moshi Concerti for iPad mini: 自由な角度調整ができるスタンド機能付きケース。

シリコンとマイクロファイバーの違う素材でスタンド機能を実現したmoshiのConcerti(コンチェルティ) for iPad miniケースのご紹介です。


iPadを収める部分はシリコンで、ケース外側はスエード調のマイクロファイバーでできたiPad mini専用ケースです。

2種類の素材の違いを生かし、スタンドにしたとき自由に角度を調整できるようになりました。カバーにはオートスリープ機能のついたマグネットが埋め込まれ、素早くiPadを起動したりスリープさせることができます。

詳細をチェックしていきます。

Concertiケースの魅力を動画でチェック

柔らかい手触りのマイクロファイバーに包まれたブック型のケースです。ケースにはゴムストラップがついています。


ケース前面にmoshiのブランドロゴプレートがついています。キラリと光るプレートがワンポイントになっています。


iPadを固定する部分はシリコンで、ケース外観はマイクロファイバーでできているハイブリット素材のケースです。


カバーは右開きです。シリコンでできているので、iPadの着脱は簡単に行えます。


シリコン部分は厚めにつくられているので、イヤホンジャックなどは少し深い位置にあります。


Lightningコネクタ部分もやはりシリコンカバーが厚めです。純正ケーブル以外を使う場合は、コネクタのサイズをご確認ください。


ボリュームボタンはシリコンケース部分が分離しているので、とても操作しやすいです。


シリコンケース部分には背面のカメラ穴があります。マイクロファイバー部分を折り曲げて持つことで、背面カメラをケースをつけたまま使用できます。


スタンド機能としてのConcertiをチェック

シリコンとマイクロファイバーという素材の違いを活用して、多数の角度でセットできるスタンドになります。


寝転がりながら動画干渉できる浅い角度でも、ビタっと止まります。


置き時計やテレビのように使うときは、ほぼ垂直に立てることもできます。


また、完全にマイクロファイバー部分を折り曲げて固定すると、キーボード入力のときも安定する角度で固定できます。


マイクロファイバー部分は、ホンモノのスエードのように柔らかくて手触りがよいです。簡単な汚れであればスエード用クリーナーで処理できます。

長く愛用できるスリムなケースです。

オススメiPadケース・カバー

背面の傷をしっかり守ってくれるオススメケースはこちら。
エアージャケットセット for iPad 第3世代: 大人気 パワサポ製 ラバーコーティング素材 のケース登場。

Apple純正のSmartカバーが使えるオススメケースはこちら。
SOFTSHELL for iPad fits Smart Cover: 背面のロゴもしっかり見える柔らかくて耐久性に優れたケース。

スタンドにもなるケースはこちらがオススメ。
TUNEFOLIO for iPad (第3世代)/iPad 2: 自由に角度を調整できるスタンドとしても使える丈夫なケースです。

iPadをすっぽり収めるバッグ型のケースはこちらがオススメ。
mKeeper Sleeve Gento iPad 2 / iPad: 使い手をよく考えた、持ち運びに便利なバッグ。

キーボード一体型カバーはこちらがオススメ。
AppBankStore : 【iPad(第3世代) iPad2】 ロジクール ウルトラスリム キーボードカバー: ロジクール: ケース


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ