『MacBook Pro』やミラーレスカメラを素早く取り出せる最強バックパック『Shimoda Explore v2』がクラウドファンディングに登場! →これは即買いまちがいなし

クラウドファンディングのニュース、好評連載中!
» » » 注目記事のリストはこちら
👀



プロフェッショナルなビデオグアファー、フォトグラファー向けのバックパックを作る気鋭のメーカーとして知られるShimoda Designから新型の『Explore(エクスプローラー)v2』が登場しました。

» Shimoda Explore v2|Kickstarter

今回も「即買い推奨」の超ハイスペックモデルに仕上がっているようなので、その詳細をチェックしてみましょう。


Shimoda Explore v2の特徴

今回登場したのは“v2(ヴァージョン2)”で、もともと完成度が高かった『Explore』の後継モデルとあれば、その性能は折り紙つき。


バックパックの側面と背面から中の機材にアクセスできます。近年流行りのスタイルですが、本格的な登山にも使えるつくりでこの機構を備えているのは貴重です。


本体には撥(はっ)水素材と止水ファスナーを採用し、耐候性を高めています。また、地面に直置きした後にもパンパンはたけば大体の汚れは落とせます。


アウトドアでの使用を想定し「バッグを置く→機材を取り出す→しまう」という流れを最小限の動作でできるようにした設計。さらにサイドアクセスを使えば、バッグを背負ったままカメラを取り出すことも可能です。


サイドポケットにはNDフィルターなどが入られるようになっています。


さらに過酷な状況にも耐えられるようレンカバーも付属。


Shimoda Designの特徴はこのハーネス(肩ひも)のデザイン。幅広のつくりで重量のる機材の負担を減らせるようになっています。また、大型のスマートフォンやマイクなどを収納できるポケットが付いている点も特徴。こまかなこだわりには、ユーザーを知り尽くしたメーカーならではの強みを感じます。


インナーケースは仕切りを自由に変えられるつくりで『α7 III』や『EOS-R5』などのミラーレスカメラ、ドローンなどを収納可能。


おもなファスナーには鍵が取り付けでき、盗難抑止効果を発揮してくれます。


Shimoda Designは、海外ではリーバイ・アレンさんなどのクリエイターの熱い支持を受けるブランド。日本人クリエイターでも『ピースフルクイジーン』のTakashimaさんがこのモデルのレビューを公開しているほか、AUXOUTさんが同ブランドの製品を使用していることが確認できるなど、実力派のクリエイターに好まれている製品です。

また、長らくこのジャンルで高い評価を受けている会社だけに、クラウドファンディングにありがちな「製品が送れる」「製品が届かない」という不安が極めてすくないのも大きな魅力。

ウェストベルトは取り外しが可能。


クッション付きのPCポケットには『MacBook Pro』などのラップトップが収納でき『Shimoda Explore v2』の25Lのバッグには14インチが、30Lと35Lのバッグには16インチが収まります。

この製品をゲットするための最小支援額は215ドル(約23,873円)で、日本への送料は113ドルからとなっています。キャンペーン締め切り日などの詳細は以下のリンク先ページでご覧ください。

これは買いです!

『Shimoda Explore v2』の詳細&購入(支援)はこちら


(↑)上の画像をタップorクリックすると公式サイトに移動します。


Shimoda Explore v2|kickstarter

  • 支援総額:2,000万円突破
  • 配送予定:9月(2021年)予定
  • 日本配送:可能



あわせて読みたい 👀



 


*記事カテゴリー:technology テクノロジー。 *本サイトに記載されたURLを経由して売り上げ等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。ラウドファンディングにはリターン(製品など)の提供が遅延、もしくは失敗するリスクがあります。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!