• 攻略
  • スマホ

【リネージュW】騎士かエルフか?オススメ最強キャラ(クラス)ランキング

クラス選びの基準はレベルの上げやすさを意識


リネージュWのクラス選びで特に意識していきたいところは、いかに素早くキャラクターのレベルを上げて、高難易度の狩り場に到達できるかどうかが重要なポイントとなってきます。基本的にリネージュWは、ある一定以上のレベルに到達しないと解放すらされないコンテンツも多く、モンスターからドロップする装備や素材なども後半の狩り場に進むにつれて、どんどんとよくなってくるのが現状です。

しかし、はじめてリネージュWをプレイするとなると、一体どのクラスを選んで進めていけばいいのか?どのクラスがレベル上げをしやすいのか?など、クラス選びをする際にさまざまな疑問が出てくるかと思います。そこで今回は、全4クラス別の評価をランキング形式で紹介していくので、クラス選びに迷った際には参考にしてみてください。

最強キャラ(クラス)ランキング

今回は、リネージュWの攻略において特に重要であるキャラクターレベルの上げやすさと、無課金微課金プレイでの育成のしやすさをランキング形式で発表していきます。

現在は「君主」「騎士」「魔術士」「エルフ」の全4クラスが実装。今後のアップデートでのコンテンツ拡充や、さらなる新クラスの追加も予定されているので、あくまでも育成をメインとした暫定的なランキングとなります。

1位騎士


・現状最強の近接職
・ショックスタンや自慢の耐久力をいかしてPVPもこなせる
・上位の狩り場での経験値効率はトップクラス
・メイン武器の育成が比較的容易

2位エルフ


・今作では矢の消費無しに弓を使用できる遠距離タイプ
・格下モンスターの殲滅力はトップクラス
・混雑している狩り場での素材集めに有利
・中盤以降の育成難易度が若干高め
・育成方針によっては近接職もこなせる

3位魔術師


・廃課金向けのクラス
・序盤の育成方針が難しく、はじめに作成するクラスとしては不向き
・最終的な火力はトップクラス

4位君主


・血盟(ギルド)を作成できるクラス
・今作では近接メインでステータスを割り振りできる為、上位の狩り場での効率はエルフを超える事も可能
・近接職としての運用は騎士に劣る
・パーティバフスキルを使用できる

クラス別キャラクター評価

【騎士】レベル上げ効率や耐久力はトップクラス

騎士は中盤以降のレベル上げ効率やPVP、耐久力などを含めた総合的な能力では、現状トップの位置に君臨している非常に強力なクラスとなっています。

確かに序盤でこそ、混雑したフィールドでの狩り効率や素材集めが得意なエルフには劣っていますが、そこを抜けてしまえば全く問題はありません。まず中盤以降に関しては、非常に高い耐久力を活かしたパワーレベリングができるうえ、運良く高レアリティの変身カードを引けた際、対応できる種類が豊富なのも騎士の魅力のひとつです。

そのため育成が無駄になりにくく、特に無課金微課金でプレイしていくには非常にオススメなクラスとなっています。ですので、育成方針としてまずはSTRを優先的に上げていきましょう。

さらに、騎士にはPVPに強いスタンスキルを序盤から習得することができるため、余裕があればPVP用の両手剣と狩り用の片手剣+盾セットの両方を作成していくことをオススメします。

【エルフ】圧倒的な遠距離攻撃を利用したトップクラス殲滅力が魅力

エルフに関しては、非常に強力な通常遠距離攻撃を持っており、特に序盤は、格下のモンスター狩りで唯一無二となる性能を誇っています。そのため、混雑した狩り場での素材集めなどでは必須のクラスとなるでしょう。

しかし、中盤以降の火力や耐久力に関しては、騎士などの近接職にはどうしても劣ってしまうため、上位の狩り場でのレベル上げに関しては非常に厳しくなってきてしまいます。

そしてリネージュWでは、希少級以上の装備の入手難易度が非常に高いうえ、エルフの目指すべき希少級の弓であるルナロングボウの素材集めも他のクラスに比べ少し高めです。

ただし火力面に関しては、「精霊の水晶」の入手難易度は低くありませんが、精霊魔法「ストームショット」を覚えてしまえば、一気にトップクラスのアタッカーに登り詰めることができます。じっくりと育成していければエルフも最強クラスになれる可能性を秘めているので、育成方針としてまずDEXを優先的に上げていきましょう。

【魔術士】鍛え上げることができれはトップクラスの火力を誇る呪文アタッカー

魔術士は、過去のリネージュ作品の経験者ですら頭を悩ませる非常に育成の難しいクラスとなっています。

まずレベル上げに関してですが、序盤は魔法を使用するにしても肝心のMPが足りず、敵を効率よく倒す際は近距離攻撃を仕掛けるしかありません。そのため、下手にワンドを装備するよりも、序盤は命中率の高いメイルブレイカーなどの短剣を装備して、魔法攻撃力を上げるINTにステータスを振らず、近距離職用のSTRにステータス振って殴った方が狩り効率が上がるといった形です。

さらに、魔術士の強さの真骨頂である「イミューントゥハーム」というスキルがあるのですが、それを習得できる魔法書の入手が基本ボスドロップのみとなっています。そのため、入手難易度が非常に高く、下手をすれば課金をしてでも困難な状況です。

しかし、今後のアップデートで魔法書の入手方法が増える可能性もありますし、運良くドロップで入手できる確率も0ではありません。流石にリリースして間もない現時点で最初に選択するクラスとしてあまりオススメはできませんが、育成さえ進めることができれば、最終的にトップクラスの殲滅力と火力秘めた上級者向けのクラスとなっています。

【君主】血盟運営には欠かせない特殊なクラス

君主は少し特殊な立ち位置となっており、リネージュWにおいて重要なコンテンツのひとつである血盟(ギルド)の作成ができる唯一のクラスとなっています。

攻撃性能は近距離メインとなっていますが、基本的な単体性能では現状騎士に劣る性能となっているため、自身が血盟主をしたいなどの目的がない限り、あまり優先して育成するクラスではありません。

ただし、今後パーティや大人数で戦う場面が増えてきた場合に関しては、バフスキルを使用した立ち回りで優位を取れる可能性があるクラスとなっています。ほかにも、別の君主が血盟を引退した場合に血盟主の権限を移行することもできるので、このクラスを選ぶ際はそのあたりも加味していくのがよいでしょう。育成方針としては、騎士と同じくSTRを優先的して上げていくことをオススメします。

慣れてきたら複数のキャラを育てよう

リネージュWでは、複数のキャラを育成することによって、クエストやミッションで貰える一部を除くアイテムやゲーム内通貨(アデナ)などをそれぞれ獲得することが可能です。そして手に入れたアイテムやアデナは倉庫で共有することができるので、例えばサブキャラで緑ポーションを10個購入する等比較的簡単なデイリークエストをこなしておくだけでも、通常プレイよりも有利にゲームを進めることができます。しかし、肝心のメインキャラの育成がおざなりになってしまえば本末店頭です。そのため、ある程度はメインのキャラの育成が進んだ段階でサブキャラの作成に着手するとよいでしょう。

サブキャラの作成に関しては、基本1つのアカウントにつきメインキャラを含めて合計2キャラまでとなっています。更に増やすには、ダイヤで購入できる「太古の王印」というアイテムが必要です。そのアイテムを使用すれば、最大5キャラまでは作成することができるので、もし所持ダイヤに余裕があれば、優先的に購入してもいいかと思います。

そして、もし自身がメインで育成しているクラスとは別の英雄級変身カードを手に入れた場合は、すでに作成しているサブキャラに乗り換えるのもありです。そのあたりは、ゲームの進み具合や自身のプレイスタイルに合わせて選んでいくとよいでしょう。

×