凶悪すぎて戦争でも使用禁止の兵器「目つぶしレーザー」「クラスター爆弾」など15選

戦争などで使用される兵器は日々進化しています。ただ、そんな兵器の中にも凶悪過ぎて使用が「禁止」されている兵器が存在します。海外YouTubeチャンネル「The Infographics Show」が使用が禁止された凶悪兵器を15個解説しています。



29%オフ・11,000円以上の割引! Apple「AirPods」が #Amazonブラックフライデー2022 で安い!! | AppBank

*Category:テクノロジー Technology *Source:The Infographics Show,wikipedia

戦争で使用が禁止されている「凶悪兵器」とは?


戦闘員から一般人まで、あらゆる人々に影響を与え、現代戦で禁止されている非常識な兵器は以下の通りです。

【1】焼夷弾


焼夷弾が使用されると、家は焼け、人々も火傷で苦しみ、数キロもの広範囲に被害を与えます。また、山火事が起きると、消火に数百人の人手を要することが多く、その損失は甚大です。

この戦術には長い歴史があります。焼夷弾は起爆ではなく着火で攻撃を開始するため、燃焼速度が遅く、燃焼時間が長いのが特徴です。熱兵器というモノは古代の軍隊の時代から使われており、油、動物性脂肪、樹脂などの物質を使って火をつけていました。その後、火薬の登場により、より大型で強力な焼夷弾を製造できるようになっています。そして、最終的には飛行機から敵地に投下するようになりました。

第二次世界大戦では、ナパーム弾のような強力な焼夷弾が使われ、都市に火がつくほどでした。なぜこのような兵器が禁止されることになったのでしょうか?

それはベトナム戦争の被害が関係しています。ベトナム戦争では、戦争の残虐性を伝える鮮烈な映像が多くの人に伝わりました。そして、その映像の多くはナパーム弾によるモノだったのです。

焼夷弾は制御が難しく、火災が長く続くため、双方の兵士を危険にさらす可能性があります。そのため、1980年の「特定通常兵器に関する条約」で、焼夷弾の使用が制限付きで禁止されたのです。現在でも敵を狙い撃ちすることは可能ですが、より広い範囲に対しての使用は禁止されています。

また、焼夷弾と同じような能力を持つ、火炎放射器も伐採のために使うことはできますが、武器として使うことはできません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!