WiMAXの乗り換えって結構高額?お金をかけずに乗り換える方法

WiMAXからWiMAXに乗り換えたい。WiMAXから光回線に乗り換えたい。

WiMAXからの乗り換えには違約金がつきものです。

案外高額になるケースもあり、数万円になってしまうことも多くあります。

今回はWiMAXの乗り換えの手順や違約金を払わなくてもいい方法を解説していきます。

払わなくてもいいものは払わないように工夫しましょう。

ざっくり言うと・・・
  • WiMAXの乗り換えは月額料金が高くなってしまったり、ルーターが最新でない場合に検討する
  • 乗り換え先がWiMAXでも光回線でも違約金を0円にできる
  • WiMAXへの乗り換えはBroad WiMAXが一番おすすめ
  • 光回線への乗り換えはNURO光かソフトバンク光

WiMAX 乗り換え

\最大37,857円を受け取る!

Broad WiMAXで
快適WiMAXを契約する!

WiMAXの乗り換えはどんなときに検討するべき?

WiMAXの乗り換えはどんなときに検討するべき?

始めに、どんな時にWiMAXの乗り換えを検討したほうがいいかをケース別に紹介します。

ここで挙げたことが当てはまっている人は損をしている、またはしてしまう可能性があります。その場合には乗り換えを検討したほうがいいので、まずはしっかりと確認してくださいね。

月額料金が他のプロバイダよりも高い

今利用しているWiMAXの「月額料金が他のプロバイダよりも高い」場合には、乗り換えを検討するべきです。

WiMAXはたくさんの業者がサービスを提供していて、それぞれ独自の料金プランやキャンペーンを展開しています。例えば月額料金が高いがキャッシュバックを多く貰えることろであったり、月額料金の安さに力を入れているところだったりと、様々あるのです。

これが「どこが一番お得なサービスなのか?」を分かりづらくしている要因なのですが、お得なサービスという面で見た時にとても重要なのはやはり「月額料金の安さ」です。

先ほどの例のように「キャッシュバックが多くて月額料金が高い」サービスと「キャッシュバックがなくて月額料金が安い」サービスで比べてみると、始めのうちは「キャッシュバックが高額のサービス」の方がトータルコストが安いのですが、長く使っているとある時期を境に逆転し、「月額料金が安いサービス」の方がお得になるのです。

WiMAXの乗り換えはどんなときに検討するべき?

この他同じ理由で「月額料金割引額が多くて始めは月額料金が安いが、なくなると高くなるサービス」も同様に見直した方がお得になる可能性が高くなっています。

このように月額料金が他のプロバイダよりも高額な場合には、乗り換えの検討がおすすめです。

WiMAXの端末が最新機種ではない

今使っている「WiMAXの端末が最新機種でない」場合にも、乗り換えを検討したほうがいいでしょう。

WiMAXの端末は「端末代無料キャンペーン」で無料になっているところが多いのですが、必ず最新機種を使える訳ではなく、何世代か前の古い端末を使うことになるケースもあります。

WiMAXの通信速度の速さは「端末のスペック」に大きく左右され、端末のスペックは最新機種の方が基本的に高くなっています。

つまり、古い端末は最新機種に比べて通信速度がどうしても遅くなってしまうのです。

また端末によっては独自の機能が付いており、例えばビームフォーミング機能は通信先を狙ってやり取りができるので、この機能があると通信が高速になります。

このような便利な機能はやはり最新機種に付いていることが多いので、この点でも最新機種の方がいいのです。

最新機種への交換は、プロバイダによって無償で行っているところもあります。そのためわざわざ乗り換えなくてもいいのでは?と考えてしまうかもしれませんが、これを機に乗り換えを検討してみるのがよいでしょう。

契約期間の満了が近い、または契約更新月中

今使っているWiMAXの「契約期間満了が近い、または契約更新月中」の場合も乗り換えを検討しましょう。

WiMAXサービスには基本的に契約期間が設けられており、この期間内に解約すると解約違約金が発生してしまいます。つまり他社に乗り換えようとした時に解約のための費用が発生してしまうということです。

違約金の額は各社異なりますが、高いところだと約25,000円も掛かり、かなり高額です。

これに対して契約期間を満了して契約更新月に入ると、この期間は解約しても違約金が発生しないのでお得に乗り換えができるのです。

また、契約期間が満了したタイミングで乗り換えをしたほうがいい理由は違約金の面だけではありません。

「乗り換えると月額料金割引やキャッシュバックキャンペーンなどのお得なキャンペーンの適用を受けることができる」ことも大きなポイントです。

WiMAXサービスや光回線サービスを始めとしたインターネット回線サービスは、そのほとんどで使い始めから数ヶ月間は割引キャンペーンが適用されて月額料金が安くなりますし、さらにキャッシュバックが貰えるキャンペーンも多くあります。

つまり「インターネット回線サービスは使い始めがお得」ということで、機会があったらどんどん乗り換えたほうがいいのです。

乗り換えにはもちろん時間や手間が掛かってしまいます。しかし掛かった分以上にお得なサービスは必ずあり、それはこの後紹介します。

このことから契約期間が満了する場合には、乗り換えを検討したほうがよいでしょう。

WiMAXを乗り換える際の手順

WiMAXを乗り換える際の手順

次にWiMAXを乗り換える際の手順を確認します。

どこのWiMAXサービスを利用していても解約から申し込みまでの流れは基本的に同じですが、特に解約手続きで各社細かい違いがあります。

ここではWiMAXサービスで代表的な「UQ WiMAX」、「BIGLOBE WiMAX 2+」、「@nifty WiMAX」の3社から別のサービスに乗り換える場合の手順を例に挙げながら見てみます。

手順① 契約更新月を確認する

乗り換えをする際にまず行ったほうがいいのが「契約更新月の確認」です。

契約更新月とは「契約期間を満了し、契約を解除しても違約金が発生しない月」のことを言います。

契約更新月を事前に把握しておくことは、今後の予定をたてたり、お金の遣り繰りを考えるうえでとても大事なことです。

例えば契約更新月が翌月であれば、「今月乗り換えしようと思っていたけど後1ヶ月待つか」と考え直す場合もあるでしょう。焦って損をしてしまわないようにするためにも、契約更新月の確認が大事なのです。

契約更新月の確認方法は、各社次の通りです。

  • UQ WiMAX:my UQ WIMAXの「契約内容の変更・確認」→「契約一覧照会/変更」→「契約一覧」内に表示
  • BIGLOBE WiMAX:マイページの「サービス」→「違約金・契約解除料」→「違約金・解除料・割賦契約」内に表示
  • @nifty WiMAX:会員ページの「お客様情報/お手続き」→「ご利用期間の照会」内に表示

このように、まずは今使っているWiMAXの契約更新月を確認しましょう。

手順② 解約時の費用を確認する

次に解約時に掛かる費用も合わせて確認しましょう。

解約時には解約違約金を始めとした費用が掛かってしまう場合があり、その金額は利用しているサービスや時期などによって変わってきます。

そして例えば乗り換え先の「違約金負担キャンペーン」を利用するにしても、違約金は利用者がいったん立て替えなければならないため、解約するのに最終的にいくら掛かるのかは事前に知っておくことが重要なのです。

解約時の費用を確認する方法は、各社次の通りです。

  • UQ WiMAX:my UQ WIMAXから契約プランや契約期間を確認し、UQ WiMAXのHPで照合
  • BIGLOBE WiMAX:マイページの「サービス」→「違約金・契約解除料」→「違約金・解除料・割賦契約」内に表示
  • @nifty WiMAX:会員ページから契約プランや契約期間を確認し、@nifty WiMAXのHPで照合

このように解約時にいくら掛かるのかも確認しましょう。

なお、手順①の契約更新月の確認と合わせて一緒に行うと手早く済みますよ。

手順③ 解約を申し込む

続いて今使っているWiMAXの解約を申し込みます。

解約手続きは、解約日や解約方法などでWIMAXサービス毎に違いがあります。また、サービス毎に解約時のポイントなどもあるため、ここではそれぞれの解約手続きについて見てみましょう。

UQ WiMAX

UQ WiMAXの解約は即日解約が可能です。また、解約方法は「UQお客様センターへ電話をする」か、「UQコミュニケーションズ(株)登録センターに書類を郵送する」かの2通りになっています。

電話での解約

まず電話で解約する場合には、次の手順で行います。

  1. UQお客様センターに契約者が電話をする
  2. ガイダンスを確認しながら解約手続きを選択する
  3. オペレーターから本人確認を受ける
  4. オペレーターに従って解約手続きをする

【UQお客様センター】
0120-929-818(受付時間:9時~21時(年中無休))

電話での解約はこれで完了になります。

書類での解約

書類で解約する場合には、次の手順で行います。

  1. 公式サイトから解約届と郵便ラベルをダウンロードし印刷する
  2. 必要事項を記入し、封筒に郵便ラベルを貼ってUQコミュニケーションズ(株)登録センター宛に郵送する

【UQコミュニケーションズ(株)登録センター】
〒108-8790 東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー

特に郵便ラベルは使うと郵送料が無料になるので活用しましょう。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは即日解約が可能です。また、解約方法は「BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスクへの電話」のみとなっています。

電話での解約

BIGLOBE WiMAXを解約する場合には、次の手順で行います。

  1. BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスクに契約者が電話をする
  2. ガイダンスを確認しながら解約手続きを選択する
  3. オペレーターから本人確認を受ける
  4. オペレーターに従って解約手続きをする

【BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク】
0120-827-193/03-6631-4602(受付時間:9時~18時(年中無休))

事前にBIGLOBE IDを準備しておくと手続きがスムーズに進みますよ。

@nifty WiMAX

@nifty WiMAXは、何日に解約しても手続き月の月末に解約となります。また、解約方法は「専用サイトから行う形のみ」になっています。

専用サイトでの解約

@nifty WiMAXを解約する場合には次の手順で行います。

  1. 専用サイトにアクセス、ログインする
  2. 画面の表示に従いながら必要事項を入力する
  3. 確認メールが送られてくる

@nifty WiMAXの解約は、WiMAXのみの解約と@nifty会員も含めた解約の2種類があり、それぞれ入り口が分かれているので、事前にどちらにするか決めておきましょう。

また、ルーターをレンタルしていた場合には「機器レンタルを同時に解除」する必要があるので注意してください。

手順④ 違約金の証明書を解約予定のWiMAXからもらう

乗り換えをする際に「違約金負担キャンペーン」を利用する場合には、違約金の証明書が必要になるので発行手続きをしましょう。

支払い証明書は発行手数料が掛かりますが、解約手続きだけで送られてくることはありませんので、別途手続きを行います。

証明書発行手続きの仕方と掛かる費用は、それぞれ次の通りです。

  • UQ WiMAX:my UQ WIMAXから請求書発行オプションで発行手続きをする(発行手数料100円)
  • BIGLOBE WiMAX:マイページから利用証明書の発行手続きをする(発行料250円)
  • @nifty WiMAX:会員ページから利用明細書の発行手続きをする(発行料120円)

送られてきた証明書はキャンペーンの適用のために使いますので、紛失しないように気を付けましょう。

手順⑤ 乗り換え先に申し込みをする

最後に選んだ乗り換え先に申し込みをします。乗り換え先のおすすめは、乗り換え時にお得なキャンペーンの内容も含めてこの後紹介します。

自分にあったサービスを選んで申し込み手続きをする形になりますが、どれもとてもお得でおすすめなのでぜひ参考にしてください。

なお、申し込みの際に一つ注意しなければならないのは、「ページ限定のキャンペーンがある」ことです。

「このページからの申し込みでしかキャンペーンが適用されない」といったもので、同じサービスでもどこから申し込むかでお得さがまったく変わってきます。

当サイトでは一番お得なページから申し込めるようにしているので、ぜひリンクから飛んで手続きをしてくださいね。

WiMAXにも乗り換えで違約金負担をしてくれるところがある

WiMAXにも乗り換えで違約金負担をしてくれるところがある

WiMAXの乗り換えにはまずWiMAXを解約する必要があるので、違約金が発生してしまうことも多々あります。

違約金は場合によっては高額になるケースもあり、なかなか思い切って乗り換えを検討することができない人も多いです。

そこで、WiMAXから乗り換えを行う際に違約金を負担してくれるインターネット回線を回線別にまとめました。

ご自身の状況に応じて的確な情報となっているので、是非参考にしてみてください。

WiMAXからWiMAXに乗り換える

WiMAXからWiMAXに乗り換える場合、違約金の負担をなくしたり相殺するためにはBroad WiMAXの「違約金当社負担乗換えキャンペーン」かGMOとくとくBB WinMAX 2+の「キャッシュバックキャンペーン」がおすすめです。

この後キャンペーンの内容を具体的に紹介しますが、それぞれ利用したほうがいいケースが異なるので、どちらが自分に合っているか当てはめながら確認してください。

Broad WiMAX

Broad WiMAXでは今「違約金当社負担乗換えキャンペーン」を行っており、他社から乗り換える場合に初期費用18,857円と契約解除料最大19,000円をBroad WiMAXが負担してくれるので、とてもお得になっています。

WiMAXにも乗り換えで違約金負担をしてくれるところがある

まず、乗り換え元の対象は他社のADSL、光回線、ケーブルTV、モバイルWiFIなどとなっています。ですから例えばUQmobileやBIGLOBE WiMAXなどの他社WiMAXサービスからの乗り換えも、もちろん対象になります。

そして適用条件は「月額最安プランに申し込むこと」と「クレジットカード払いにすること」、「月額500円の安心サポートプラスと月額907円のMyBroadサポートの2つのオプションへの加入すること」の3つになっています。

この中で気になるのは「オプションへの加入」ですが、これは端末到着後すぐに外してもよく、そうすれば費用も掛からずに済むので、キャンペーン適用後はすぐに外す手続きをしましょう。

また、キャンペーンの適用には申請が必要ですが、その流れはとても簡単で次の通りです。

  1. Broad WiMAXを申し込む
  2. 現在利用しているインターネット回線を解約する
  3. 請求された違約金を支払う
  4. 支払金額が書かれた書類を所定のメールアドレスに添付して送る
  5. 指定口座へ振り込まれる

手続きのポイントの一つ目は「請求された違約金をユーザーが支払う必要があること」で、一度立て替えるイメージです。

またポイントの二つ目は「違約金の金額が書かれた書類を送る必要があること」で、手続きを忘れないこと、書類を紛失しないことが重要です。

とはいってもたったこれだけの手続きで違約金を最大19,000円まで代わりに負担してくれ、Broad WiMAXはWiMAXサービスの中で3年間のトータルコストが一番安いところになってもいるので、乗り換え先の候補としてとてもおすすめです。

ただし違約金の金額が19,000円を超えて高額になる場合には、この後紹介するGMOとくとくBB WiMAX 2+の「最大34,800円キャッシュバックキャンペーン」を適用したほうがお得なケースもあります。

どちらにするかは、違約金額が19,000円を超えるかどうかで決めるようにしましょう。

\最大37,857円を受け取る!

Broad WiMAXで
快適WiMAXを契約する!

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAX 2+では今「キャッシュバックキャンペーン」を行っており、GMOとくとくBBに所定のサイトから新規で申し込むと最大34,800円のキャッシュバックが受けられて、とてもお得になっています。

WiMAXにも乗り換えで違約金負担をしてくれるところがある

「最大」という言葉が気になりますが、大丈夫です。キャッシュバック額は選ぶ端末によって変わりますが、「Speed Wi-Fi NEXT WX06」の本体+クレードルセットだけが31,800円、それ以外は満額の34,800円と、ほとんどのケースで最大金額が貰えます。

そしてキャッシュバックの受け取りには手続きが必要で、流れは次の通りです。

  1. 端末発送月を含む11ヶ月目にGMOから付与されたメールアドレスに案内メールが届く
  2. 返信をする
  3. 返信の翌月末営業日に指定口座へ振り込まれる

手続きのポイントは「案内メールを見落とさないこと」で、メールはGMOから付与されたアドレスに届くため、普段利用していない場合にはその時期になったら見落とさないよう注意しましょう。

この点さえ気を付けていれば、最大34,800円という高額のキャッシュバックが受け取れるのです。

違約金負担ではありませんがキャッシュバック額が多いなので、違約金分をカバーすることができ、場合によっては違約金を差し引いても手元に残ります。

違約金が発生する人はもちろん違約金が発生しない人も貰えるので、乗り換えの際にはぜひ検討することをおすすめします。

\最大34,800円を受け取る!

GMOとくとくBB WiMAX 2+で
お得に高速WiMAXを契約する!

WiMAXから光回線に乗り換える

ここは記載しなくてもいいです

自宅に固定のインターネット回線を置いてもいいと考えている。

WiMAXの通信速度に限界を感じている。

上記2つに当てはまる方はWiMAXではなく、光回線を検討することをおすすめします。

モバイル回線のWiMAXよりも光ファイバ通信を使った光回線を選ぶことはメリットが多いです。

自宅でしか使えませんが、WiMAXと同じくらいの料金で無制限に高速インターネットを使うことができ、キャッシュバックも充実しています。

ソフトバンク光:違約金負担最大10万円まで+新規申込キャッシュバック

通信速度が速い光回線ランキングベスト5

他光回線からの乗り換えで最大10万円の違約金負担があると有名なソフトバンク光ですが、WiMAXの乗り換えでも対象になります。

WiMAXを解約する際に10万円請求されることはほとんどありませんので、実質全額負担ということになります。

ソフトバンク光でもソフトバンクエアーでも違約金負担は同じなので、工事がしたくない方はソフトバンクエアーがおすすめです。

また、違約金負担とは別にソフトバンク光では33,000円、ソフトバンクエアーでは30,000円の新規申込キャッシュバックが適応されます。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,200円
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 乗り換えで申し込み・引っ越しで申し込みの場合無料
工事必須の場合:24,000円
工事不要の場合:2,000円
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円(2年プランの場合)
キャッシュバック(代理店経由) 最大33,000円
工事立ち合い 必須

Softbank光ではキャッシュバックが2か月程度で受け取れることが長所であり、他の光回線だとキャッシュバックの受け取りまで10か月かかったりすることがあるので、キャッシュバックの受け取り忘れの可能性を低くすることができるため、メリットとなっています。

ソフトバンクエアーの場合は1か月程度でキャッシュバックが受け取れます。

また、工事費用は乗り換えや引っ越しで申し込むことで無料にすることができるので、ここも魅力です。

Softbank光の評判

Softbankでも通信速度が速いとの口コミがありました。

キャッシュバックもしっかり受け取れるので安心できますね。

Softbank光優良代理店ページ

https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

Softbank Air優良代理店ページ

https://ns-air.net/

NURO光:光回線の中でも通信速度が最も速い

通信速度が速い光回線ランキングベスト5

NURO光は最近最も注目を集めている光回線です。

その理由は光回線全体で見ても、一番通信速度が期待できる光回線だからです。

通常の光回線が最大通信速度1GbpsとしているところをこのNURO光は2Gbpsとなっており、さらに独自回線なので他の光回線からの通信的な妨害を受けることがありません。

実測値も速いこの光回線をオンラインゲームをする人やIT系の仕事をしている人等は重宝している人が多いです。

NURO光にはソフトバンク光のように違約金負担というものはありませんが、新規申込のキャッシュバックが45,000円ももらえます。

マンションの場合は25,000円ですが、それでも高額なキャッシュバックです。

月額料金(マンション) 1,900円~
月額料金(戸建て) 4,743円
通信速度 下り最大 2Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 実質無料
契約手数料 3,000円(ご利用開始月にご請求します)
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック(代理店経由) 最大45,000円
工事立ち合い 必須

キャッシュバックも公式のNURO光から契約するよりも、代理店を通すことで45,000円もお得になるといった他にはない超高額なキャッシュバックを用意しているのでかなりおすすめです。

また、NURO光はSoftbankの端末を持っている場合、セット割で毎月最大1000円割引が適応されるのでSoftbankユーザーにはさらにおすすめできます。

NURO光の評判

ここまでコスパが最強な光回線は他にはないと思っています。

口コミを見ても通信速度は爆速です。

NURO対応エリアならば、NURO光を選択しておいて損になることはないでしょう。

NURO光公式ページ

https://nuro-ac.jp/

auひかり:キャッシュバック金額が高く、独自回線

通信速度が速い光回線ランキングベスト5

auひかりにも違約金負担というキャンペーンがありますが、WiMAXから乗り換えの場合には適応されません。

その理由はWiMAXはauの周波数を利用して運営を行っており、乗り換え扱いにはならないためです。

しかし、auひかりは新規申込のキャッシュバックが充実しており、40,000円~52,000のキャッシュバックが受け取れます。

通信速度もNURO光と同じく独自回線を使用しているので、最大通信速度1Gbpsとなっていますが、通常の光回線よりも実測値に期待できます。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,100円(1年目)
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 実質無料
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック(代理店経由) 最大107,000円
工事立ち合い 必須

auひかりは本来光回線では必須である工事費用が無料なので初期費用も大きくかかりません。

auのスマホを持っている方はセット割が適応され、auのスマホから毎月1,000円の割引を受けることができます。

auひかりの評判

auひかりの通信速度も速いとの口コミが多かった印象です。

料金も安く、auの端末を持っていれば端末代割引が適応されますので、さらに安くで契約ができます。

NNコミュニケーションズ公式ページ

https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

WiMAXの乗り換えって結構高額?お金をかけずに乗り換える方法まとめ

今回はWiMAXの乗り換えに関する解説となりました。

WiMAXによって乗り換え方法が異なりますので、その点は注意が必要です。

WiMAXからの乗り換えは高額な違約金が発生してしまうケースもあり、なかなか乗り換えに踏み切れない方も多いです。

不満がある中でWiMAXを使っていても、ストレスが溜まってしまう一方なので今回紹介したWiMAXや光回線に乗り換えて、快適なインターネットライフを楽しみましょう。

\最大37,857円を受け取る!

Broad WiMAXで
快適WiMAXを契約する!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *