クラウドWiFiはおすすめ?評判・口コミを徹底調査して実態を解説

出張や旅行などで家から離れるとき、どこにいても快適なインターネット接続ができるポケットWiFiの需要が高まっています。

WiFi環境がない、もしくは不安定な場所へ行くときには必須となるポケットWiFiですが、提供しているサービスが数多くあるため「どれがおすすめなのか?」という点で迷ってしまう人も多いでしょう。

本記事で紹介するクラウドWiFiは、SIMが不要で全国・世界中で繋がりやすいという点でおすすめです。場所にとらわれずインターネットに接続したい場合には選択肢のひとつになります。

というわけで、クラウドWiFiの特徴やメリットを踏まえつつ、実際の評判や口コミを紹介していきます。

クラウドWiFiの公式サイトを見る

クラウドWiFiの特徴

クラウドWiFiの特徴は、どこでも繋がりやすいインターネット環境を得ることが可能な、クラウドSIMを採用している点です。

クラウドSIMはSIMカード不要で、全国・海外どこに行っても一定の通信環境を整えられます。また、電源をオンにするだけで使えるので、手間のかかる工事も不要です。

そして、クラウドWiFiには煩わしいプラン設定は必要ありません。なぜなら、クラウドWiFiの料金プランは1つしか無いからです。

月額3,718円で毎月100GBの利用が可能なので、データ容量をたくさん使いたい人にはぴったりなプランになっています。また、クラウドWiFiは解約違約金が0円という魅力もあるのです。

さらに、インターネット回線をすぐに利用したい!という人でも安心です。クラウドWiFiは申込後、最短即日発送なので急を要する人にも最適でしょう。

配送元は東京都ですが、離島であっても配送料金がかからないのも嬉しいポイントです。

ただし、クラウドWiFiは本当におすすめなのか?不安視するような声もあります。口コミや評判については後述しますので、参考にしてみてください。

クラウドWiFiを選ぶメリット

クラウドWiFiには、嬉しいメリットが多数あります。

  • 100GBの大容量データ通信
  • 通信エリアが広くて繋がりやすい
  • 契約期間の縛りがないから解約しやすい
  • 1日や3日間で使いすぎても速度制限にならない
  • 最短翌日に受け取れる
  • 海外で利用するのに面倒な手続きがいらない
  • 月額料金は他社と比べてもお得なほう

毎日使っても安心な100GBの大容量な点が最大の魅力と言えます。さらに、クラウドWiFiでは1日上限や3日で〇〇GBまでという縛りが一切ありません。他にもメリットはさまざまです。

下記では、数あるクラウドWi-Fiのメリットについて詳しく解説します。

100GBの大容量データ通信ができる

クラウドWiFiでは、毎月100GBの大容量データ通信が可能です。GB(ギガバイト)とは、PCなどで使われるデジタルデータの量を表す単位のひとつを指します。

1GBで約120分の動画が視聴できるので、100GBでは約200時間の動画視聴が可能なのです。

利用できること 利用目安時間
WEB閲覧 約66万ページ
You Tube視聴 約200時間
ライン通話(電話) 約4,000時間

毎月100GBとは、ほとんどデータ容量を気にせずにインターネットを利用できると言えます。

クラウドSIMの仕組みにより通信エリアが広くて繋がりやすい

クラウドWiFiは、クラウドSIMの仕組みにより通信エリアが広くて繋がりやすいというメリットもあります。

クラウドSIMとは、uCloudLink社が提供しているクラウドSIM技術を活用したモバイルW\iFiのことを指します。特定のSIMカードが不要で、最も繋がりやすい回線を見つけ出して自動接続してくれるのです。

そのため、日本全国さらに世界中どこにいても快適な通信環境を得ることができます。

ただし、地下やトンネル中などの通信環境が悪い場所は、回線がうまく繋がらない場合があります。予め理解しておきましょう。

契約期間の縛りがないから解約しやすい

クラウドWiFiには契約の縛りがないため、解約しやすいというメリットもあります。一般的には「1年契約」や「2年契約」などの縛りが発生し、期間外であれば解約違約金が発生することも少なくありません。

ポケットWi-Fi 解約違約金
クラウドWiFi 0円
GMOとくとくBB WiMAX2+ 27,280円(24ヶ月以内)
Y!Mobile 10,450円

クラウドWiFiは契約期間1ヶ月を過ぎれば、いつでも解約可能です。さらに解約違約金も発生もしないので、短期契約にも活用できます。

注意
解約の締切日は毎月15日です。16日を過ぎると解約が翌月になってしまうので、予め理解しておきましょう。

1日や3日間で使いすぎても速度制限にならない

クラウドWiFiは、1日や3日間でデータ容量を使いすぎても速度制限になりません。

他社では、1日3GBや3日間で10GBを利用すると通信制限になることがあります。しかし、クラウドWiFiはそれらの縛りがないのです。

そのため、平日はあまりデータ容量を使わず、週末にまとめてインターネットを楽しみたい人に向いています。

月間100GBは約150時間の動画視聴が可能なので、いつでも容量残量を気にせず利用できるのです。

最短で翌日に受け取れる

クラウドWiFiは、申し込み後最短で翌日に受け取れます。

なぜなら、クラウドWi-Fiは基本的に契約完了後に端末を即日発送するからです。さらに、端末到着後の工事が不要なので、すぐに利用できます。

端末を利用する際に必要な工程は、電源をオンにするだけです。手間もかからず、すぐにインターネット通信を利用できます。

加えて、クラウドWiFiの端末を受け取る際の送料は無料です。離島でも料金がかからないのも嬉しいポイントでしょう。

注意
配送元は東京都なので、九州や離島の場合は到着までに3日前後かかる場合があります。

気になる人は一度問い合わせをしてみましょう。

海外で利用するのに面倒な手続きがいらない

クラウドWiFiを海外で利用したい場合、面倒な手続きがいらない点も魅力です。

他社のポケットWi-Fiを海外で利用する際には、各種手続きが必要な場合が多くあります。

しかし、クラウドWiFiには面倒な手続きが必要ありません。クラウドWiFiを海外で利用する場合には、現地で電源をオンにするだけです。

電源をオンにすることで、現地で最適な通信回線に繋がります。海外であっても、簡単・手軽にインターネットを楽しめるのです。

月額料金は他社と比べてもお得なほう

クラウドWiFiの月額料金は、他社と比べてもお得なほうです(全て100GBの場合)。

ポケットWi-Fi 月額料金(税込)
クラウドWiFi 3,178円
ZEUSWi-Fi 3,828円
AIRWi-Fi 3,278円
どこよりもWi-Fi 3,400円

上記のように、料金自体に大きな差はありません。しかしクラウドWiFiは余計な追加料金が一切ないので、安心して利用できます。

クラウドWiFiの公式サイトを見る

クラウドWiFiのデメリット

クラウドWiFiには、デメリットもあります。

  • 海外での利用で別途料金が発生する
  • 過剰に大容量通信を行うと速度制限される場合もある
  • 解約時に端末を返送し送料も負担する必要がある

下記ではクラウドWiFのデメリットを詳しく解説しますので、検討する際の参考にしてみてください。契約後に後悔しないよう、事前にしっかり把握しておきましょう。

海外での利用で別途料金が発生する

クラウドWiFiは、国内はもちろん海外での利用も可能です。ただし、海外での利用で別途料金が発生するので注意しましょう。

海外での利用料金は、日額700円から利用できます。料金は利用する国によって異なり、下記のとおりです。

利用国 料金(日額)
韓国 750円
アメリカ 1,050円
ドイツ 1,100円
ノルウェー 1,200円
ブラジル 1,250円

海外利用時でも、端末の電源をオフにして利用しなかった日の請求はありません。使いたい日だけの利用が可能です。

料金はかかりますが、クラウドWiFiでは世界135カ国で利用できます。他社と比較しても安価な料金設定なので、出張や旅行の際には活用してみてください。

過剰に大容量通信を行うと速度制限される場合もある

クラウドWiFiでは、過剰に大容量通信を行うと速度制限される場合もあります。クラウドSIMは、利用者の急増によって大規模な通信制限が発生した過去もあるのです。

現在ではトラブルは起こっていないものの、過剰通信は避けて利用しましょう。

※国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね128Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。例)高画質の動画視聴や大容量のダウンロードなどを長時間ご利用いただいた場合など

引用元:クラウドWiFi公式

解約時に端末を返送し送料も負担する必要がある

クラウドWiFiは解約時に端末を返送する際、送料も負担する必要があるので予め理解しておきましょう。

クラウドWiFiは解約金0円ですが、返送する際には配送料金を負担しなければなりません。また、離島の場合は料金が割高になる場合もあります。

ただし、下記の方法で費用を抑えることは可能です。

運送方法 荷物の大きさ 料金(税込、全国一律)
ヤマト運輸(ネコポス) 角A4サイズ、厚さ2,5cm以内 上限385円
日本郵便(ゆうパケット) 厚さ2cm以内、重さ1kg以内 310円

端末の重さは149gなので、上記のプランで郵送可能です。クラウドWiFi返送時には、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドWiFiの料金プラン

クラウドWiFiの料金プランは、ひとつしかありません。料金は月額3,178円で、毎月のデータ容量は100GBです。毎月の料金がシンプルでわかりやすく、保証オプションや海外利用を覗いて追加料金が一切かかりません。

利用できる端末のスペックは下記のとおりです。

端末 U2s
最大通信速度 下り速度 最大150Mbps、上り速度 最大50Mbps
重量 149g
連続使用可能時間 約12時間
接続可能台数 5台

万が一の水漏れや故障、紛失などのトラブルに備えた「安心補償」も加入可能です。

安心補償は月額440円で、加入していれば水漏れや故障の場合、無料で補償してもらえます。

また、本来故障や盗難の際には27,500円の負担になりますが、安心補償へ加入していれば16,500円へ軽減されます。

注意
安心補償は端末契約後に途中加入できないので、契約時に検討しておきましょう。

クラウドWiFiの評判・口コミ

ここで、クラウドWiFiについての評判・口コミを見てみましょう。

まず良い口コミでは、やはり料金の安さや解約金が発生しない点が挙げられます。クラウドWiFiの料金設定がシンプルなので、追加料金を心配もないようです。



また、クラウドWiFiは契約金の縛りがないので、短期契約のポケットWi-Fiをお探しの人にも最適です。解約金が発生しないポケットWi-Fiは珍しいので、評判となっています。



そして、気になる通信速度ですが、問題を感じない口コミもあります。

動画視聴の際でも、20Mbps程度あれば快適に見れるので、40Mbpsは良好と言えるでしょう。このように、料金や通信速度について良い口コミは多数見受けられます。


では、悪い評判・口コミはどうでしょうか。

中には、通信速度が予想以上に出なかったという口コミがあります。

到着してからすぐということなので、端末の不具合の可能性もありますが、不安が残りますね。


また、WiMAXよりも性能が劣るという口コミもあります。WiMAXは安定安心で有名です。

悪い口コミもご紹介しましたが、多くが良い口コミでした。料金の安さや解約金がかからない安心さがメリットのようです。

評判から分かるクラウドWiFiの実態まとめ

クラウドWiFiの評判は、高評価するものが多数存在します。クラウドSIMによる通信障害の過去はあるものの、現在はあまり心配ないでしょう。

ただし、クラウドSIMは他SIMと比べ繋がりやすいものの、通信速度は劣る場合あります。通信速度を重視する場合には、他社のポケットWi\Fiも視野に入れて検討しましょう。

しかし、クラウドWiFiは料金プランがわかりやすく、月間100GB利用できる魅力があります。短期利用も可能なので、一度利用してみるのもおすすめです。

快適な通信環境を得られるよう、自身に合ったポケットWi-Fiを利用してください。

クラウドWiFiの公式サイトを見る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *