1Mbpsは速度制限の中では速い?できることとできないことのすべて

1Mbpsという通信速度を聞いたことがあるでしょうか。

1MbpsはWiMAXや格安SIM等を合わせても、速度制限の中では最大の通信速度の値です。

ドコモや旧楽天モバイルのSIM、WiMAX等でよく見られた速度制限時の通信速度になりますが、1Mbpsでは何ができるのか?

自分が使う用途のアプリやサービスが1Mbpsで使えるのであれば、データ容量を追加で買う必要もありませんし、ストレスなくインターネット生活をおくれます。

今回は1Mbpsについて解説しますが、どうしても1Mbpsでは物足りないと感じた場合、格安のインターネット回線を最後に紹介していますので、合わせてご覧ください。

1Mbpsってなに?

1Mbpsってなに?

まずは「1Mbpsってなに?」という方のために、1Mbpsの意味から確認してみましょう。

1Mbpsはどのくらい?

始めに「Mbps」という単位についてです。

bps(ビーピーエス)は「bits per second」の略で、ビット(bits)はデータの最小単位、パー(per)は「〇〇ごとに、〇〇につき」、secondは秒という意味です。

つまりbpsは「1秒につき送れるデータ量」を表し、例えば1Mbpsだと「1秒間に1メガビット送れる」ということになります。

なお、1メガビット=1,000キロビット=1,000,000ビットです。

また、通信速度は「上りの~」、「下りの~」と表現される時がありますが、上りは「アップロードの速度」、下りは「ダウンロードの速度」のことを指します。

自分のパソコンからサーバーにデータを渡す、いわゆるデータを管理側へ上げるということで「上り」、反対にサーバーから自分のパソコンにデータを貰う、いわゆるデータを管理側から利用者側へ下ろすということで「下り」というようです。

なお「今の通信速度は1Mbps」などと、上りまたは下りの表現が付いていない場合には、一般的によく使われる「下りの速度」のことを言っています。

このように、1Mbpsが「1秒間に1メガビット送れる」ということを意味するのは分かりました。

しかし画像や動画のデータサイズはほとんどの場合で単位に「バイト」が使われていますよね。

「ビット」と「バイト」はもちろん違う単位です。

そのため例えば「〇バイトのデータをダウンロードするのにかかる時間を計算したい」といった時には、「単位合わせ」が必要になります。

では単位をビットからバイトに変換してみましょう。

まず1バイト=8ビットです。

ですからビットからバイトに単位を変えたい時、計算式は「1,000キロビット(=1メガビット)÷8ビット/バイト」となり、結果は「125キロバイト」となります。

つまり1秒間に1メガビットの速さでデータ通信ができる1Mbpsは、単位をバイトに変えると「1秒間に125キロバイトの速さでデータ通信ができる」となるのです。

とすると、例えば1メガバイト(=1,000キロバイト)の画像データをダウンロードする場合、1Mbps(125キロバイト/秒)だと「1,000÷125=8」となり、8秒掛かる計算になります。

1Mbpsの低速状態なら使い放題?

速度制限が掛かった状態に気になるのが「1Mbpsの状態で使いすぎるとさらに遅くなるの?」です。

1Mbpsならまだ我慢して使えるけど、これ以上遅くなったら嫌ですよね。

しかし大丈夫です。

月間のデータ容量を使い切って1Mbpsの速度制限が掛かってしまった場合、または高速モードをOFFにし1Mbpsの低速状態になった場合には「データ容量関係なく使い放題」になります。

これ以上遅くなることはありませんので、遠慮なく使うようにしましょう。

端末の通信速度を測定したい場合は?

端末の速度を測定する方法には「ブラウザでの測定」と「アプリでの測定」の2種類があります。

ブラウザでの測定は、アプリのダウンロードが必要なく、手早く簡単に測定することができるのがメリットです。

対してデメリットは機能が少ないことで、今時点の速度を測定するといったことだけの使い道になることが多くなっています。

ブラウザでの測定用アプリで、使いやすく見やすいものとしては「speedtest.net」がおすすめです。

1Mbpsってなに?

次にアプリでの測定は、ダウンロードが必要でその分容量がかかるのがデメリットですが、ブラウザ版に比べて機能が充実していて、例えば測定結果の履歴を保存しておいて管理することなどもできるのがメリットです。

アプリ版でも「speedtest.net」があり、やはり使いやすくて見やすいのでおすすめですよ。

1Mbpsで何ができて何ができないの?

1Mbpsで何ができて何ができないの?

SNSやメール、動画や音楽、ゲームなど、普段何気なく利用しているアプリや機能ですが、1Mbpsだと決して早い通信速度ではないので、「できること」と「できないこと」に分かれてしまいます。

ここでは1Mbpsでできることとできないことを整理してみましたので見てみましょう。

1Mbpsでできること

まずは1Mbpsでできることからです。

標準的なデータ量などから表示時間を算出し、1Mbpsでできることをまとめてみました。

テキストデータの送受信

テキストデータの送受信とは主にメールやLINEなどで文字だけを送った場合のことを指しますが、テキストデータは容量がとても軽いので、1Mbpsであれば全く問題なく利用することができます。

サービス名 表示時間:20Mbps 表示時間:1Mbps
メール 0.1秒以下 0.1秒以下
LINEのメッセージ 0.1秒以下 0.1秒以下

日本語1文字は、世界で一番使われている文字コード「UTF-8」で3~4バイトです。

ですので例えば日本語で1,000文字書いたメールのデータ容量は3~4キロバイト(1,000バイト)となり、1Mbps(125KB/秒)の通信速度でも0.1秒以下で送ることができます。

なお、LINEでスタンプを付けても動作はそれほど変わりません。

画像の送受信

カメラ機能で撮った画像を誰かに送る、反対に送ってもらうなど、画像の送受信は時間が掛かるイメージがありますが、1Mbpsであれば問題なく利用できると言えます。

サービス名 表示時間:20Mbps 表示時間:1Mbps
JPEG画像の送受信(800万画素の画像1枚) 0.8秒 16秒

例えば800万画素の画像1枚は、ホームページなどで主に利用されている「JPEG形式」であればおおよそ2MB程度です。

ですのでこの画像1枚を1Mbpsの通信速度で送った場合には、「2,000キロバイト÷125キロバイト/秒(=1Mbps)=16秒」かかることになります。

1枚当たり16秒であれば10枚でも2分40秒、とりあえずは待てそうですね。

動画の閲覧・ダウンロード

主にYoutubeやニコニコ動画、Huluなどといった動画配信サービスを利用して動画を閲覧・ダウンロードする場合には、「Youtubeなら標準画質まで、Huluであれば低画質までであれば利用できる」と言えます。

サービス名 表示時間:20Mbps 表示時間:1Mbps
Youtube(低画質・1時間) 48秒 16分
Youtube(標準画質・1時間) 2分10秒 43分12秒
Hulu(低画質・1時間) 1分24秒 28分
Hulu(中画質・1時間) 4分12秒 1時間24分

上の表示時間は、それぞれのサービスと画質で動画を1時間みた時の消費データ容量に対して掛かる表示時間を表しています。

つまりこの時間が1時間を超えてしまうとスムーズにみられないということで、1Mbpsの場合Huluの中画質以外は問題なく視聴することができると言えます。

Huluの中画質は20分オーバーなので途中で何度か止まってしまう可能性が高く、とても楽しめないでしょう。

そしてダウンロードの場合にも同様の時間がかかり、待てるか待てないかはユーザー次第ですが、1時間を超えるようだとやはりちょっと厳しいのではないかと思います。

以上のことから動画の閲覧やダウンロードの場合には、データ容量の少ない例えばYoutubeの低画質や標準画質、Huluの低画質であれば、利用できるといっていいでしょう。

ただし低画質の動画はかなり荒く見づらくなっています。特に動きの激しい動画は何をしているかが分かりづらいでしょう。

一度視聴してみて画質に問題がないかは確認しておいたほうがいいと言えます。

通話とビデオ通話

LINEやSkypeなどを使って行う通話やビデオ通話は、どちらも1Mbpsで問題なく利用できると言えます。

サービス名 表示時間:20Mbps 表示時間:1Mbps
LINE-通話(1分間) 0.1秒以下 2.4秒
LINE-ビデオ通話(1分間) 2秒 40秒
Skype-通話(1分間) 0.24秒 4.8秒
Skype-ビデオ通話(1分間) 1.6秒 32秒

上の表示時間は、それぞれのサービスで通話またはビデオ通話を1分間行った時の消費データ容量に対して掛かる(表示)時間を表しています。

つまりこの時間が1分間を超えてしまうとスムーズに通話ができない、ビデオ通話ができないということになりますが、1Mbpsの場合どのケースでも1分を切っており問題ありません。

つまり1Mbpsの速度制限下であっても、通話やビデオ通話は普通に使うことができるということです。

音楽ストリーミング

SpotifyやLINE musicなどの音楽ストリーミングサービスは音質を選択することができますが、低・中音質であれば1Mbpsでも問題なく利用できます。

サービス名 時間:20Mbps 時間:1Mbps
Spotify-低音質(1曲) 0.4秒 8秒
Spotify-標準音質(1曲) 1.6秒 32秒
LINE music-低音質(1曲) 1.6秒 32秒
LINE music-中音質(1曲) 4秒 1分20秒

上の表示時間は、それぞれのサービスで1曲聴いた時の消費データ容量に対して掛かる時間を表しています。

つまりこの時間が1曲の標準の長さである5分間を超えてしまうとスムーズに聴けないということになりますが、1Mbpsの場合にはSpotify・LINE musicの低・中音質ともにでも5分を超えていません。

このことから音楽ストリーミングサービスは、1MbpsでもSpotify・LINE musicの低・中音質は快適に利用できると言えます。

1Mbpsでできることのまとめ

このように、メール画像の送受信、動画の閲覧・ダウンロードや通話、音楽ストリーミングなど、1Mbpsの速度制限が掛かっていてもできることは意外と多くあります。

しかしあくまで「なにをするか?」という使い方によって変わってくるので、自分がよく利用するものをあらかじめ押さえておくようにしましょう。

1Mbpsでできないこと

次に1Mbpsでできないことも見てみましょう。

1Mbpsではできないことをまとめると、次の通りです。

サービス名 表示時間:20Mbps 表示時間:1Mbps
Youtube(高画質/・1時間) 6分40秒 2時間13分20秒
Hulu(高画質/・1時間) 6分40秒
2時間13分20秒
アプリのダウンロード(500MB) 3分20秒 1時間6分40秒

Youtube・Hulu

YoutubeやHuluなどの動画は、1Mbpsの場合高画質での視聴が難しいでしょう。

1時間分の動画のデータを取得するのに2時間以上も掛かってしまうため、その都度止まったり動きがカクカクしてしまいます。

このことから、動画の閲覧は標準画質以下で観るようにしましょう。

アプリのダウンロード

アプリはものによってデータ量が変わるので一概には言えませんが、例えば500MBのものをダウンロードする場合には1Mbpsだと1時間以上掛かってしまい、厳しいと言えます。

この時間待てるのであればいいのですが、その間は使うことができなくなるためちょっと難しいでしょう。

オンラインゲーム

オンラインゲームはゲームの内容によってできる、できないが分かれますが、動きの激しいものだと快適にプレイできない可能性があるためおすすめでしません。

その他複数人で協力するタイプのゲームなども、途中で途切れた場合のダメージが大きいので厳しいと考えていいでしょう。

1Mbpsでできないことのまとめ

このように、高画質の動画の閲覧や容量の大きいアプリのダウンロード、動きの激しいオンラインゲームのような通信速度が重要な使い方であれば、1Mbpsでは止まったり、待たされたり、ひどい場合には落ちてしまったりするので、使うのは難しいと言えます。

かといって制限を解除するために追加でデータ容量を購入すると高額になってしまいますので、頻繁に速度制限が掛かってしまう場合にはいっそのこと別のインターネット回線に乗り換えたほうが、使い勝手がよくなっておすすめになります。

1Mbpsを設定しているサービスと128kbpsや10Mbpsとの違い

1Mbpsを設定しているサービスと128kbpsや10Mbpsとの違い

意外と使える「1Mbps」。

ここでは速度制限で1Mbpsになるサービスの紹介と、128Kbpsや10Mbpsとの速度の違いを解説します。

1Mbpsを制限速度として設定しているインターネットサービスは?

1Mbpsという速度は、今の通信環境を踏まえてみると「遅い」状態です。

つまりこの通信速度になる原因は「データ容量を消費して低速状態になった」か、「時間帯的に混雑している」、または「電波が弱いので遅い」のどれかと考えられます。

中でも「データ容量を消費して低速状態になった」時に1Mbpsで速度制限が掛かるサービスには次のものがあります。

  • Docomoのスマホ
  • WiMAX/Y!mobileのポケットWiFi
  • 楽天モバイル

これら3つのサービスは速度制限が掛かった状態で1Mbpsとなり、以降どんなに使ってもこれ以上遅くなることはありません。

速度制限下で128Kbps、200Kbpsといったサービスに比べると、これらはかなり良心的と言えるでしょう。

128kbpsと10Mbpsの違いは?

1Mbpsは128Kbpsよりも早いけど、10Mbpsよりも遅い。

数字で比べるとすぐわかることですが、体感的にどのくらい違うのでしょうか?

128Kbpsと1Mbps、10Mbpsはそれぞれ約10倍ほど数値的には違いますが、差を一番感じるのが「データのダウンロードに掛かる時間」なので、具体的な例をあげて確認してみましょう。

例えば1GB(=1,000,000キロバイト)の動画をダウンロードする場合、128Kbpsと1Mbps、10Mbpsではそれぞれ次の時間が掛かります。

  • 128Kbps:1,000,000キロバイト÷16キロバイト/秒(=128Kbps)=17時間21分40秒
  • 1Mbps:1,000,000キロバイト÷125キロバイト/秒(=1Mbps)=2時間13分20秒
  • 10Mbps:1,000,000キロバイト÷1,250キロバイト/秒(=10Mbps)=13分20秒

このように同じ1GBのデータをダウンロードするのに、128Kbpsでは17時間以上、1Mbpsでは2時間以上かかるのに対し、10Mbpsであれば13分と短時間で終わります。

数値的には10倍程度の違いですが、時間で見るとこのようにとても大きな差であることが分かると思います。

1Mbpsでは足りない方にお得なインターネット回線

1Mbpsでは足りない方にお得なインターネット回線

1Mbpsは他の速度制限の中でも早い方ですが、動画等の重いサービスを利用する場合にはまだ遅いと感じる方も多いです。

もし1Mbpsで制限速度を設定しているサービスを契約している。もしくはこれから1Mbpsのサービスを検討している方は以下のインターネットサービスをおすすめします。

格安SIMを検討する

現在大手キャリアのスマホを契約していて1Mbpsの通信制限にかかっている人も多くいます。

大手キャリアから格安SIMにすることで毎月の固定費を安くすることができ、データ容量も増やせます。

イオンモバイル:回線速度も安定していてプランが豊富

200kbpsの制限がストレスになっている方へのお得なインターネット回線

イオンモバイルは音声通話SIMもありますが、データ専用SIMに力を入れており、1GB当たりのデータ容量が業界で1番安い格安SIMです。

さらに通信速度も格安SIMの中でトップクラスで、大手キャリアのスマホよりも速いとの口コミもあるくらいです。

auとdocomo回線どちらにも対応しているので、使いたい方を選べる点でもメリットです。

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは以下のようになっています。

データ専用SIMプラン
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1480円
データ8GBプラン 1980円
データ12GBプラン 2680円
データ20GBプラン 3980円
データ30GBプラン 4980円
データ40GBプラン 6480円
データ50GBプラン 8480円
音声通話SIMプラン
音声500MBプラン 1130円
音声1GBプラン 1280円
音声2GBプラン 1380円
音声4GBプラン 1580円
音声6GBプラン 1980円
音声8GBプラン 2680円
音声12GBプラン 3280円
音声20GBプラン 4680円
音声30GBプラン 5680円
音声40GBプラン 6980円
音声50GBプラン 8980円

口コミを見ても回線速度は申し分ないです。

大手ショッピングモールが運営しているサービスということもあり、信頼度も高いですね。

イオンモバイルの公式ページ

https://aeonmobile.jp/

【無制限】それがだいじWiFiの評判・口コミを徹底解説【無制限】それがだいじWiFiの評判・口コミを徹底解説

無制限のWiMAXを契約する

モバイルWi-Fiを契約する方法もあります。

スマホ単体では今現在、無制限でインターネットができたとしても常に速度制限されている状態のものしかなく、通常の高速回線は使えません。

WiMAXを選ぶことで1Mbpsなどの通信制限に悩まされることがなくなります。

Broad WiMAX:WiMAXの中で一番お得に契約ができる

200kbpsの制限がストレスになっている方へのお得なインターネット回線

キャンペーンを適用した場合のトータルコスト最安第1位は「Broad WiMAX」です。

気になる最大通信速度はWiMAXで下り最大440Mbpsとなっております。

従量制課金のプランであるWiMAX2+は有線接続時最大1.2Gbpsとなっています。

USBでWiMAXとPS4等のゲーム機器をつなぐことでWiMAX2+に対応しているエリアであれば最大1.2Gbpsなので、光回線を契約できない方はおすすめです。

WiMAX対応エリアとWiMAX2+対応エリアは異なるのでこちらより確認してください。

今Broad WiMAXで行われているキャンペーンは「WiMAXスタートキャンペーン(18,857円割引)」「違約金当社負担乗換えキャンペーン!(最大19,000円)」の2つです。

さらにこのキャッシュバックは契約後1か月で受け取れるので、WiMAXのキャッシュバックとしては最も早く受け取れます。

月額料金(ギガ放題プラン) 2,726円(最大3か月)
月額料金(ライトプラン) 2,726円(最大25か月)
通信速度(WiMAX) 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
契約手数料 18,857円(キャッシュバックと相殺)
契約期間 3年間の継続契約
契約解除料 12か月以内:19,000円
24か月以内:14,000円
25か月目以降9,500円
37か月目:無料
キャッシュバック 最大37,857円

月額料金はギガ放題プランという使い放題のプランだと4か月目以降は3,411になります。

Broad WiMAXはチャットサポートの充実しているので、わからないことがありましたらそちらで聞いてみてもいいと思います。

\最大37,857円を受け取る!

Broad WiMAXで
快適WiMAXを契約する!

他のWiMAXを検討したい場合には以下でまとめています。

爆速の光回線を契約する

オンラインゲーム等の超高速インターネット回線を引きたい場合には光回線が一番おすすめです。

人気で信頼性のある光回線を引くことで、安定して速いインターネット環境を構築できます。

光回線は基本的に速度制限はないので、いくら使っても快適にインターネットを使うことができます。

NURO光:現在一番通信速度が期待できる光回線

200kbpsの制限がストレスになっている方へのお得なインターネット回線

NURO光は今一番人気のある光回線で、料金は一般的な光回線と同じくらいの価格なのですが、最大通信速度が2Gbpsと通常の光回線の2倍あります。

さらにNURO光はキャッシュバックが充実しており、戸建てで45,000円、マンションで25,000円の新規申込キャッシュバックがあります。

NURO光は2013年に開始された比較的新しい光回線で、設備がまだ全国に展開されていないことがデメリットとして挙げられます。

月額料金(マンション) 1,900円~
月額料金(戸建て) 4,743円
通信速度 下り最大 2Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 実質無料
契約手数料 3,000円(ご利用開始月にご請求します)
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック(代理店経由) 最大45,000円
工事立ち合い 必須

月額料金も他の光回線よりも少し安いくらいなので、コスパは最強の光回線です。

NURO光に対応しているエリアであれば、これ以外の選択肢はないと言えるまでおすすめです。

また、NURO光はSoftbankの端末を持っている場合、セット割で毎月最大1000円割引が適応されるのでSoftbankユーザーにはさらにおすすめできます。

NURO光の評判

ここまでコスパが最強な光回線は他にはないと思っています。

口コミを見ても通信速度は爆速です。

NURO対応エリアならば、NURO光を選択しておいて損になることはないでしょう。

NURO光公式ページ

https://nuro-ac.jp/

場所によってはNURO光に対応していない地域もあるので、他の光回線を以下でまとめて解説しています。

1Mbpsに関するQ&A

1Mbpsに関するQ&A

最後に1Mbpsに関してよくある質問をQ&A形式でまとめてみました。

1Mbpsで使い放題のインターネットサービスはある?

始めから「1Mbpsで使い放題」というインターネットサービスはありませんが、前述のように「速度制限下で1Mbps」というサービスは「Docomoのスマホ」、「WiMAX/Y!mobileのポケットWiFi」、「楽天モバイル」の3種類があります。

これらであれば毎月高速通信で制限量を超えた場合でも、以降は1Mbpsで使い放題になりますので、もっと遅い制限速度が設定されているサービスよりも快適に利用することができるでしょう。

1Mbpsでアマゾンプライムは見られるのか?

通信速度が1Mbpsの場合、アマゾンプライムは「標準画質なら快適に視聴することができる」と言えます。

まずアマゾンプライムの推奨通信速度は、標準画質で「900Kbps」、HD画質で「3.5Mbps」です。

このことからHD画質だと1Mbpsは推奨の3.5分の1のためかなり遅い、固まってしまうことが予想されます。

そして標準画質の場合には推奨を上回っているため視聴には問題ないとみることができます。

しかし実際に視聴してみると、開始から数分間は画質が悪くなります。

これはアマゾンプライムが通信速度に応じて自動で画質を変えるためで、ある程度バッファ(データの一時的な記憶)が貯まらないと良い画質に切り替えてくれません。

この点さえ我慢できれば、1Mbpsでもアマゾンプライムは視聴することができると言えます。

1Mbpsのサービスは必ず1Mbpsの速度が出るのか?

1Mbpsはそこまで遅い速度ではありません。

Webで何か調べたりするくらいであれば問題なく調べものをすることができるでしょう。

しかし、本当に1Mbpsの速度が出るのでしょうか?

答えはNOです。

あくまで最大通信速度が1Mbpsで設定されているだけであり、インターネットサービス側の理論値です。

つまり、1Mbpsまで出る予定で設定しているが、実際に出るかわからないということです。

1Mbpsという理論値に左右されず、1Mbpsの通信速度が出ればラッキーくらいで思っておいた方がいいかと思われます。

まとめ

今回は1Mbpsの解説になりました。

1Mbpsは速度制限の中では寛容な方で、128kbps、200kbpsよりも速い通信速度になります。

しかし、この1Mbpsの通信速度はあくまで制限時の通信速度では速いですが、制限なしの快適モードよりもどうしても遅くなります。

1Mbpsは遅いわけではありませんが、重いサービスを利用する場合にはコスパのいいインターネットサービスを利用しましょう。

遅くてイライラすることは月に数千円の出費をするよりもデメリットです。

快適なインターネットライフを満喫しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *