マッチングアプリで会うまでの流れ|初デートまでの期間とやりとりのコツも解説

目次

マッチングアプリで会うまでの流れ

マッチングアプリで会うまでの流れ
マッチングアプリを利用して気になる相手と会うまでには大きく分けて以下の流れがあります。

1. マッチングアプリに登録・プロフィール設定

まずは自分に合うタイプのマッチングアプリを探し、登録しましょう。新規登録を行うと、プロフィールを設定する必要がありますので、手順に沿ってプロフィール写真や自己紹介文を設定します。
また、アプリによっては本人認証を求められるものがありますので、身分証明書を手元に用意しておくと登録がスムーズに進むでしょう。

登録時はできるだけ相手に好印象を与えるプロフィール写真を選ぶことが大切です。また、自己紹介文は趣味や休日の過ごし方などをできる限り記載し、お付き合いを始めてからの過ごし方がイメージできるような内容にするとよいでしょう。

2.気になる相手に「いいね」を送る

登録後はアプリで気になる相手を探します。気になる相手を見つけたら「いいね」機能を利用して相手にアプローチしてみましょう
また、「いいね」と同時にメッセージを送れるアプリもあります。良い印象を与えられるような簡単なメッセージを送るなど、上手く活用しましょう。

いいねは自分から送るだけではなく、不特定多数の相手からも届きます。いいねをもらったら相手のプロフィールなどを確認し、自分も気になると感じる人に対して「いいね」を返しましょう。

3.マッチングした相手とメッセージのやりとりをする

お互いに「いいね」をし合うと、マッチングが成立します。ほとんどのマッチングアプリでは、マッチングが成立した後にメッセージのやりとりができるようになるため、なるべく早めに送るようにしましょう。

初めてのメッセージでは、挨拶とともに相手が返信しやすいような質問を織り交ぜると話が弾みやすくなります。また、相手に不快感を与えないよう、以下の点に注意しましょう。

・タメ口を避け、丁寧な口調を心がける
・プロフィールに記載がある内容を質問しない
・いきなり会おうとしたり、連絡先を交換しようとしない
・内容の無い質問を避ける


適切な質問としては、プロフィールに書いてある内容を掘り下げるような質問であれば相手も答えやすく、人柄も知れるためおすすめです。

具体的な例文は後ほど解説します。

4. デートに誘う

相手とメッセージをやりとりしていく中で、どのような人柄かがなんとなくわかってきたらデートに誘ってみましょう
また、デートに自分から誘うのが苦手な場合は、「このお店気になっているんですよね」など、デートに誘ってもらえるような会話をしてみるのもおすすめです。

誘いにOKの返事をしてくれたら、具体的な日程や場所を決めながらデートの準備を進めていきましょう。

5.初デート

いよいよ初デートです。これまでメッセージでやりとりしていたとはいえ、初めて会う人ということを忘れずに適切な距離感で楽しみましょう

マッチングしてから会うまでの期間は2週間がベスト?

マッチングしてから会うまでの期間は2週間がベスト?
マッチングしてから初デートまでの期間はどのくらいがちょうどいいのか、悩んだことはありませんか?

実は、マッチングしてから会うまでの期間は2週間がベストだと言われています

株式会社クリプタルが発表したアンケート調査によると、会うまでの期間で最も多いのが男性は1週間程度、女性は2週間程度となっており、男女ともに1〜2週間で会っている割合が半数以上という結果が出ています



出典:株式会社クリプタル「3割以上が失敗の経験あり!?マッチングアプリでの初回デートに関するアンケート」より

このことからも、初デートするまでの日数はおおよそ1〜2週間が適切と言えるでしょう。

2週間以内がよい理由

マッチングしてから初デートまで2週間以内が多いのには理由があります

ひとつはマッチングして日数が短いとまだ相手のことがよくわからず、会うことに警戒心を持たれてしまうリスクがあることです。一方で、2週間以上経ってしまうと逆に相手のことを知りすぎてしまい、「会いたい」という熱量が下がってしまう可能性があります。
そのため、マッチングしてから「なんとなく相手のことが理解できてきた」というタイミングで初デートするのが最も安心して会いやすいことがわかります。

このタイミングがおおよそ1〜2週間程度ということです。

マッチングしてから会うまでのやりとりのコツ

マッチングしてから会うまでのやりとりのコツ
気になる相手とマッチングをしても、全ての人と会う約束ができるわけではありません。初デートをOKしてもらうためには、マッチングしてからのメッセージのやりとりで「会いたい」と思ってもらう必要があります

ここでは、初デートの誘いに応じてもらえるよう、マッチングした後のやりとりのコツを詳しく解説します。

相手が返事をしやすいメッセージを送る

メッセージを送る際には、相手が返事をしやすい内容を送るように心がけましょう。例えば、「はい/いいえ」で答えられない質問などがおすすめです。
さらに、質問を通して相手の興味があることやお互いの共通点を探りつつ、話が盛り上がりそうな内容を見つけていけると、その後のメッセージが続けやすくなります。

一方、日記のような返答に困るメッセージや、相手の個人情報を探るような話題はできるだけ避けるようにしましょう。

以下の例文で良くない例と良い例それぞれを見比べてみましょう。

良くない例

「こんにちは!今日のランチはラーメンを食べました!」
「東京在住なんですね!最寄り駅ってどのあたりですか?」


このような内容だと、相手の人柄がまだわからない段階では返答に困ったり、場合によっては恐怖を感じさせてしまう可能性があります。
話を膨らませたい場合でも、居住地や勤務先など個人が特定できてしまう質問は相手が話すまで極力触れない方が無難でしょう。
では、良い例を見ていきましょう。

良い例

「こんにちは!プロフィールに映画が趣味と書いてありましたが、普段はどんなジャンルをよく観るんですか?」
「こんにちは、土日休みなんですね、僕もです!お休みの日は何をして過ごすことが多いですか?」


こちらは相手のプロフィールに書かれている内容をもとに、掘り下げる質問をしている会話例です。

この質問だと、相手が聞かれてほしくない話題である可能性が少なく、より人柄を知れるためおすすめです。

文章の長さは相手に合わせる

メッセージのやりとりでは文章の長さも大切です。もし自分からメッセージを始める場合は、文章が長くなりすぎないよう注意しましょう。

初めての文章が長いと、相手は返事をすることを面倒だと感じてしまう可能性があります。
一方、短すぎると「自分にあまり興味がないのかな」と相手を不安にさせてしまう可能性があるため、最初は3文程度の文章で相手の反応をみると良いでしょう。

適切な文章量は相手によって異なります。相手から届く文章量に合わせたボリュームでやりとりをするとテンポよく会話が進むでしょう。

良くない例

自分:「初めまして、▲▲です。よろしくお願いします。」
相手:「初めまして!〇〇と言います、よろしくお願いします!▲▲さんは土日お休みなんですか?」
自分:「はい。」

良い例

自分:「初めまして、▲▲です。よろしくお願いします。〇〇さんのプロフィールに映画が趣味って書いてありましたが、どんなジャンルが好きですか?僕はSFとかホラーをよく観ます!」
相手:「初めまして!〇〇と言います、よろしくお願いします!私もSF好きです!あとはなんでも観るんですが、ラブコメディとかアクションは結構好きでよく観ています♪最近は家でNetflixで観ることが多いですけど…。」
自分:「早速お返事ありがとうございます!いろんなジャンル観てるんですね〜僕もアクション映画好きです!最近映画あんまり観てないんで、久しぶりに観てみようかな。Netflixで観れるおすすめがあったらぜひ教えてください!」

自分のことばかり話さないよう気をつける

メッセージのやりとりは、自分のことを知ってもらうだけではなく、相手のことを知る機会でもあります。

自分のことばかりを話してしまうと、相手は「自分に興味がないのかな」という印象を持ってしまうでしょう。

相手に良い印象を持ってもらうためにも、自分のことを話すだけではなく、相手の話もしっかり聞くよう心がけましょう

相手との共通点を見つける

会うためには、相手との距離を適度に近づける必要があります。そのために近道となるのが、共通点を見つけることです
例えば、出身地や趣味が同じだったり、仕事のジャンルが似ているなどです。

共通点は些細な物でも構いません。大きな共通点が見つからない場合は、好きな食べ物や同じドラマを観ているなど何かしら共通の話題になるものを探すとよいでしょう。
また、些細な共通点を見逃さないようにするためには、相手に興味を持って話を聞く、質問するという気持ちが何より大切です。

デート内容は相手の好みに合わせる

会話がうまく盛り上がってデートに誘う流れを作れたら、できるだけ相手の好みに合わせたデートプランを提案しましょう。そうすることで、断られる確率がグッと下がります。

誘われたい場合は、相手の趣味に合わせて「私(僕)も興味がある、行ってみたい(やってみたい)」ということをアピールするとよいでしょう。
特に、共通の趣味が同じだったり、食べ物の好みがわかる場合は初デートに誘いやすいです。
また、初デートで食事に行く場合は、相手の苦手な食べ物やアレルギーをあらかじめ確認することを忘れないようにしましょう。

相手の好みがわからなくても、嫌いなものを避ける気遣いは大切です。

デートが決まったらLINEなどの連絡先を交換する

初デートをすることが決まったら、当日の待ち合わせがスムーズに進められるよう連絡先を交換しましょう

連絡先の交換は相手が警戒するポイントでもあるため、「移動中はアプリのメッセージをあまり見ないから、LINEを交換してもいい?」など、簡単に理由を添えると交換してもらいやすいです。

LINEを交換したら、マッチングアプリのメッセージ機能の代わりにLINEでやりとりを続けましょう。

マッチングはするのにデートに繋がらない場合の対処法

マッチングはするのにデートに繋がらない場合の対処法
マッチングアプリで気になる相手とマッチングするものの、デートに誘うと断られたり、ドタキャンされてしまうケースがあります
このように、マッチングはするのにデートに繋がらないケースは、プロフィール設定やマッチング後のコミュニケーションを見直すことでデートにつながる可能性があります。

詳しく見ていきましょう。

プロフィール内容や写真を見直す

まずはプロフィールや写真の内容を見直してみましょう
例えば、自己紹介欄に記載されている内容が薄かったり、写真の写りが悪い場合は相手に自分のことがうまく伝わらず、警戒されている可能性があります。

特にマッチングアプリは実際に会うまでその人の雰囲気や印象が伝わりにくいため、写真は非常に重要です。

しっかりと顔が映っており、明るい印象を与えられる写真を選ぶようにしましょう。
また、自己紹介の内容は前述した通り、趣味や休日の過ごし方などがイメージできるようにできるだけ詳しく情報を記載するとよいでしょう。

デート当日まではこまめな連絡が大切

デートの誘いはOKをもらえるけれども、当日や前日にドタキャンされてしまうケースでは連絡頻度を見直してみましょう

デートが決まってから返信が遅くなったり、連絡頻度が明らかに少なくなってしまうと、相手のテンションを下げてしまう可能性があります。

デートが決まってからも当日まではできるだけ連絡を欠かさずに、相手が会うことを楽しみにしてくれている状況を保つよう努力しましょう。

予約したお店の情報は事前に共有する

デートで利用する場所やお店はできるだけ予約しておきましょう。その上で、予約した場所の情報はあらかじめ相手に共有することを心がけましょう。

デート当日に足を運ぶまでどこに連れて行かれるかわからない状態は、誰であっても不安に感じるものです。

当日どこにいくかが明確であればあるほど、相手の不安感や不信感を払拭できます。

初デートは明るい場所を選ぶ

初デートではできるだけ明るい場所を選ぶことで、相手に安心感を与えられます
特に男性が日時や場所を選ぶ場合、深夜帯や暗いお店だと誘われた女性が身体目当てだと勘違いして警戒してしまう懸念があります。
そのため、初デートではできるだけ日中に人目がある場所を選ぶ方が安心してデートを楽しめるでしょう。

ただし、お酒が多少入ったほうが場が盛り上がる場合もあるため、お酒の場が決してNGというわけではありません。
その場合、できるだけオープンな場所を選ぶよう心がけましょう。

マッチングアプリはテンポが大切

マッチングアプリはテンポが大切
マッチングしてから会うまでは、メッセージが主な連絡手段です。そのため、会話の内容はもちろんのこと、やりとりするテンポも大切です。

文章の長さや連絡頻度は相手の心地よいと感じるテンポを考えて接することで、会話が弾みデートに誘う流れを作りやすいでしょう。
また、会うまではできるだけこまめに連絡を取り合うことで、当日会った際にも会話が弾みやすくなります。

初デートを楽しむためにも、マッチングしてから会うまでは丁寧なメッセージのやりとりを心がけましょう