Appleがバッテリー内蔵ケースを発売した理由

Appleの最高経営責任者であるティム・クック氏が、『iPhone 6s Smart Battery Case』を発売した背景を明らかにしました。

iPhone 6s Smart Battery Case


(© Apple Inc.)

純正のバッテリー内蔵ケースを発売したことは、Apple自身がiPhoneのバッテリーの持ちが不十分と考えている証だ、とする見方があります。

しかし、Appleはこの新製品が必要になる場面は別にあると考えているようです。

新製品は旅行向け

インタビューしたウェブサイト『Mashable』によるとクック氏は、iPhoneを毎日充電する人には不要だが、ハイキングや泊りがけの旅行には向いていると述べたそうです。

充電できない期間が1日以上になる状況を想定した製品であることがうかがえます。

一方でクック氏は必要なときに必要な製品であるとも述べるなど、Appleとしては用途を限定してはいない旨も明かしています。

iPhone 7でもバッテリーの持ちは変わらず?

インタビューから推測すると、AppleにとってiPhoneのバッテリーの持ちは十分で、不十分と思うユーザーに選択肢の1つとして新製品を発売したのかもしれません。

バッテリーの持ちの向上とデザインを両立できない場合、デザインを優先し、バッテリーの持ちはiPhone 6sと同じ程度に留める可能性が考えられます。

来年発売されるiPhone 7はどうなるのでしょうか。

みなさんはiPhoneのバッテリーの持ちに満足していますか? コメント欄にぜひご意見をお寄せください。

参考

Tim Cook is over iPhone Smart Battery Case ‘Hump’ – Mashable

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ