• 攻略
  • スマホ

【ガンダムU.C.ENGAGE】地球をかけた戦いの物語に挑む新作ガンダムゲームをプレイレビュー!評価や評判を徹底解説!

ガンダムU.C.ENGAGEとは?

ガンダムU.C.ENGAGEとは、バンダイナムコが手掛ける機動戦士ガンダムの新作シミュレーションゲームです。今作では全シリーズの登場ではなく、宇宙世紀のみをチョイス。初代機動戦士ガンダムからハーモニーオブガンダムまで、宇宙世紀の十数作を中心にキャラと物語が進みます。
物語はアムロとシャアの闘いから始まり、歴代宇宙世紀シナリオを追走していく形で進行。機動戦士ガンダムから始まりガンダムUC(ユニコーン)や逆襲のシャアまで物語が続きます。各ストーリーでは、プレイヤーを司令官として歴代ガンダムのMS(モビルスーツ)とキャラ達を駆使した戦略バトルが展開。元々のシナリオに沿った展開が起こるのでアニメで見たワンシーンを体感できるのが魅力的です。

バトルではお手軽なオートシステムを採用し、プレイヤーはパーティに編成している最大6体のMSを自陣に自由に配置するだけになっています。戦闘開始すると後はゲージが溜まった時に必殺技を発動するのみ。通常攻撃は各キャラが自由に動きリアルタイムで進行していくので、ド迫力の戦闘シーンを楽しむことができますよ。
登場する各キャラとストーリーはフルボイス。人気キャラはアニメとほぼ同じ声優陣が担当しているため、よりシーンの再現率が高くなっています。加えて、各MSは3Dグラフィックで立体的に描かれているのでアニメや漫画とは一味違った迫力が強み。リアルタイムで進行していくバトル演出も細かいので見ごたえ抜群です。
宇宙を制するのは誰なのか、懐かしい物語の追走劇。MSとキャラを駆使した戦略バトルで戦場を駆け抜ける宇宙世紀ウォーシミュレーションゲーム作品です。

ガンダムU.C.ENGAGE の魅力

好きなキャラ・MSと共に戦いに挑もう

初代から始まり十数作品が参戦する中で、シリーズに関係なく自由に組むことができます。例えば、初代の機動戦士ガンダムのMS(モビルスーツ)にガンダムUCのキャラを乗せるといったことも可能です。シリーズの壁を越えた自分だけのドリームチームが作れます。好きなMSやキャラを詰め込んだ部隊を編成できるのは魅力的ですね。もちろんシリーズを統一した編成も作れるので、どんな部隊を作るかはまさにプレイヤー次第です。

部隊に編成したキャラ(MS)の最終的な強さは、MSの戦闘力と乗せたキャラの戦闘力を合わせた単純な数値になっています。キャラのクセや性能の大きな違いが少ないのは少々残念ですが、簡単にキャラの強さを確認できるので編成しやすい印象。組み合わせ方によって編成したMSの戦闘力が変化するので、数多くのMSとキャラの中から最高の組み合わせを探して試行錯誤するのも面白いです。

バトルは全てオートのお手軽システム

ガンダムU.C.ENGAGE最大の魅力は、各シリーズのMSやキャラを使った戦略バトルです。プレイヤーは司令官となって最大6人の部隊を作成。部隊を戦場に送り戦況に合った配置で戦略を立てて勝利を目指します。バトルは必殺技以外が完全オートなので配置を行った後はキャラにおまかせです。細かいコマンド操作が無いので簡単、配置した後は部隊に任せるさまはまさに司令官という雰囲気が良いですね。

「戦略バトル」とはいってもプレイヤーができるのは戦闘前の準備までとなっています。戦闘中にプレイヤーができるのは必殺技の発動のみです。バトル準備で配置を変更し、戦闘開始すれば後は部隊のみぞ知る。敵陣の配置に合わせて自陣の部隊配置を決めるのですが、その配置1つ違うだけで部隊に損害が出るか否かが決まります。非常に簡単ですが、準備段階で全てが決まる戦略性を持っているので自分の采配1つで部隊が全損することもあるのがシビアですよ。部隊の編成も含めどう配置していくべきなのか、バトルの前から始まっている見えない戦いが体感できます。

宇宙世紀の物語が勢ぞろい

今作は「宇宙世紀(universal century略してU.C.)」と呼ばれる暦に沿って描かれた機動戦士ガンダムを主軸に作成されています。代表的なのはアムロやシャアが登場する初代の機動戦士ガンダムや機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)などの作品がありますね。歴代宇宙世紀のガンダムキャラやMSがこぞって参戦しているので、ガンダムファンにとっては胸アツです。特に各MSが3Dの美麗グラフィックで動くさまは見ていて感動します。
さらにメインキャラであるアムロやシャアなどの声はほぼ当時のままなので、ガンダムの世界への没入感が強いです。シナリオでは端折っている部分もありますが、あの時見たあのシーンが再現されているというのは嬉しいですね。ほぼフルボイスの状態なのでストーリーも深く楽しめるようになっていますよ。

ド迫力のモビルスーツアクションが展開

ガンダムU.C.ENGAGEでは、3Dグラフィックで作られたフィールドで本格的なバトルを再現しています。各MS(モビルスーツ)を細部まで作り込んでおり、移動から攻撃行動まで原作に忠実です。ここで注目したいのは、プレイヤーは特にキャラに指示を出す必要が無いこと。つまりバトルを開始するとMSのバトル風景を集中して見られるんです。どのような行動を起こしているのか、どんな攻撃を行っているのかが堪能できます。

バトル中のカメラは基本戦場全体を映していますが、各MSに切り替えることも可能。作り込まれたMSが戦う姿は圧巻です。MSの大きさも原作通りに差があるので、大きな機体を使っていると他のMSが小さく見える現象も面白いですね。
フィールドによって戦闘風景の見え方が違うというのもまた良し。カメラを利用して動く本格ジオラマを見ている気分で楽しめます。

アリーナで他プレイヤーと強さを競うことも可能

プレイヤーランク40で解放される機能「アリーナ」では、他プレイヤーが作った部隊とのバトルが可能です。相手に攻撃を行う攻撃戦と攻撃された時に対応する防衛戦の2種類があります。基本的に防衛戦はセットしたキャラが自動で対応してくれるので、プレイヤーが操作することはほぼありません。自分が作った部隊の実力を試すことができるので、積極的に参加するのが良いですね。

ガンダムU.C.ENGAGE の不満点と注意点

カメラの自由度と精度が低い

バトル中最大の楽しみは好きなMSが自由に動いている姿を眺めることですが、少々カメラの精度が悪いのがネック。特にズームイン、ズームアウトとなるといきなりカメラの操作が下手になってしまいます。よく見られるのは引き状態でカメラをオートにした時ですね。基本設定は戦場全体が見える引きなのですが、オートにすることで自動的に注目の戦いをピックしてくれます。非常に有難い機能なのですが、画面が切り替わり続けるため映像がぶれて集中して見られない状態です。

対策としては、MSズームアップの状態に固定する機能を利用しましょう。ズームアップ状態に固定することで、画面が切り替わらなくなるのでアニメーションのブレが少なくなります。細かい描写も見えやすくなるので、戦闘シーンを楽しみたいのであれば欠かせませんね。
オートカメラに関しては今後修正される可能性が十分あります。ですが、画面のブレが激しくなるほど切り替わる場合はあまり使わないようにしましょう。

宇宙世紀以外があまり出ないのは少々残念

タイトル通り宇宙世紀のガンダムしか登場しないというのは少々残念。宇宙世紀以外のガンダムで有名どころだと鉄血のオルフェンズや機動戦士ガンダムOO、機動戦士ガンダムSEED、ガンダムビルドファイターズなどがあります。近年はどちらかといえば宇宙世紀以外のガンダムが多かった印象があるので、U.C.ENGAGEは20代後半以上の方向けかもしれません。

とはいえ、ガンダムU.C.ENGAGは物語の追走を行うゲームなので、宇宙世紀のガンダムを知る良い機会。宇宙世紀以外のMSやキャラはあまり登場しませんが、これを機会にガンダムをより深く知るのも良いですね。
ちなみに宇宙世紀以外のガンダムからもMSやキャラが一部登場するとはされていますが、どれだけ登場するかは今のところ不明です。

ガンダムU.C.ENGAGE がおすすめの人

・ガンダムが好きな人
・ガンプラを使ったジオラマが好きな人
・宇宙世紀のガンダムが好きな人
・戦略ゲームが好きな人

ガンダムU.C.ENGAGE の基本情報

ジャンル 宇宙世紀ウォーシミュレーション
プレイ人数 1人
ハード Android、iOS
リリース日 2021年11月30日
価格 基本無料、アプリ内課金あり