平成30年7月豪雨で3キャリアがデータ通信量支援。ドコモは制限解除、auは+10GB、SBは追加購入無料


平成30年7月豪雨の被災者に対して、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社がデータ通信量の支援を行うと発表しました。

いずれも「平成30年7月豪雨による災害にかかる災害救助法が適用された地域」のユーザーを対象としています。

キャリアごとの支援内容は次のとおりです。

ドコモ

データ通信速度制限の解除。

契約プランのデータ量を超えた場合でも(すでに超えている場合でも)、速度制限なくデータ通信を利用できます。

実施期間は7月13日から7月31日まで。

au&UQmobile

データ通信量を10GB追加。

対象地域に住むユーザーに対して、データ通信量10GB分が無料で順次追加されます。

また、7月5日以降にデータチャージを行っている場合は、10GBまでが無料化されます。

ソフトバンク&ワイモバイル

データの追加購入料金の無償化。

対象地域に住むユーザーがデータ量を追加で購入した場合、無償化されます。

実施期間は8月31日まで。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ