地球外生命体のテクノロジーはどれほど進んでいるのか? UFO・宇宙人の超技術をまとめてみた

UFOの代表例「空飛ぶ円盤」の構造とは?


宇宙人が空飛ぶ円盤を好む理由は、電極と惑星の大気中の気体を利用しやすいからです。円盤の形状は、あらゆる方向に船を移動させる際に都合がいいといわれています。船体は、空気抵抗や抗力がほとんど生じないような形状になっています。そして、UFOがホバリングしたり、任意の方向に飛び出したりできるのは、外側のあちこちに配置された電極のおかげなのです。

電極の働きは、電荷を使って空気中の気体をプラズマに変えることです。平均すると、私たちの大気のマイナス粒子とプラス粒子はかなりバランスがとれています。しかし、空気を加熱することによって、電極の一部の粒子が電子を失い、正の電荷を与えます。UFOは電極を使って、新たに形成されたプラズマに電流を流し、周囲の中性の空気を押し出すのです。

電気を帯びていない空気は、プラズマを押し返すと同時に、UFOを反対方向に押し、UFOを目的の方向に推進させます。もし、UFOの全面に同じ電流が流れていれば、空飛ぶ円盤はその場に留まっていることになります。つまり、移動させたい方向の反対側の電流の強さを変えるだけで、UFOは自由に飛び回れるということです。


おそらく空飛ぶ円盤の形は、空気力学のためだけでなく、船体全体に電極を均等に配置するために採用されているのでしょう。この推進方式は、UFOを動かすために燃料や推力を必要としません。従って、人間を観察するために飛び回るとき、比較的静かなはずです。電極をオンにする電力は、反物質エンジン、ソーラーパネル、または他の電気を作り出す装置から直接供給されます。


人類はUFOを見つけることができません。それは、UFOに何らかの遮蔽装置が備えられているからです。このシステムは時々失敗することがあり、それがUFOが時々目撃される理由です。この装置は、宇宙人が人目を気にせず地元の人々を観察するためには、絶対に必要なものです。

遮蔽装置は、UFOの周りの光を曲げることによって機能します。宇宙人は特殊なレンズを使い、UFOに接触するすべての光を曲げて、観測者に反射しないようにしています。この時、UFOの後ろからの光が観察者の目に届くように曲げられます。

もし、このような遮蔽を行った場合は、空気に「水の入ったグラスにストローを差し込んだときのような波紋」が発生します。ストローが折れたり動いたりするわけではありませんが、媒質が変わることで、ストローに反射する光の曲がり方が違ってくるのです。これと同じような現象が、UFOの遮蔽装置にも起こり、映像が歪んでしまうかもしれません。


遮蔽装置を使っているUFOの正確な形は分からないかもしれませんが、目を凝らせばそこに何かがあることに気がつくはずです。これは、人間から隠れることを望む宇宙人にとって、100%理想的な方法ではありません。この問題を解決できるかもしれない別の形の遮蔽装置があります。

それは、何千、何百万という小さなカメラやスクリーンを使って船を隠す方法です。UFOには、非常に高解像度のスクリーンが多数あり、背景や風景の画像を映し出します。これらのスクリーンをオンにすると、船体後部のカメラが船体前部のスクリーンに信号を送り、後方の景色を映し出します。そうなれば、UFOは完全に見えなくなります。


このような、何百万もの画像を一度に処理できる超ハイテクなカメラ、スクリーン、コンピューターの開発は、遠い星から地球に訪れることができる宇宙人にとっては難しいことではありません。

UFOのトラクター・ビームの仕組み


宇宙人は、ただ観察するためにはるばるやってきたわけではありません。宇宙人の目標は地球の情報やサンプルを収集することです。そのため、トラクタービームで牛や車や人をUFOに引き込むのです。トラクター・ビームは、いくつかの異なる方法を使ってターゲットを地面から浮かせ、船内に持ち込むことができます。


高出力磁石を使えば、車のような金属を持ち上げることができます。しかし、磁石を使うには対象物が金属である必要があります。そのため、このままでは人間をUFOに引っ張り込むことができません。


宇宙人は、この問題を回避するために、信じられないほど大きな音を出すスピーカーを使って高圧の渦を作り、物を船の方に引き寄せます。この方法は、ビームに巻き込まれた人にとっては非常にうるさくて痛いです。しかし、音を物体や人の周りに集中させれば、うまくいくでしょう。


ただ、トラクタービームのより現実的なオプションは、ソレノイド光線と呼ばれるものを使用することです。これは、光の竜巻のようなもので、対象物を包み込み、ゆっくりとUFOに引き寄せることができます。地球上での実験では、光線で物体を動かすというコンセプトは実現可能だと考えられていますが、それはあくまでもミクロの世界での話です。つまり、人間を地上からUFOに乗せるには、かなり強い光線が必要です。


また、高エネルギーの粒子を周囲に浴びせながら、人間を焼け焦げにしないようにするためには、絶妙なバランスを取る必要があります。

UFOが持つ防衛能力


宇宙空間には、船体の破損やエンジンの損傷を引き起こす可能性のあるものが無数に存在します。さらに、UFOが訪れる惑星には、UFOを破壊しようとする敵対的な存在がいるかもしれません。そのため、UFOには何らかの防衛能力が必要なのです。

UFOの船体は非常に丈夫で軽量な素材でできています。しかし、それだけでは十分な防御にならないかもしれません。ただ、UFOは電磁気学を使って、入ってくる物体をそらすことができます。そのためには、帯電しておく必要があります。UFOは、高度な追跡システムを使って、迫ってくる物体にエネルギーの弾を発射します。そうすると、迫ってくる物体の外側にある粒子がチャージされ、UFOと反発するようになります。その結果、物質をそらすことができるのです。


その他にも、UFOが装備している可能性のある防御手段として、高出力殲滅シールドというものがあります。UFOには外皮と内皮があり、その間に電流が流れています。外皮と内皮を一緒に押したり、貫通したりする物体があると、回路が完成し電気がその物体に浴びせかけられます。

これは、金属や回路を閉じることができるものだけに有効ですが、その効果は絶大です。船内を流れるすべての電気が瞬時にその物体に入り込み、実質的に蒸発させます。このシールドの問題は、再び使用する前に充電する時間が必要なことです。そのため、もし複数の物体が次々とUFOに衝突した場合、2回目の衝突までにシールドを復旧させる時間がない可能性があります。しかし、UFOはこの問題を回避するために、各船に複数のシールドを実装するでしょう。


最後の防衛策として、UFOは反撃に出るかもしれません。UFOには、数セットのレーザーと非常に破壊的な武器が装備されています。そして、彼らはまず反物質ミサイルを発射します。反物質はミサイルの動力源となり、信じられないほど長距離を移動することができます。

ミサイルが標的に衝突すると、反物質を静止させていた磁場が解除され、反物質は通常の物質と接触し消滅します。その際、大量のエネルギーが放出され、標的を焼き尽くし、瞬時に破壊します。


また、UFOはレーザーと粒子ビームを搭載しており、ピンポイントで使用することができます。粒子ビームは、宇宙で最も殺傷力の高い武器です。この高エネルギー粒子が他の物体に衝突すると、その物体の中の原子に伝達され、爆発します。

これは、物質でできているものなら何にでも起こりうることです。ちなみに、既知の宇宙ではエネルギーを除くすべてのものが対象になります。宇宙人の粒子ビームの最も恐ろしいところは、物体の大きさに関係なく、粒子ビームを十分に当てれば何でも吹き飛ばせるということです。


当然、人間の兵士を一瞬にして蒸発させることや、地球を守ろうとする飛行機を大爆発させることも可能です。何十億というUFOが一斉に粒子ビームを地球に浴びせれば、地球そのものが破壊される可能性さえあるのです。


とはいえ、地球は存在し続け、人類も生存し続けています。そして、もし宇宙人が私たちの惑星を訪れたとしても、うまく隠れて、人間には気づかれないようにするはずです。つまり、地球に来た宇宙人の目的は、探査目的で来たのであって、惑星を侵略するためではないということです。おそらく将来、宇宙人は私たちに正体を明かし、宇宙の謎を解き明かす手助けをしてくれることでしょう。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!