MENU

「ASAP」は何の略?意味・読み方・ビジネスシーンでの使い方と注意点

ビジネスでよく使われている略語「ASAP」。これには「できるだけ早く」という意味があります。

使い方によっては失礼になることもあるので注意が必要です。今回は「ASAP」について詳しくご紹介します。

ビジネス英語を学びたいなら
おすすめのオンラインビジネス英会話
Bizmates(ビズメイツ)
https://www.bizmates.jp/

ビジネス特化型のオンライン英会話で「レッスン価格」「満足度」ともにNO.1のBizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)がおすすめの人
  • ビジネス英会話が初めての人
  • 低価格・高品質のビジネス英会話を学習したい人
  • 自分の職種・職業に合うビジネス英語を学びたい人

初心者からでも最低限のフレーズを習得できる教材や質の高い講師との実際のビジネスシーンを想定された英会話で97.1%の受講生が満足しているオンライン英会話サービス。

通学を超える高品質クオリティで継続率90.2%と続けやすい、コストパフォーマンスの高いビジネス特化型オンライン英会話です。

無料体験レッスンを申し込む

目次

「ASAP」=「as soon as possible」

「ASAP」は、「as soon as possible」の略語です。「出来るだけ早く」「なるべく早く」「至急」などの意味があります。

業種によっては、「asap」「A.S.A.P」と表記することもあります。また、大文字の「ASAP」と、小文字の「asap」で急ぎの具合を使い分けることもあります。

「ASAP」の読み方

「ASAP」は、

  • アサップ
  • エイサップ
  • エーエスエーピー

と読みます。

「ASAP」の使い方

「ASAP」をビジネスシーンで使う場合、相手に〇〇を「できるだけ早く」してほしい、「最優先」というお願い・請求のニュアンスで使われます。

一方、自分が「できるだけ早く」行う、という旨を相手に伝えるために「ASAP」を使うこともできます。

「ASAP」を使うときの注意点

「ASAP」を使うときに気を付けなければいけない点があります。以下の注意点を頭に入れておきましょう。

命令口調にならないようにする

ビジネスシーンで「ASAP」を使う場合、使うタイミングやビジネス的な立場によっては、「命令」と捉えられてしまう可能性があります。

また時間的なスピード感のある表現なので、相手に過度のプレッシャーを与えてしまうかもしれません。

なので、特に目上の人やクライアントなどには、控えたほうがよい表現と言えるでしょう。

どうしても使いたいときは、「Is that OK?(大丈夫でしょうか?)」、「Sorry to trouble you(迷惑をおかけします)」などのフレーズを添えて、丁寧な印象を与えましょう。

毎回「ASAP」を使わない

「ASAP」を毎回使うと、緊急感がなくなってしまいます。「ASAP」という言葉の効果を発揮させるためにも、時間的に緊急を要するときだけに使うようにしましょう。

まとめ

「ASAP」は「as soon as possible」の略語で、「出来るだけ早く」「なるべく早く」「至急」の意味があります。

ビジネスシーンで使える便利な略語ですが、使い方によっては相手に失礼になることもありますので注意しましょう。

おすすめのビジネスオンライン英会話

上部へ戻る
目次
閉じる