月5000円も携帯代が安くなる!?毎月の固定費を節約する方法

毎月の固定費である携帯代を節約できたら。。。

そう考える人も多いはず。

スマホ1台に1万円近く払っているにも関わらず、放置してしまっている人も多いのではありませんか?

携帯ショップの人に言われるがままに契約してしまった人は案外危険です。

彼らも少しでも多くユーザーからお金を取ることを考えているので、自分でも気づかないままに高いプランで契約させられているかもしれません。

今回は携帯代を節約するノウハウをまとめてみましたので、是非参考にしていただけたらと思います。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • 格安SIMに変えるだけで月5000円携帯代が節約できる
  • 格安SIMを入れる場合は回線速度を意識する
  • 音声通話SIMかデータ専用SIMを選ぶ
  • データ専用SIMならイオンモバイルが1番コスパが良い
  • 音声通話SIMならY!mobileが1番コスパが良い
データ専用SIMを検討しているならイオンモバイル
  • 格安SIM業界で1GB当たりの料金が最も安い!
  • 通信速度が他の格安SIMよりも速い!
  • docomo、au回線に対応!
  • 音声SIM、データSIMどちらも最低利用期間なし!

\業界最安値でコスパ最強の格安SIMを試す/

イオンモバイルはこちら

音声通話SIMを検討しているなら1番速いY!mobile
  • 格安SIM業界で1番通信速度が速い!
  • Softbank回線と自社回線を使っているので大手キャリア並みに速い!
  • 店舗もあるためサポート体制も万全!
  • 音声SIM、データSIMどちらも最低利用期間なし!

\爆速格安SIMで携帯代を安くする!/

Y!mobileはこちら

携帯代をひと月5000円お得に節約する4つの方法

携帯代をひと月5000円お得に節約する4つの方法

携帯代を月1万使っているという方も多いと思います。

そこで、今回は格安SIMで月5000円以上も節約する方法を、徹底的に調べてみました。

是非、皆さんこの記事を読んで携帯代を大幅に安く使っていきましょう。

格安SIMを使う

携帯代を安くしようとするのに、皆さんがよく聞くのが格安SIMだと思います。

格安SIMは大手キャリアから、回線を借りているので価格が抑えられています。

格安SIMと言っても、種類が多すぎてどれがいいのかわからない人も多いと思います。

中には1000円以下で毎月利用できるものもあります。

しかし、格安SIMは注意が必要です。

安いのがいいとは限りません。

SIMによっては、通信速度が遅すぎて使えないものも。。。

せっかく格安SIMで値段をひと月5000円お得に利用できたとしても、使えなければ本末転倒です。

以下で、おすすめの格安SIMを紹介するので格安SIMを失敗しないためにも、ぜひ最後まで見てください。

自宅のネット回線を変更する

また、自宅のネット回線を変更することで値段を安くすることができます。

読者の皆さんの中で、携帯の契約した際に同時にインターネット回線を引きませんか?と提案を受けた人もいるとおもいます。

確かに携帯と同時にインターネット回線を契約することで若干割引される部分はあります。

しかし、大手キャリアのインターネット回線を契約してしまうと、最低でも2年間は最低利用期間が決められており、その間に解約すれば違約金が発生してしまいます。

さらにスマホと同時に契約しているのでどちらかを解約してしまうと割引が適応されなくなってしまうデメリットがあります。

自宅にネット回線のない方はWiMAXを契約するか、携帯会社以外の回線を引くと良いでしょう。

データ容量を大きく使う方は自宅のネット回線を変えて節約していきましょう。

家族で同じSIMを使う

大手キャリアや格安SIMでは、家族で同じSIM会社を使うことで値段を格段に落とすことができる家族割りというものがあります。

家族割りについて詳しく解説していきたいと思います。

家族で同じ大手キャリアで利用するだけで、人数に応じて値引きされていきます。

割引例(Softbank)

  • 2人の場合 500円×2人=1000円お得(家族で)
  • 3人の場合1500円×3人=4500円お得(家族で)
  • 4人の場合  2000円×4人=8000円お得(家族で)

家族みんなで利用すればするだけお得ですね。

また、特定の格安SIMだけになってしまいますが、格安SIMでも割引プランがあるところもありますのでもっと安くしたくて、家族も同様の格安SIMを使いたい人がいるのであれば格安SIMもおすすめです。

また、家族で大容量プランに加入してみんなで分け合って利用できるシェアプランと言うものがあります。

シェアプランにする事によって、通信量の無駄を省き、大幅に値段を抑えることができます。

データ容量は人によって使う量は違うと思います。

そこで、家族で同じ格安SIMを使うことで無駄なく利用していけるのはいいですよね。

家族割りは、人数が多い方が安くなる金額が大きくなることが多いので、家族みんなで契約会社を揃えて携帯代を安くしていきましょう。

自分に合ったプランを選ぶ

携帯の用途は人によって違うと思います。

電話のみ利用する人もいれば、主にゲームや動画視聴で利用する人もいます。

読者の皆さんで、電話をほとんど使わないのに電話かけ放題プランに入っていたりする人がいるはずです。

電話かけ放題プランに入ってることによって、ひと月の携帯代が1000~2000円以上高くなってしまうのは非常に勿体無いです。

また、データ容量でも同じことが言えます。

携帯代は基本的に、データ容量が大きくなるにつれて上がっていきます。

今、利用しているプランひと月のデータ使用料を確かめてみてください。

ひと月50GB使えるのに10GBも使ってない人も多いと思います。

携帯ショップの店員さんに勧められるがままに契約してしまっている人に多い傾向にあります。

大手キャリアや音声通話SIMを契約して、最低利用期間が決まってしまっている人でもオプションの解除は無料でできますので、リスクなしで見直すことができます。

毎月使うデータ量に差がある人は、データ量によって携帯代がかわるプランがあるので是非利用してみてください。

人によっては、毎月1万以上の携帯代を5000円以下にできるでしょう。

So-net(ソネット)光プラスの料金を確認!他社と比べてお得かどうかを解説So-net(ソネット)光プラスの料金を確認!他社と比べてお得かどうかを解説

携帯代を簡単に節約するには格安SIMがおすすめ

携帯代を簡単に節約するには格安SIMがおすすめ

上記で、携帯代を節約する方法をいくつか挙げてみました。

この中でも、一番簡単に節約できるのは格安SIMを使うことが効果的です。

格安SIMは、名前は聞いたことはあるけど実際はそこまで分からないと言う人もいると思います。

そこで、今回格安SIMについて述べていこうと思います。

まず、格安SIMには2種類あるのはご存知ですか?

格安SIMは、データ専用SIMと音声通話SIMの2種類に分けられています。

データ専用SIMは、その名前の通りデータ容量のみで電話ができないSIMです。

音声通話SIMは、大手キャリアのSIMと同じでデータ容量と電話の両方利用できるSIMとなっています。

格安SIMでは、大手キャリアよりも値段を抑え、自分に合った格安SIMを選べます。

以下で詳しく述べていこうと思います。

現代人はスマホの通話機能を使わない

最近では、LINEなどのSNSの発達により、現代人はスマホの通話機能を使わなくなってきました。

また、連絡先を交換する場合でも電話番号ではなくLINEを教える人が多いです。

そこで、通話機能は要らないと言う人も多いと思います。

しかし、大手キャリアでは通話機能は必ずついてきます。

格安SIMのデータ専用SIMなら通話機能を付けずデータ容量のみを利用していけるのです。

また、データ専用SIMは音声通信SIMと比べても1000円近く安くなっています。

無駄な物は省き、出来るだけ安く携帯を利用していきましょう。

通話機能を使う人でも音声通話SIMで節約

先程、電話機能は使わなくなってきていると言いましたが、中には通話機能を使いたい人や付けておきたい人もいると思います。

音声通話SIMだから大手キャリアと比べてもあまり変わらない料金になると言うわけでもありません。

音声通話SIMでも大手キャリアで利用するよりも圧倒的に安く利用できます。

音声通話SIMは2000円近くで利用できます。(あくまで、平均です。さらに安くで利用出来るのもあります。)

大手キャリアは5000円近くになることが多いです。

音声通話SIMと大手キャリアでの価格の差は、一目瞭然ですよね。

少しでも、安く使っていきたい人は格安SIMの音声通話SIMに変えていくのが良いでしょう。

どうしても大手キャリアのスマホを使いたい人には

ここまで格安SIMに変えることで節約することについて述べてきました。

しかし、中には格安SIMは遅いから大手キャリアの方がいいという人もいると思います。

格安SIMにも通信速度が速いものはありますが、格安SIMのサービス形態上大手キャリアよりは遅くなる場合が多いです。

ここでは大手キャリアを使っていくなかでの節約する方法を説明していこうと思います。

余計なオプションが入っていないか確認する

大手キャリアを利用していて、まず節約したいならば余計なオプションに入っていないか確認するべきです。

先程も言いましたが、電話をあまりかけないのに電話かけ放題のプランに入っている人もいるはずです。

大手キャリアで契約した時に、向こうも少しでも利益を出したい訳ですから、いろいろなオプションを勧めてきます。

この時にも本当に自分が必要なオプションなのかよく考えて契約していくべきです。

自分が利用する上で要らないプランを削ぎ落としていけば、携帯代も自然と安くなっていくでしょう。

しかし、全てのオプションに入らなければいいと言う訳でもありません。

オプションによっては携帯代が結局は安くなることがあるからです。

例で言うと、電話をしない人はかけ放題のプランに入らなくて良いと言いましたが、逆に言うと電話をよくかける人はかけ放題のプランに入った方が携帯代が安くなることが多いです。

大手キャリアで節約したい人は、自分に合ったオプションだけを利用していきましょう。

データ容量のプランを見直す

次に、節約するためにはデータ容量のプランを見直す事も重要です。

データ容量は1GBでもメールだけならば330通近く送れる大きさです。(あくまで理論値)

外で主に連絡用で使ってる人は実際1GBでも足ります。

しかし、中には大容量のデータ容量で契約している人もいると思います。

例えば、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+をよく契約している人が多いと思います。

ウルトラギガモンスター+には対象の動画アプリやSNSのデータ容量が発生しません。

ここで、LINEをよく利用すると言う人は契約してしまう人も少なくはないと思います。

ここに重大な落とし穴があります。

ウルトラギガモンスター+は、データ容量が50GBもあります。

普段からLINEなどSNSをよく利用してる人で、動画をあまり見ない人が50GBの大容量のデータ容量を使いきるのは難しいです。

このように、データ容量に無駄がある契約もあるので確認してみるのが良いでしょう。

機種代を安くで購入する

大手キャリアには定期的に乗り換えることにより、機種代を安くするサポートがあります。

利用者の中にはわざわざ乗り換えないと勿体無いからと変えている人もいるはず。

しかし、ここにも携帯代を高くしている落とし穴があります。

それは、2年縛りを強制的に契約させられているということです。

実際のところ、機種を一度安くで購入していた方が断然お得なんです。

最新機種はどうしても高くなってしまいますが、1世代前や2世代前の機種であれば安く購入できます。

性能だけでみても、過去の機種であっても全く問題ないです。

携帯を比較的長く使っていける人はこの方法はおすすめですね。

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

格安SIMで携帯代が節約する方法が一番効果的だとわかったと思います。

格安SIMは種類も多く、各会社が出しているプランも豊富です。

実際、どれがいいかわからないと言う人も多いでしょう。

そこで、今回格安SIMを徹底的に調べてみました。

その中で特におすすめしたい格安SIMを6つ紹介したいと思います。

また、自分に合った格安SIMを選びやすくするためにどんな人におすすめかも話していくので是非参考にしてください。

データ専用SIMで一番コスパが良いイオンモバイル

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

イオンモバイルの最大の特徴はなんと言ってもプランが多いことでしょう。

イオンモバイルは、500MBから大容量の50GBまで合って種類が豊富です。

また、価格も他の格安SIMの相場と比べても安いプランが充実しています。

さらにイオンモバイルのデータ専用SIM、音声通話SIMの最低利用期間がありません。

これは他の格安SIMにはなかなかないメリットなので音声通話SIMを検討している人にはもってこいの格安SIMです。

auとdocomo回線を採用しているので、auとdocomoで契約した端末がSIMロックの手続きが不要でそのまま使えます。

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは以下のようになっています。

データ専用SIMプラン
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1480円
データ8GBプラン 1980円
データ12GBプラン 2680円
データ20GBプラン 3980円
データ30GBプラン 4980円
データ40GBプラン 6480円
データ50GBプラン 8480円
音声通話SIMプラン
音声500MBプラン 1130円
音声1GBプラン 1280円
音声2GBプラン 1380円
音声4GBプラン 1580円
音声6GBプラン 1980円
音声8GBプラン 2680円
音声12GBプラン 3280円
音声20GBプラン 4680円
音声30GBプラン 5680円
音声40GBプラン 6980円
音声50GBプラン 8980円

回線も一般的な格安SIMと比べても速いようです。

回線は別ですが、Softbankよりも速いとの口コミもあるので信頼できます。

イオンモバイルの公式ページ

https://aeonmobile.jp/

独自の回線も持っていて音声通話SIMで一番通信速度が速いY!mobile

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

Y!mobileの最大の特徴は、独自の回線を持っているので回線速度はピカイチという点でしょう。

料金プランもわかりやすいです。

Y!mobileの料金プランは必要なものが全て含まれているので、一般的な料金プランのように通信プランやデータ容量の大きさを1つずつ決めると言った煩わしさがありません。

スマホに詳しく無い人でも、安定してプランを選べるのも大きな魅力です。

また、Y!mobileはキャンペーンで3GBのプランで9GBまで使えたりもするのでおすすめです。

電話をよく使う人もオプションを付けることで無制限で電話が使えます。

1500円で無制限の電話が利用できることは電話をよく使う人にとってはとても大きなメリットでしょう。

Y!mobileの料金プラン

Y!mobileの料金は下記になります。

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

他の格安SIMに比べると若干高いですが、大手キャリアよりはだいぶ安いですね。

新規割などもあるので安く使うことができるでしょう。

最安のプランを付けて2台持ちしても大手キャリアよりは安くなります。

通話をよく使い、回線速度も求めるならばY!mobileを選んでおくと良いでしょう。

Y!mobileの公式ページ

https://www.ymobile.jp/

BIGLOBEモバイル:youtube等の動画サービスを良く見る人向け

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

最近CMでもよくみるのがこのBIGLOBE モバイル。

回線速度が安定しており、速度も速いようです。

youtube等の多数の動画配信サービスでデータフリーになるエンタメフリーオプションというものを実装してるので、低容量のプランを契約したとしても無制限に動画を見ることができます。

プランも豊富で誰でも自然に乗り換えられることもメリットです。

回線はauとdocomoです。

BIGLOBE モバイルの料金プラン

BIGLOBE モバイルの料金プランは以下のようになっています。

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

au回線を選ぶ場合はSMSオプションが最初から入っています。

docomo回線の場合はSMSありかなしで選べます。

SMSありの方は月額料金が120円高く設定されています。

今回の測定とは裏腹に、口コミでは高速回線であるとの口コミが広がっています。

私自身、都心で測定していたのですが、都心も広いのでその中でも回線の速い場所があったのかもしれません。。。

BIGLOBEはNECグループとして30年の歴史のある会社なので、信頼性のある会社であることがわかりました。

さらに、BIGLOBEモバイルは他の格安SIMと違う部分があり、エンタメフリーオプションを付けることができるという点です。

「エンタメフリー・オプション」は、通常ならばギガバイト単位の容量を一日で使ってしまう高いデータ容量を用いるアプリを、一切制限なく、且つデータ容量に加算されずに使い放題となるサービスです。

YouTubeを初めとした動画サイトや、Spotifyをはじめとした音楽配信サイトを加算関係なく利用できる強みがあります。

項目 サービス名
動画配信(動画視聴のみ) YouTube
AbemaTV
U-NEXT
YouTube Kids
音楽・ラジオ配信
(音楽再生/ラジオ聴取のみ)
Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spotify
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
電子書籍配信(閲覧・ダウンロードのみ) dマガジン
dブック
その他 Facebook Messenger

YouTube、AbemaTV、U-NEXTがカウントフリーで動画視聴がし放題。

AbemaTVがカウントフリーで視聴できる点は強みですね。

上記のサービスをよく使用する方にはもってこいの格安SIMだと思います。

回線もdocomoとauに対応しています。

BIGLOBE モバイルの公式ページ

https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

速度が速くY!mobileと同じような料金形態UQ mobile

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

UQ mobileの最大の特徴は他の格安SIMと比べても通信速度が速いことでしょう。

前述した通り、格安SIMは大手キャリアより通信速度が落ちてしまいます。

しかし、UQ mobileは大手キャリアに負けない通信速度をサービス開始当初からずっとキープし続けています。

通信速度が速いと快適に利用できるのでいいですよね。

遅すぎてストレスが溜まっていくと、どんなに安くても良くは無いです。

ただし、プランが少なくデータ専用SIMで高速データ通信を行おうとすると3GBプランのみになります。

もう一つ無制限プランというものがありますが、こちらは高速データ通信ではないので速度が落ちてしまいます。

回線はauの回線を採用しているので、auで契約した端末はSIMロックの解除なしで使うことができます。

UQ mobileの料金プラン

UQ mobileの料金プランは以下のようになっています。

データ専用SIMプラン
データ高速プラン(3GB) 980円
データ無制限プラン(無制限) 1980円
音声通話SIMプラン
データ高速+音声通話プラン(3GB) 1680円
データ無制限+音声通話プラン(無制限) 2680円

口コミでも3GBの高速データプランを契約すると速いとの口コミが多く、総合的にもいい評価が上がっていました。

大手キャリアよりも速いとの声もあり、体感的にも速いようです。

また、電話を使う人には嬉しいかけ放題オプションもあります。

UQモバイルの公式ページ

https://www.uqwimax.jp/

LINEモバイル

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

LINEモバイルの最大の特徴はLINEやSNSのデータフリーでしょう。

LINEなどの対象のサービスをデータ容量を消費せずに利用できるのはいいですよね。

他にも、LINEモバイルはLINEやソフトバンクが親会社と言う事もありLINEとの連携や回線強化がしっかりとしています。

また、LINEモバイルは格安SIMの中でも料金がお得なメリットがあります。

ひと月500円に抑えることができるので大変お得です。

もちろん、500円に抑えたとしてもLINEのデータフリーは付いてきます。

主にLINEでのデータ容量を扱う人にとっては嬉しい恩恵です。

LINEモバイルの料金プランは下記になります。

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

エキサイトモバイル

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

エキサイトモバイルの最大の特徴は大容量のSIMでコスパが良い所です。

大容量のSIMは他にもありますが、エキサイトモバイルは値段も大容量のデータ容量では、他のSIM会社よりも安く通信速度も安定しています。

値段も安く通信速度も安定しているからコスパがいいです。

エキサイトモバイルは3枚プランにすると1枚あたりの価格がグッと落ちる料金形態が採用されており、家族などと一緒に契約するととてもお得ですね。

エキサイトモバイルの料金プランは下記のようになっています。

携帯代を安くしたい人へおすすめの格安SIM6つ

データ専用SIMの価格ですが、プラス700円/月を支払うことで音声通話もできるようになります。

回線速度も場所によっては出ています。

まとめ:月5000円も携帯代を節約する方法

今回は携帯代を安く使える方法について解説していきました。

携帯代は、格安SIMを使うことで大幅に値段を抑えることができます。

そこで、格安SIMをおすすめの述べていきました。

ここでもう1度おすすめの格安SIMの7つをまとめておきましょう。

  • イオンモバイル
  • Y!mobile
  • BIGLOBEモバイル
  • UQ mobile
  • LINEモバイル
  • エキサイトモバイル
  • ロケットモバイル

他にも、大手キャリアを利用しながらら携帯代を節約する方法など詳しく述べていきました。

大手キャリアや格安SIMのどちらでも、自分に合ったデータ容量を選ぶことが重要になってきます。

携帯代を安くするためにも、1度自分の月のデータ使用料を見てみてください。

月5000円以上携帯代を節約していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *