示を出します。


【00:01】大陸間弾道ミサイル「火星15号」のメインエンジンが噴射し、発射場全体を揺さぶります。

発射担当者はブラストスクリーンの後ろに隠れ、安全な発射台車の装甲車内に身を寄せます。もし、何か問題が起きてミサイルとその燃料がすべて爆発した場合に備えて身を潜めているのです。

2秒後、ミサイルは正常に作動し、地面から浮き上がります。


【00:05】地球上空1,600㎞の宇宙赤外線システムは、巨大なロケットの熱噴煙を直ちに検出します。衛星は、コロラド州のバックリー空軍基地の第2宇宙警報飛行隊、および米国のすべての地理的司令部の司令官等に即時フラッシュ警報を送信します。

【00:07】静止軌道上の2機目の米国衛星が大型弾道ミサイルの熱信号を確認し、2回目の緊急警報を鳴らします。

【00:08】巨大な「火星15号」は超音速飛行に近づき、雲を突き破って数百㎞上空に飛び出します。

【00:10】米国の宇宙赤外線システム衛星は、この大型ロケットの熱信号に全神経を集中させます。雲に覆われ、肉眼では確認できませんが、赤外線センサーで見ると、打ち上げの熱は一目瞭然です。ロケットは、高速で空中を疾走し続けます。

米国の衛星はすぐに、北朝鮮のロケットの熱信号を、既知のミサイルと比較し始めます。そして、1秒もかからずに、2010年代後半に発射された2種類の「火星15号」と一致だということが分かります。確認された一致は直ちに米宇宙軍に送信されます。

【00:15】米国宇宙軍の職員は、宇宙ネットワークからの複数の脅威の警告に唖然とし、急いでデータを調べます。しかし、人間は機械よりはるかに鈍いので、脅威を確認するのに時間がかかります。

【00:30】北朝鮮のミサイルは現在、民間旅客機の2倍の高さに達し、メインロケットエンジンはまだ健在です。

【00:45】宇宙軍関係者が発射を本物と確認します。そして、韓国と太平洋の米軍に緊急速報を発信します。なぜなら、ミサイルが飛行の初期段階でどこに向かっているのかを知ることは不可能だからです。

国防総省とホワイトハウスのホットラインを通じて、北朝鮮が核弾頭を搭載した弾道ミサイルを発射したとの警報が出されます。

【01:00】「火星15号」のメインエンジンが燃料切れで停止します。ミサイルは、惰性で時速数千㎞で大気圏上空を飛行し、4分の3ほどの高さで第1段と第2段に分離します。

その1秒後、2段目のエンジンが点火され、ロケットは地球の大気圏を脱出する準備のために前方に突進します。

【01:25】米国大統領の会談に、側近が慌てて割って入ります。形式的な手続きをしている暇はなく、大統領は部屋から引きずり出され、報告を受けることになります。

まだ、北朝鮮の標的は不明です。大統領は直ちにホワイトハウスの中心にある高度に制限された極秘の状況判断室に向かいます。そこでは、世界中の米軍と通信し、さまざまな米軍の追跡データをリアルタイムで入手することができます。


【01:30】米国宇宙司令部は、韓国と日本のレーダー施設に北朝鮮のミサイルの追跡を開始するよう命令を出します。米軍の艦艇に搭載された海上のスパイ1レーダーがネットワーク化され、北朝鮮のミサイルを追尾する大規模な監視体制が構築されます。

ミサイルは宇宙に飛び出すときが最も脆弱ですが、米国はこの初期段階でミサイルを迅速に破壊する能力をまだ持っていません。高速発射体や指向性エネルギー兵器の開発により、近い将来、米軍はこの脆弱な段階でミサイルを破壊できるようになることが期待されています。

今のところ、米軍は、ミサイルがどこに向かっているのか、どのミサイル防衛設備を作動させるべきなのかの判断材料となる情報を収集することしかできません。

【01:35】核の脅威が確認されると、米国シークレットサービスは大統領を安全で高度に機密化された場所に移動させる準備を始めます。ミサイルがホワイトハウスに向けられた場合、大統領は40分以内に退去しなければなりません。

【02:00】韓国、グアム、ハワイにある米国の高高度防衛砲台が起動します。強力なAN/TPY-2レーダーが空を見上げ、ミサイルを探し始めます。

迎撃ミサイルは、飛来する弾道ミサイルを消滅させるよう設計されていますが、割り当てられた地域のみしか防衛できません。

【02:10】太平洋の米軍基地にあるパトリオットミサイル防衛砲台が警戒態勢に入ります。これも短距離防衛であり、特定の場所を防衛することしかできません、

この地域の米軍イージス艦にも同じ警報が出されます。米国のSM-3ミサイルは、大気圏外で短距離弾道ミサイルの迎撃に使えますが、標的が降下段階にあることが条件となります。イージス艦の射程は数百㎞で、複数の米軍施設や海軍戦闘部隊を保護することができます。

【02:20】ピーターソン空軍基地の米北部司令部は、米国の国土防衛を活性化するための準備を開始します。

アラスカ州のフォートグリーリーとカリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地では、地上配備型ミッドコース防衛システムが稼働します。

44基の迎撃ミサイルは、移動式のTHAADや海軍のSM-3よりもはるかに大きな射程距離を持ち、ターゲットがターミナルフェーズに入る前、つまり宇宙空間を飛行している途中で迎撃するように設計されています。しかし、より多くのデータが必要であり、米軍にできることは、現在、見守ることのみです。

【3:00】ミサイルの軌道から、これが日本や韓国やグアムに対する攻撃でないことが明らかになりました。ハワイは依然として標的である可能性が高いですが、米国本土の他の地域も同様です。

【03:15】米国大統領に、ミサイルの軌道と速度から、これは新型ミサイルのテストではないと通告されます。

すべてのデータは、これが米軍に対する正当な発射であることを示しています。北朝鮮の能力を考えると、ハワイかアメリカ西海岸に対する攻撃である可能性が高いです。

北朝鮮は東海岸に到達できるミサイルを保有していますが、そこまで正確に攻撃する標的能力はないと思われています。

大統領は、飛来する脅威に対して地上配備型迎撃ミサイルの使用を許可し、ハワイまたは米国西海岸に近い米海軍の艦船に、主要な人口密集地を最もよく保護できる位置に移動するよう命じます。


【04:00】米国全土で、特別に改造された航空機が飛行を開始します。これらの大型機には通信機器が搭載され、電磁パルスに対して強化されています。

この飛行機は「ドゥームズデイ・プレーン」と呼ばれ、米国本土に大規模な核攻撃が行われた場合でも、米国大統領がすべての米軍と連絡を取り続けることができるようになっています。

飛行機は、眼下の破壊に巻き込まれないように十分な高さを飛び、宇宙ステーションと世界中の生存する地上ステーションを空中で繋ぎます。

飛行機は危機が去るまで降りてくることはなく、空中給油機で燃料を補給し、飛行を続けます。当面は西海岸、東海岸、そしてアメリカの中心部を横断する軌道を維持します。

【04:30】米国の核三原則は公式に警戒態勢に入り、いかなる脅威に対しても報復できる準備をします。

北朝鮮の攻撃を隠れ蓑に、他国が自国の核兵器で米国を攻撃する可能性もあります。そのため、今後、米国はいかなる敵対勢力に対しても核戦争の準備をしなければならないのです。

世界中の米軍部隊に部隊召集令が出され、兵士たちは何をしていてもすぐに出動するようにと指示されます。核兵器搭載の航空機は、想定される核ミッションのために準備され、核弾頭は装填と発射のために準備されます。

世界の海の奥深くで、アメリカの核弾道ミサイル潜水艦の艦隊は、大統領の命令で独自の準備を進めています。

【04:45】「火星15号」の第2段燃料が切れます。2段目から切り離されたペイロードは、化学動力式スラスターで進路と方位を調整します。その際、ミサイルは無動力で飛行しています。しかし、巨大な2段式ロケットが作り上げた驚異的な勢いに乗って、1秒間に6.7㎞もの速さで移動しています。

【05:00】米国宇宙司令部は、北朝鮮のミサイルに関する新たな追跡データから、2段目とペイロードが分離されたことを確認します。この新しいデータに基づいて、ハワイは標的から除外されます。そして、現在の速度と高度から、アメリカ西海岸南部への衝突が予想されます。

【05:15】この新しいデータを基に、米国のミサイル防衛担当者は、アラスカのフォートグリーではなく、バンデンバーグ空軍基地からのGBIの発射を選択します。

4基の細長いミサイルが起動し、ライブのターゲットデータが送られますが、まだ発射することはできません。敵のミサイルが近づいてくるのを待ってから発射しなければならないのです。

【06:00】米国大統領は、状況判断室からヘリコプターに急行します。

この時、ある2人が大統領に付き添います。1人は大統領が世界のどこからでもアルマゲドンを命令できる遠隔核指揮権ユニットを運びます。もう1人は、リュックサックのような大きな通信機を運び、大統領と政府・軍のすべての部門が常に連絡を取り合えるようにします。

その後、大統領はあらかじめ決められたシェルターに向かうのではなく、エアフォースワンに乗り換えます。なぜなら、エアフォースワンであれば核爆発の影響を受けず、軍や政府との連絡も取りやすいからです。


【07:00】韓国と日本に駐留する米韓の特殊部隊は、北朝鮮への攻撃に備えて招集され、武器庫に急行します。

これらのエリート部隊は、北朝鮮からの最近の敵対行為により、高い準備態勢を維持しています。特殊改造されたブラックホークヘリは、敵のレーダーを回避し、世界のどのヘリよりも静かに飛行することができます。そして、彼らの任務は、北朝鮮の核施設に潜入し、内部から核を無力化することです。

【07:30】米韓の警戒機が、北朝鮮の本格的な攻勢を想定して上空を飛行します。地上では非武装地帯の部隊が戦闘に備え、ソウルでは警報が鳴らされます。

敵対した場合、北朝鮮は非武装地帯の背後から直接ソウルを砲撃すると予想されます。北朝鮮は、1千万人の都市に毎分1万発の高爆弾を送り込めるほど多くの弾を保有しているのです。

【08:00】米軍のスーパーコンピュータが北朝鮮の弾頭の軌道、高度、速度を計算し、そのデータを地上配備型ミサイル防衛システムに送ります。コンピュータは緻密な計算で発射解を算出し、迎撃ミサイルの発射にゴーサインが出されます。

【08:05】カリフォルニアの砂漠にあるサイロから4基のGBIが発射されます。

ミサイルは運動エネルギーによって敵の核兵器が落ちてくるところを狙って迎撃します。上空に舞い上がると、TPY-2と海上レーダーがネットワーク化され、安定した追跡データが送り込まれます。

【10:00】グアム、日本、韓国では、北朝鮮との本格的な戦争を前にして、航空隊員が航空機に殺到します。まずはF-15とF-16で制空権を確立します。

B-2の大部分はミズーリ州にあり、戦闘の準備ができていません。その代わりに、B-52が即座に行動できるように準備されます。これらの航空機は準備に少なくとも1時間を要します。南太平洋の基地から離陸すれば、1日以内に目標に鋼鉄を打ち込むことができるでしょう。


【12:00】米国の迎撃ミサイルは宇宙空間で、北朝鮮の弾頭が進むと計算された迎撃地点に向かって加速しています。発射方法が悪ければ、北朝鮮の弾頭から大きく外れる可能性があります。その場合、米国の都市を守るのは、海軍のイージス艦に任されます。

【12:30】追跡データの更新により、ロサンゼルスが標的である可能性が高いことが判明します。

【13:00】米国大統領から許可を得た米特殊作戦部隊の第一陣が、改良型ブラックホークヘリコプターで離陸します。急速展開が可能だとされる北朝鮮の核発射施設数カ所を目的地とします。

韓国を拠点とする他の地上攻撃機もすでに他の目標に向かっており、これは北朝鮮の再攻撃能力を破壊することを意図しています。

【13:30】米国大統領がエアフォースワンに搭乗します。到着後、米国議会に北朝鮮への正式な宣戦布告を要請します。

【14:12】北朝鮮の弾頭が突然、複数の破片に分解され、反射率の高いチャフを放出します。チャフとはレーダーシステムを混乱させ、弾頭を狙いにくくするためのものです。

弾頭は現在8つに分かれており、それぞれが別の弾頭である可能性もあれば、ミサイル防衛システムを本物の弾頭から引き離すためのダミーである可能性もあります。

【14:14】米国の地上・宇宙レーダーは、雲の中にあるダミーと本物の弾頭を識別するのに苦労しています。

TPY-2と海上のXバンドレーダーはこの作業に最も適しており、アメリカのGBIに良い迎撃コースを提供することが今求められています。強力なプロセッサが利用可能なすべてのデータを処理し、複数の標的の中から本当の脅威を嗅ぎ分けます。もし失敗すれば、何百万人もの命が失われます。


【15:00】非常に精密な測定により、ダミー弾頭が特定されます。北朝鮮はMIRV弾頭の扱いに慣れておらず、ダミー弾頭は宇宙空間を飛行する本物の弾頭のプロファイルと完全には一致しないのです。

【15:02】GBIからEKVを切り離します。ここから目標に到達するまでには6分かかります。我々はただ作戦の成功を祈るしかありません。

【16:00】米国の知らぬ間に 中国が北朝鮮に侵攻しています。中国の精鋭部隊は高速輸送ヘリで北朝鮮の空域に侵入します。

中国の目的は、北朝鮮が再び核兵器を使用する前に奪取することです。米軍と中国軍が同じ目的に向かっているため、この攻撃は米中間の全面戦争の火種になる可能性があります。


【20:30】米軍のEKVが時速6,400㎞以上で宇宙空間を疾走します。迎撃に成功するか、壊滅的な失敗をするかは数秒後のことです。

【21:05】EKVの1号機は迎撃地点を通過し、北朝鮮の兵器を数十mの差で取り逃がします。

【21:08】2機目のEKVは、北朝鮮の弾頭から4㎞以上外れます。

【21:09】2機目のEKVから1秒後、3機目が目標に命中しました。空には一瞬明るい閃光が走ります。核爆発には正確な連鎖が必要であり、迎撃ミサイルの衝突では核爆発は起きません。


【21:40】複数の地上局および艦載レーダーが、2回の失敗と直撃という朗報を確認します。脅威は無力化され、ダミー弾頭は大気圏で燃え尽きます。

【22:00】米国大統領はエアフォースワンに搭乗し、吉報を受け取ります。脅威は去りましたが、大統領はホワイトハウスへの帰還を命じません。この戦争はまだ始まったばかりであり、次の北朝鮮からの核攻撃がいつ起こるかわかりません。

地球の裏側では、韓国とアメリカの軍隊が、第二次世界大戦以来、最もコストのかかる戦争の準備に取りかかっています。この戦争は朝鮮戦争が遊びの撃ち合いに見えるようなものになるでしょう。

米国の戦闘機はすでに北朝鮮に向かっており、疑惑の核施設に数千㎏もの高性能爆薬を投下する準備をしています。

米国と中国の特殊部隊は、金正恩の核兵器を押収するために競争しはじめます。国境では、北朝鮮軍がついに開戦に踏み切り、韓国の守備隊に攻撃を仕掛けるでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す