マッチングアプリでメッセージが返ってくるコツ l 返信がないときに見直すべきポイントも解説

目次

なぜマッチングアプリのメッセージは続かないのか

なぜマッチングアプリのメッセージは続かないのか
マッチングアプリを使ってみたけれどもメッセージが続かないと悩んでいる方は、なぜメッセージが続かないか考えてみましょう

特に女性は多くの人からメッセージをもらうので、全てのメッセージに返信することはできません。

メッセージを一通り読み、その中から誰とやり取りするか選んで返信をしています。
そのため、数あるメッセージの中から選んでもらえるように、返信をしたいと思えるメッセージを送ることが大切です。

返信が来なくなってしまうメッセージの例

具体的にどんなメッセージがNGなのでしょうか。相手のことを考えていない、一方通行のメッセージを受け取ると返信したくなくなります。

NGメッセージの例
「〇〇さん、すごく綺麗ですね!タイプです!いきなりですが、ぜひ会いたいです!」
「忙しいのかな〜?返信ください〜」
「この前車買ったので、ドライブデートに行きましょう。ちなみにこの車です(写真添付)」
「はあ、今日仕事忙しかったな。疲れたー。夜電話しない?」


多くのメッセージが届く中、上記のようなメッセージが届いたらどう感じるでしょうか。
返信が面倒になって、手が止まってしまう方も多いでしょう。

常に相手のことを想像し、相手が返信したくなるメッセージ、またはすぐに返信できるメッセージを送ることが大切です。

基本!返信が来るメッセージのコツ

基本!返信が来るメッセージのコツ
返信したくなるメッセージとはどんなメッセージでしょうか。

ここでは、返信したくなるメッセージのコツを解説します。

質問を1つ入れて返信しやすいメッセージを送る

質問がないメッセージには返信しにくいです

例えば「今日雨だね〜」と相手からメッセージが来たら、どう返せば良いか困ってしまいます。
なので必ず1ターンで1つの質問を入れるようにしましょう。
質問の内容はどんな質問でも良い訳ではなく、相手が返信しやすい質問(考える必要がない質問)だと返信がしやすくなります。

良い例

「どの辺りで遊ぶことが多いですか?」→「銀座に良く行きます」
「お休みはいつなんですか?」→「土日休みです」
「どこに旅行に行ったんですか?」→「北海道に行きました」

悪い例

「将来どんな家庭を作りたいですか?」→質問が重すぎる
「〇〇さんの人生観について教えてください」→考える必要があり、答えにくい


上記の「良い例」が返信が来やすい質問です。深く考える必要もなく、誰でもすぐに返信できます。

メッセージを送る前に、すぐ返信できる内容なのか、それとも手が止まってしまうのか確認してみましょう

また将来の話など内容が重い質問は初期の段階では避けた方が良いです。
使用するアプリにもよりますが、直接会ったときや関係性ができてから質問するようにしましょう。

文量や返信スピードは相手に合わせる

文量や返信スピードが合わない相手とはメッセージが続かないことが多いです。

基本的に相手の文量や返信スピードに合わせてメッセージを送るようにしましょう

下記にて、良い例と悪い例を紹介します。

良い例

(前のメッセージから数時間経過)
女性:「よく友達と渋谷で遊びます!」
(同じく数時間後)
男性:「僕も結構渋谷に行きます!何して遊ぶことが多いですか?」

悪い例

(前のメッセージから数時間経過)
女性:「よく友達と渋谷で遊びます!」
(即返信)
男性:「そうなんですね!僕も結構渋谷に行きます!そういえば、この前〇〇というレストランに行ったら、〇〇という料理が美味しくて・・・〇〇さんの好きなレストランはどこですか?お酒は飲みますか?僕はビールが大好きで・・・ちなみに今週末何してますか?良かったら一緒にご飯でもどうかなと思い・・・ここのレストランに行ってみたいんですよね!時間ありますか?!」


まず返信スピードについて、相手は前のメッセージから数時間後に返信をしているのに、それに対してすぐに返信が来たら疲れてしまうでしょう。
相手の方は、忙しいのかもしれませんし、メッセージが苦手なのかもしれません。

文量に関しても、短文で送っているのに長文の返事が来たら自分も長文で返信しなければと感じてしまいます。
これは長文メッセージが苦手な方からするとストレスを感じるでしょう。

できるだけ相手に合わせて、相手がストレスなく返信ができるように配慮をすることが大切です。

敬語/タメ語は相手に合わせる


出典:NOVIO(ノービオ)

メッセージをし始めた頃は敬語を使うのが無難です

一般的に女性は馴れ馴れしい男性が好きではありませんし、マッチングアプリでの出会いに警戒している可能性があります。

最初は敬語でメッセージをし、徐々に相手に合わせて変えていくのが良いでしょう。

良い例

女性:「お酒が好きです。良く友達とホームパーティします!」
男性:「ホームパーティー良いですね!何のお酒が好きですか?」

悪い例

女性:「お酒が好きです。良く友達とホームパーティします!」
男性:「ホームパーティー良いね〜!今後俺も呼んでよ〜」


特に女性側が敬語を使ってきたら、原則敬語で返すようにしましょう。

タメ語でメッセージが来たら、まずタメ語と敬語を組み合わせるなどして、徐々に相手に合わせるのが良いでしょう。

とにかく誠実に

特に女性側はマッチングアプリで出会う相手に対して警戒をしています
丁寧な言葉遣いをしたり、自分の情報を自分から伝えるなどして誠実さをアピールしましょう。

良い例

「初めまして!〇〇に住んでいる〇〇です。マッチングありがとうございます!海外旅行によく行かれるんですね!僕も海外旅行が好きで、次は台湾に行く予定です。〇〇さんは次の旅行の予定はありますか?」

悪い例

「初めまして〜 旅行好きなの?俺と同じだね〜!次はどこに行く予定なの?」

上記2つのメッセージが同時に届いたらどう思うでしょうか。
悪い例のメッセージは「この人軽そうだな」という印象を与えてしまいます。

相手に安心してもらえるように、誠実な態度を心がけましょう

また、関係性ができていない段階で電話や遊びに誘うのもNGです。ある程度メッセージをやり取りして、信頼関係ができてから電話やデートに誘うようにしましょう。

初回メッセージの送り方

初回メッセージの送り方
初回のメッセージで相手を判断をして返信しない人も多いため、初回メッセージは特に大切です。ここでは初回メッセージのコツを3つ紹介します。

必ずお礼を入れる

必ず「マッチングありがとうございます」「いいねありがとうございます」など、お礼を入れるようにしましょう。

最初に感謝を伝えることで誠実な印象を相手に与えることができます

良い例

「マッチングありがとうございます!僕もスポーツが好きで、ずっと体育会だったので勝手ながら話が合いそうだなと思っていました!マッチング頂けて嬉しいです。」

悪い例

「こんにちは!バレーボールやってたんだ〜 俺もずっとサッカーやってたよ!」

上記2つを比べてみてどう感じますか?お礼の言葉やマッチングできて嬉しいと言われた方が、誠実な印象を受けるかと思います。

自分の名前を伝える

名前は自分から名乗ると好印象です。また最初は何て相手のことを呼べば良いのか分からないため「〇〇と呼んでください」「〇〇と呼ばれています」と加えるのも良いでしょう。

ただ、相手に馴れ馴れしく名前を聞くのはNGです。自分から名乗り、相手には無理に要求しないようにしましょう。

良い例

「こんにちは、たくやです。苗字が内田なので、うっちーと呼ばれることが多いです。〇〇さんも良かったらうっちーと呼んでください!」

悪い例

「こんにちは!何て呼べば良いかな?」

特にニックネームでアプリを使っている場合は、初回メッセージで名乗るようにしましょう。

答えやすい質問を入れる

答えやすい質問があると返信しやすくなります
初回のメッセージにおいても、プロフィールの内容などから答えやすい質問を1つ入れるようにしましょう。

良い例

「初めまして、たくやと言います。僕もスポーツ好きなので、お話できたら楽しそうだなと思ってました。改めてマッチングありがとうございます!飼われている犬すごく可愛いですね!今何歳ですか?」

悪い例:

「初めまして、たくやと言います。僕もスポーツ好きなので、お話できたら楽しそうだなと思ってました。改めてマッチングありがとうございます!」

上記2つを比べてみてどう感じますか?

答えやすい質問が1つ入っているだけで、返信のハードルが下がります
また、プロフィールに書いてあることに触れることで「この人はちゃんとプロフィール読んでくれたんだな」と良い印象を与えることができます。

返信率が低いときに見直すべきポイント

返信率が低いときに見直すべきポイント
前述したメッセージの送り方を全て実践したとしても、なかなか返信が来ないという方もいるでしょう。

そういった方は、そもそも自分のターゲットとなる人とマッチできていない可能性があります。

ここではターゲットにあった人とマッチできていない場合の解決策を2つご紹介します。

アプリを見直す

マッチングアプリはアプリによって利用者の年齢や目的が異なります。なので自分に合ったアプリを使用していない場合、マッチングしたとしても年代や目的が違うので、徐々に会話が続かなくなります。

例えば、若い女性と気軽にデートしたい男性が、今すぐに結婚したい女性が集まるアプリを使ったとしても、上手くいかないでしょう。
年代や目的をはっきりさせ、それに合ったアプリを使用するようにしましょう

プロフィールを見直す

プロフィールの写真や書き方がターゲットとなる人に刺さらず、合わない人とマッチングしてしまっている可能性もあります。

例えば、良いスーツを着て六本木のバーなどで撮影したお洒落な写真を使ったとします。その場合にマッチングするのは、そういった雰囲気が好きな方です。

プロフィールに書く内容や写真の選定は、自分のターゲットに刺さるようにしましょう。

LINE交換&初デートの誘い方のタイミング

LINE交換&初デートの誘い方のタイミング
アプリ上でのメッセージのやり取りのゴールは「LINE交換して更にメッセージを続ける」 or 「デートの約束をする」ことです。
ただ、実際にどのタイミングで切り出せば良いか分からない方も多いでしょう。

ここでは、上記2点の最適なタイミングについて解説します。

LINE交換のタイミング

アプリ上のメッセージが面倒という声もありますが、早すぎるLINEの交換は警戒されてしまう可能性があります。
LINE交換のタイミングは下記のどちらかが良いでしょう。

初デートが確定したタイミング

初デートの約束ができたということは、相手もある程度あなたに対して警戒を解いている可能性が高いです。

初デートが決まったタイミングで「良かったらLINEに移行しませんか?」と提案してみるのも良いでしょう。

初デート中や初デートの別れ際

メッセージのやり取りで盛り上がっても、実際に会ってみると想像と違ったというケースも少なくありません。

デートをしてみて、次に進めそうだなと思ったら、LINEを交換するのが安全なタイミングと言えるでしょう。

初デートに誘うタイミング

初デートに誘うタイミングは早すぎると警戒され、遅すぎると飽きられてメッセージが返って来なくなる可能性があります。

目安としてはマッチングから10往復程度で誘うのが良いでしょう。
ただ、10往復というのはあくまでも目安で、距離が縮まってきて、メッセージも盛り上がっているなと感じるタイミングで誘うのがベストでしょう。

また、初デートはマッチングしてから2週間後が一般的です。
マッチングしてから1週間後くらいまでにはデートに誘えるように、1日2〜3往復メッセージのやり取りをして相手と距離を縮めましょう。

年代×目的別おすすめマッチングアプリ

年代×目的別おすすめマッチングアプリ
前述した通り、自分に合ったマッチングアプリを利用することはとても大切です。
ここでは、年代×目的別におすすめのアプリを紹介します。

【恋活】真剣に恋人を探している人向けおすすめマッチングアプリ

恋活向けのおすすめマッチングアプリは、下記の3つです。

どれも真剣な恋活向けのアプリのため、出会う方は誠実な方が多いことも特徴です。
恋活が目的ですが、将来結婚も視野に入れた交際を考えている方にも利用されています。

アプリ名年代特徴
20~30代国内No.1の会員数
20代相性重視の方向け
20~30代結婚を見据えた真剣恋活



ペアーズは国内最大手のアプリなので、とにかく利用者が多いです。他のアプリと併用して利用している方も多いです。

ウィズは性格診断があることが特徴で、自分とフィーリングが合う相手をAIが判断してくれます。

Omiaiはこの3つのアプリの中では真剣度が高く、将来的に結婚したいと考えている方に利用されているのが特徴です。

【婚活】真剣に結婚相手を探している人向けおすすめマッチングアプリ

婚活向けのおすすめマッチングアプリは下記の3つです。

男女共に月額費が必要な分、真剣度が高い傾向にあります。
年齢層も広めのため、自分に合ったアプリを利用しましょう。

アプリ名年代特徴
30~40代大人の真面目な婚活
20~30代男女同額で真剣度高
30~50代バツあり利用率No.1



Matchはアメリカ発の世界最大手マッチングアプリの一つです。婚活層に利用され、会員に外国籍の方が多いのも特徴です。

ゼクシィ縁結びは男女同額なのが特徴で、真剣に結婚相手を探している人に利用されています。リクルート社によって運営されているので、運営も安心です。

マリッシュは離婚歴のある方を応援する機能があり、比較的年齢層が高く再婚したい人にも利用されています

【デート】デート相手を探している人向けおすすめマッチングアプリ

カジュアルなデートアプリを探している方におすすめのマッチングアプリは下記の3つです。

メッセージを長くやり取りしてお互いを知ってから会うというよりは、カジュアルにデートに行ける相手を探すことが目的で利用されています。
もちろん、これらのアプリで真剣交際に至るカップルもいます。

アプリ名年代特徴
20代当日のデート相手が探せる
20~30代ほぼ無料で利用可能
20代日程やお店選びが自動



タップルは比較的年齢層が若く、学生や社会人3年目くらいまでの層に多く利用されています。当日のデート相手を探すこともできるのでカジュアルに出会いたい方におすすめです。

Tinderは男女ともに無料で利用することができます。また、異性だけでなく同性の友人を探すこともできることが特徴です。

Dineはレストランデートを前提としたアプリです。行きたいお店や行きたい日にちを選択すると、それに合う相手とマッチングすることができます。

メッセージのコツを掴む&自分に合った相手とマッチングすることが大切

メッセージのコツを掴む&自分に合った相手とマッチングすることが大切
本記事では主にメッセージのやり取りのコツやポイントについて解説しました。

メッセージのコツをつかむと、次第に返信がもらえるようになります
ここで解説したことを実践して、経験を積んでいってください。

また、どんなに良いメッセージを送っていても、自分に合った相手とマッチングできていないとメッセージが続きません。自分に合った方とマッチングできるようにアプリ選びやプロフィール設定にも気を付けましょう。