【モンハンサンブレイク】事件は寒冷群島で起きている!? 名探偵&怪盗なオトモたちの連続狩猟ニャ【深津庵の狩りログ:25】

特別な素材を集めて名探偵になれるオトモの重ね着を作成しよう!

 

2022年12月1日(木)、『モンスターハンターライズ サンブレイク』の最新イベントクエスト“ワガハイは名探偵ニャ!”の配信が始まった。

今回の注目は特別な報酬“怪盗の予告状”で作成できるオトモの重ね着“ニャーロック”と“ガルセーヌ”だ。

25回目の狩りログでは対象のモンスター3頭(ゴシャハギ、イソネミクニ亜種、ルナガロン)の注意点とかっこわかいい重ね着の詳細を合わせて紹介していく。

調査を妨げる3頭を狩猟しよう

寒冷群島の謎が謎を呼ぶ奇妙の狩猟

今回のイベクエ、依頼主は自称名探偵のアイルー。

寒冷群島の謎を調査したいのだけど、“あいつら”が邪魔で困っているというところから始まる。

何を調査しているのか、結局最後まで教えてはくれないはモンハンあるある。

解明できたのか迷宮入りなのか、とってもモヤモヤするイベクエだけど、その答えは重ね着の名前に隠されていそうだ。

▲クエスト開始直後から徘徊しているのはゴシャハギとイソネミクニ亜種。深津が最初に対峙したゴシャハギは金冠の更新こそなかったけどかなりのサイズ感だった。

 

ゴシャハギの攻撃は正面に向けたものが多い。

怒り状態時にまとう氷塊は右前脚のリーチが長く左前脚は短いので、基本は左側面から攻撃。ジャンプ後の着地に合わせて放つ衝撃波も左右に回避しよう。

▲ゴシャハギが腕にまとう氷塊は一定以上ダメージを与えると砕け同時にダウンする。怒り状態が終わるまでに達成できなければ暴れ出すので注意しよう。

 

イソネミクニ亜種の攻撃で氷やられになると翔蟲ゲージの回復速度が低下。それを基軸にするハンターにとっては深刻な問題だ。

ウチケシの実で解除するか“氷耐性を20以上”にして無効化しよう。

▲なぎ払いブレスは向かって右から始まるので左側面に回避。無防備になった隙を狙い反撃することもできる。とても素早いモンスターなので見失わないようターゲットをロックしておくのもオススメだ。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す