iPhoneをiTunesのバックアップで復元する方法【iOS 9版】

iTunesの新バージョンに対応したページを公開しました。こちらをご覧ください。
iPhoneをiTunesのバックアップで復元する方法【iTunes 12.4版】

(2016年6月3日 追記)
———

バックアップ


iTunesで作成したバックアップのデータをiPhoneに戻す、復元の方法をご紹介します。

iTunes(PC)でバックアップする方法は以下のページでご紹介しています。
iPhoneをPCでバックアップする方法【iTunes 12.4版】

まとめもぜひご覧ください。
iPhoneをバックアップする方法まとめ

復元する前の準備

iPhoneとPCをUSBケーブルでつなぎ、PCでiTunesを起動します。通常、iPhoneとPCをつなぐとiTunesは自動で起動します。

lightning


iTunesが自動起動しなかったときは、Windowsならスタートメニューから、Macならデスクトップをクリック→画面上の【移動】メニュー→【アプリケーション】を開いてiTunesを起動してください。

使用中のiPhoneを復元する場合

ウィンドウ左上にある、iPhoneのアイコンをクリックします。

バックアップ


ウィンドウ左側にある【概要】をクリック。

バックアップ


ウィンドウ右側にある【バックアップを復元】をクリックしましょう。

バックアップ


バックアップを選びましょう。

バックアップ


復元が始まります。

バックアップ


このウィンドウが表示されたら、iPhoneを操作してパスコードを入力。PCでは【やり直す】をクリックしましょう。

バックアップ


バックアップ
iPhoneの画面に様々な言語で「こんにちは」と表示されたら、画面をスライドしてロックを解除します。


【続ける】をタップ。iCloudなどの設定を済ませます。

バックアップ


「ようこう iPhoneへ」画面になったら【さあ、はじめよう!】をタップします。

バックアップ


iTunesの同期が完了していることを確認したら、復元は完了です。

新しいiPhoneを復元する場合

iPhoneとPCをつなぐと、iTunesに以下の画面が表示されます。

「このバックアップから復元」を選び、復元に使うバックアップを選択。【続ける】をクリックします。

バックアップ


バックアップ
iPhoneの画面に様々な言語で「こんにちは」と表示されたら、画面をスライドしてロックを解除します。

あとは画面の指示に従って設定するだけです。


同時にiTunesの同期が進んでいるので、同期が終了したことを必ず確認してください。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ