MENU

「ドンマイ!」は和製英語!「don’t mind(ドントマインド)」の本当の意味と使い方

誰かが失敗したときに力づける言葉として使われている「ドンマイ」。実は、和製英語ということをご存知でしたか?

今回はドンマイとして使われている「don’t mind(ドントマインド)」の意味について解説します。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
kiminiオンライン英会話

kimini英会話は「コスパ満足度が高い思う」「英会話初心者おすすめ」「子どもに受けさせたい」、オンライン英会話で3冠達成しているサービスです。

通学の必要もなく「高品質の英語」を学習することができます。

kiminiオンライン英会話がおすすめの人
  • 英語初心者で自信がない
  • オンライン英会話が初めて
  • 他のオンライン英会話で上手くいかなかった
  • ビジネス英語を学びたい

今なら月額1,078円から始められます
この機会にお試しレッスンで、高品質レッスンを体験してみてください。

【目次】 この記事でわかること

「ドンマイ」は和製英語!

日本語の「ドンマイ」という言葉はよく使われていますよね。特にスポーツのシーンで、チームメイトが失敗をしたときに「ドンマイ!」と声をかけて勇気づけているのを見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

そのため、「don’t mind(ドントマインド)」を短くした「ドンマイ」を、「気にしないで」「元気を出して」などの力づける意味で使っている人は少なくありません。

しかし、これはジャニーズイングリッシュなので日本人のみに通用する言葉です。

では、「don’t mind(ドントマインド)」には、本当の意味についてみていきましょう。

「don’t mind(ドントマインド)」本来の意味

「don’t mind」の「mind」には、「~をいやがる」「迷惑に思う」「~を気にする」という意味があるので、直訳すると「嫌がらない」になります。

ネイティブは、「気にしてない」「かまわない」という意味で使っています。要するに「don’t mind」は、人を勇気づけるフレーズではありません。

「don’t mind(ドントマインド)」の使い方

では、「気にしてない」という意味で使われている「I don’t mind」の例文をみていきましょう。

I don’t mind if you use my Pc.

あなたが私のパソコンを使っても構わない。

Do you mind my opening the door?

ドアを開けてもよろしいですか?

No, I don’t mind. 構わないですよ。

日本語の「ドンマイ」の意味で使える英語表現

人を勇気づけたい、応援したいときに使えるフレーズをみていきましょう。

Don’t worry about it

「Don’t worry about it」は、「心配しないで」のニュアンスを伝える定番フレーズです。勇気づけたいあらゆるシチュエーションで使える便利な表現と言えるでしょう。

Next time!

「Next time!」は、直訳すると「次」ですが、よく使われているフレーズです。誰かが失敗したときに「気持ちを切り替えて!」というニュアンスを伝えることができます。

Shake it off

「Shake it off」の「Shake」には「揺さぶる」という意味があります。「気にしないで」というニュアンスで使われています。

Never mind

「Never mind」も「気にしないで」を表現する定番のフレーズです。

Forget about it

「Forget about it」は、直訳すると「それについて早く忘れなさい」です。落ち込んでいる友人がいたら「早く忘れなよ」というニュアンスで使えます。

まとめ

「don’t mind(ドントマインド)」の本来の意味と、和製英語「ドンマイ」を意味する英語表現をご紹介しました。

日本人同士であれば励ますときに「ドンマイ」で意味が通じますが、ネイティブには通じません。この機会にネイティブを勇気づけるフレーズも覚えておきましょう。

おすすめの初心者向けオンライン英会話

無料体験回数が豊富で気軽に始められるおすすめのオンライン英会話を紹介をします。

おすすめ記事一覧

オンライン英会話選びに迷ったら必見

目次を開く
上部へ戻る
【目次】 この記事でわかること
閉じる