裏モナWiFiってどういう内容なの?激推しレンタルWiFiのモナWiFiを詳しく解説。

案件なし

 

モナWiFiって実際に使ってみていいのか?

他のポケットWi-Fiと比べて何がよくて何が悪いの?

今回はモナWiFiについてメリット・デメリット、口コミ等を徹底的に調査しました。

これからモナWiFiを契約しようと考えている人にはとても有力な情報になると思います。

ざっくり言うと・・・
  • モナWiFiは本来SIMのみをレンタルする仕組み
  • モナWiFiはポケットWi-Fiもレンタルできる
  • モナWiFiには月に100GB~300GBのプランがある
  • 月3,000円台でモナWiFiを使うことができる

 

\月100GB!


超大容量ポケットWiFiを契約する!

モナWiFiとは?

モナWiFiとは?

そもそも、モナWiFiってどういうものが、どういう内容のサービスなのか、きちんと理解できているでしょうか?
モナWiFiについてざっくり説明すると、以下のようになります。

・モナWiFiはSIMをレンタルしてwifiを使うことができる

・モナWiFiはSIMとルーターを一緒にレンタルすることもできる

コンパクトでかさばらない点がメリットであるポケットwifiというものがありますが、ポケットwifiとモナWiFiは違います。

SIMカードのみをレンタルできるのがモナWiFiです。

SIMのみのレンタルだと、今自分が持っているSIMフリーもしくはSIMロック解除済みの機器に、SIMカードを挿すだけで、場所は問わずすぐに利用が可能です。

つまり、新しく機器を購入したり携帯の契約する必要がないので、機種代金や初期費用が抑えられるわけです。

モナWiFiは、SIMカードだけでなくルーターも一緒にレンタルできる便利なプランもあります。

ルーターがあるということは、複数人で同時にwifiを使うこともできるというわけです。

ルーターと言っても、モナWiFiのルーターは大きくないのでかさばりません。

モナWiFiは、タブレット、pc、ゲーム機など、機器の種類に関わらず同時にwifiに繋げることができます。

便利で初期費用が抑えられるだけでなく、用途に合わせてレンタル内容やプランを選べるモナWiFiは今最も推せるレンタルSIMのサービスと言っても過言ではないのです。

モナWiFiのスペック

モナWiFiとは?

レンタルSIMを利用しいたいときに、料金がいくらくらいかかるか、通信制限はどのような内容か、気になる点がいくつかあります。

気軽に使えるレンタルSIMであるモナWiFiは、どのようなスペックなのか気になります。

ここでは、モナWiFiのスペックを、分かりやすく項目別に一覧にして紹介します。

モナWiFi
初期費用 5,000円(税別)
月額料金 3,500円〜5,480円(税別)
プラン レンタルSIM or ルーター付レンタルSIM
通信制限 プランの上限を超え次第128kbps
支払い方法 クレジットカード
2年間の支払い総額 89,000円(税別)〜
最低利用期間 縛りなし
メリット 最大容量が300GB・解約金なし
デメリット 料金の割高感
違約金 なし
端末 FS030W
対応エリア(回線) 日本国内(ソフトバンク)
最大通信速度 上り下り
おすすめ度 ここは記載しなくてもいいです

モナWiFiのスペックは簡単にまとめると上記のような内容になりますが、表にまとめきれないほどのメリットがあります。

メリットそしてデメリットに関しては後ほど詳しく紹介します。

また、特色としていくつかのプランがあり、自分にマッチした使い方のプランを選ぶこともできるところも魅力の1つと言えます。

モナWiFiを運営している会社

モナWiFiとは?

モナWiFiは、どこの会社が運営しているのでしょうか?

モナネコという有名なキャラクターを起用しているモナWiFiはどういった事業を行なっている企業なのか気になります。

安心してレンタルSIMを使うために、販売運営している会社の詳細もおさえておくべきです。

ここでは、モナWiFiを運営している会社に関して詳しく紹介します。

運営会社名 株式会社リンクアップ
代表取締役 西元孝
会社設立日 1988年5月7日
本社住所 東京都中央区銀座8丁目14番14号
公式サイト https://www.linkup-world.co.jp/

運営会社の公式サイトを確認しても分かるように、多様な事業展開をしていることが分かります。

続いて、モナWiFiの販売業者に関しての情報です。

販売業社名 モナWi–Fi
代表責任者 植手宏和
本社住所 愛知県名古屋市中区丸の内1丁目7−5 丸の内MTOビル809
電話番号 052−583−6101(電話問い合わせは受付不可)
メールアドレス support@mona−wifi.com

モナWiFiは、2018年からサービスを開始しています。

大手携帯キャリアであるソフトバンクの回線を使用しているモナWiFiは、事業開始後から安心安全に使えるレンタルSIMとして注目され続けているのです。

モナWiFiは、モナコインという独自の仮想通貨も取り入れていて、事業に関して攻めている印象の持てる会社です。

決済の方法として、クレジットカード決済の他にモナコインが使えますが、現在は準備中となっています。

モナWiFi利用に向いているのはどんな人?

モナWiFi利用に向いているのはどんな人?

ポケットwifiと比較してもかさばらない点や、使い慣れた自分の機器で利用できるモナWiFiは、色んなおすすめポイントがあります。

まずは、モナWiFiに利用はどんな人に向いているのか見ていきましょう。
結論から言うと、以下のようになります。

  • SIMフリーまたはSIMロック解除の機器を持っていて手続きや設定ができる人
  • 低価格で快適にwifiを使いたい人
  • 大容量でネットを安心して利用したい人

それでは、順に見ていきましょう。

SIMを差して使える機器を持っていればOK。モナWiFiの手続きは非常に簡単。

モナWiFiはレンタルSIMのサービスです。

そのため、SIMが使用可能な端末や機器が必要となります。

SIMを差して使える機器とは、フリーSIM端末やSIMロック解除されている端末です。

また、SIMフリーであればタブレット、pc、そしてゲーム機も使うことができます。

wifiを使用したい機器がSIMフリーもしくはSIMロック解除済みの機器で、モナWiFiを使用できると分かれば、あとは契約のみです。

モナWiFiの支払いについては、クレジットカード決済のみ対応です。

申し込みはネットからとなっています。

モナWiFiの申し込み手続きは、氏名や住所、電話番号を入力し、運転免許証かパスポート、本人確認書類を撮影して、画像をアップロードしたらokです。

煩わしい契約手続きがなく、ネット上でサクっと申し込みでき、すぐに発送される のは嬉しいポイントです。

モナWiFiに申し込み完了してから、手元にSIMカードが届くまでは基本的に3営業日となっています。

年末年始の休業日に関しても、公式ページでの早めのアナウンスがあるのであんしんです。

迅速に発送対応してもらえて、すぐ使うことができるモナWiFiは、容量不足でピンチの時も頼ることができるレンタルSIMなのです。

プランに合わせて選べる。モナWiFiは安心お手軽価格

モナWiFi利用に向いているのはどんな人?

フリーwifiを使いたい時に、気になってしまうのが月々の価格です。

具体的な価格については後述しますが、モナWiFiはお手軽価格でwifiを使いたいという人に特におすすめできます。

レンタルSIMは多くの会社があり、どこを使うか決めきれない人も多いのではないでしょうか?

実際に、モナWiFiより低価格なところは確かに存在します。

でも、超低価格で繋がりにくいところをわざわざ利用したいと思いますか?

モナWiFiは、ソフトバンクの回線を利用してwifiに繋げています。

大手キャリアの回線利用となると、セキュリティや速度の点でも安心です。

どこの回線を利用しているか分からない格安SIMレンタルや、格安WiFiを契約し、使用する危険を考えると、モナWiFiは相当安全で安心なサービスなのです。

安心して使える点や通信速度などを総合的に見てみると、モナWiFiは納得の価格設定と言えるので、快適にお手頃価格でwifi利用したい人に向いているのです。

モナWiFiの推しポイント。大容量のwifiが使いたい人におすすめ

モナWiFi利用に向いているのはどんな人?

wifiを利用するときは、安心できる容量で使用したいのは当然のことです。

例えば携帯電話の契約の時に、料金を抑えたいから少ない容量のプランにして、月末近くなるとネットの速度制限がかかってしまう、といった経験がありませんか?

モナWiFiであれば、そんな心配も不要の大容量プランもあります。

wifiの使い方や容量に合わせてプランが選べるところは、モナWiFiの推せるポイントの1つです。

気になっている裏モナプランは、この大容量のプランにあたります。

スマートフォンはもちろん、pcやゲーム機、タブレットを使用するときに、ネット回線の安定と大容量は誰もが求めているwifi環境なのでないでしょうか。

このように、 モナWiFiは速度制限や料金を不安に思っている人におすすめできるレンタルSIMです。

申し込みも簡単で、質も容量も納得のモナWiFiは、レンタルSIM初心者でも安心して利用できることが分かりました。

他社比較しても、大手キャリアの回線利用のモナWiFiは断然推せるのです。

モナWiFiの良い点と悪い点

モナWiFiの良い点と悪い点

大容量でwifiを繋げられ、安心して利用できるレンタルSIMのモナWiFiは、どんな点がメリットでありデメリットなのでしょうか?

モナWiFiは気になるけど、自分に合っているかは、良い点も悪い点も知って比較してみないと分からないものですよね。

双方の視点からモナWiFiを把握して、ミスることなく快適wifiを取り入れていきたいはずです。

モナWiFiのメリットとデメリットを簡単にまとめると、以下のようになります。

・安定の大容量と安全なセキュリティがメリット

・契約期間の縛りや解約金がないところもメリット

・レンタルであることとSMSに気をつければOK

それでは詳しく見ていきましょう。

モナWiFiのメリットとは?

前項で紹介したように、モナWiFiには推せるポイントがいくつもあります。

初めに、モナWiFiのメリットについて順に詳しく見ていきましょう。

モナWiFiのメリット①大容量で上限なし

モナWiFiの良い点と悪い点

モナWiFiの最大のメリットは大容量プランがあるところです。

モナWiFiのプランと金額は以下のようになります。

・レンタルSIMプラン 月額3,500円 容量100GB

・レンタル裏モナSIMプラン 月額4,500円 容量300GB

・wifiルーター付きレンタルプラン 月額3,480円 容量50GB

・wifiルーター付きレンタル大容量プラン 月額5,480円 容量100GB

 

初回加入時のみ事務手数料が5,000円かかり、金額は税別です。

モナWiFiのプランごとのデータ容量は通常速度で通信できる上限となっていて、容量を超えたからといって別料金が発生するわけではないので安心です。

ちなみに、月の通信が契約プランの容量を超えた場合は、通信速度は128kbpsとなりますが、通信できなくなるわけではないので安心感はあります。

とにかく 月額300GBの圧倒的大容量には度肝を抜かれます。

使用の時間に制限がないのも大きなメリットです。

モナWiFiのメリット②安定して使えるソフトバンクのエリア

モナWiFiの良い点と悪い点

モナWiFiの回線は、既に紹介のとおり大手携帯キャリアの一社であるソフトバンクの回線を利用しています。

大手キャリアの通信回線を利用できるとなると、他の格安SIMと比べても安心感が段違いです。

モナWiFiの公式ページでは、通信可能なエリアを確認できるようになっています。

通信可能エリアを開くと、ソフトバンクの通信エリア確認ページへ繋がるようになっています。

モナWiFiの通信可能エリアを確認してみると、通信が難しい地区ってあるの?と疑問に思える充実具合です。

自宅はもちろん、日本国内どこでも繋がるレンタルSIMとポケットルーターだからモナWiFiは推せるのです。

モナWiFiのメリット③契約期間の縛りも3日間通信制限も解約金もない

モナWiFiの良い点と悪い点

ほとんどのレンタルSIMやレンタルルーターには「最低この期間だけは使う約束をしましょう」という最低使用期間が存在します。

最低使用期間内に解約したくても解約自体できなかったり、ペナルティが発生します。

通信制限に関しては、一定の容量を超えると3日間通信制限がかかり、通常の通信速度では使えないというもがほとんどです。

3日間の通信制限はポケットWiFiやWiFiレンタルサービスでは有名なシステムで、よく耳にする内容です。

そして、サービスを解約するには解約金がつきものです。

なんと、モナWiFiには、これらの3つが、3つとも存在しません。

安心した速度で大容量で使えるのに、通信制限はかからず、いつでも解約できる親切さもモナWiFiの魅力 なのです。

モナWiFiのメリット④ウイルスセキュリティ対策も万全

モナWiFiの良い点と悪い点

レンタルSIMは、思わぬ機器トラブルがあったりセキュリティが不安という方もいるのでないでしょうか。

特にレンタルSIMをpcに接続したり、ネット上をウロウロする人はセキュリティ対策万全にしておくに越したことはありません。

モナWiFiは、オプションとしてモナセーフとウイルスセキュリティというものがあります。

モナセーフは、レンタル機器に対する保険のようなものです。

レンタル機器なので大切に扱うように気をつけていても、うっかり飲み物をこぼしてしまったり、外出先で紛失してしまったり、予想しないトラブルが起こる可能性もあります。

モナセーフに加入しておくと、機器の弁償金が0円になるオプションがつきます。

次に、ウイルスセキュリティは、次世代高速スキャンでウイルスを検出し、ウイルスをブロックしてくれます。

ウイルスセキュリティは初月加入が必須ですが、初月無料という親切さです。

安心して使えるモナWiFiを更に強くするこの2つのオプションは、各500円(税別)になります。

モナWiFiのデメリットとは?

モナWiFiには推せるポイントがいくつもありますが、デメリットもあります。

ここではモナWiFiのデメリットについて詳しく理解して、どのような点に気をつけて利用すればいいのかを見ていきましょう。

モナWiFiのデメリット①レンタル機器のトラブルには弁償金が発生する

モナWiFiはレンタルSIMのサービスとなります。

申し込みして届いた機器は、全てレンタルなので、使用していて紛失したり破損があった場合は、当然ですが弁償しなければなりません。

モナWiFiは弁償金の金額が決まっています。

前項で出てきたオプションのモナセーフの加入・未加入で、弁償金の内容が異なるので見ていきましょう。

レンタルSIMのプランの弁償金は、

SIM再発行手数料 4,000円

となっています。

ここからは、 ルーター付きレンタルSIMの弁償金の紹介です。

モナセーフ加入時の弁償金

・端末 0円

・SIM再発行手数料 4,000円

・USBケーブル 0円

・バッテリー 0円

モナセーフ未加入時の弁償金

・端末 20,000円

・SIM再発行手数料 4,000円

・USBケーブル 200円

・バッテリー 5,000円

記載の金額は税別となります。

このように、ルーター付きレンタルSIM申し込み時は、月額500円のオプションをつけてモナセーフに加入していた方がもしもの時に安心できそうです。

モナWiFiにかかわらず、レンタル機器はいつか返却が必要です。

大切に扱うように注意すれば問題ありませんし、きちんと返却すれば弁償金も発生しませんので安心です。

モナWiFiのデメリット②SMSを使うと賠償金が発生する

利用にメリットが多いモナWiFですが、しっかり押さえておきたい事項があります。

モナWiFi使用時に、最も注意したいことと言えるのがSMS(ショートメール)です。

モナWiFi公式ページでも紹介されているように、うっかりSMS送信してしまった…では済まされないので注意が必要です。

モナWiFiでSMS送信すると賠償金が発生します。

賠償金は5,000円となります。

万が一送信してしまった場合は、お問い合わせフォームからの報告が必要となります。

モナWiFi利用時は「SMSはとにかく使わない」ということを肝に銘じておきましょう。

モナWiFiのプランの選び方

モナWiFiのプランの選び方

モナWiFiの詳細やプランに関して紹介しましたが、実際にどのような使い方をしたいときに、どのプランを選べばいいのでしょうか?

ここでは、目的別にモナWiFiのプランの選び方について紹介します。

モナWiFiのプランの選び方を簡単にまとめると、

・1つの機器のみの利用、またはルーターがあるときはレンタルSIMプラン

・家族で利用したり使いたい機器がたくさんあるときはwifiルーター付きレンタルSIMプラン

・携帯電話の料金をおさえたいときは裏モナSIMプラン

ということになります。それでは詳しく見ていきましょう。

機器は1つのみ利用またはルーターがあるときはレンタルSIMプラン

wifiで繋げて使える機器は、スマートフォン以外にもタブレットやpc、ゲーム機などがあります。

スマートフォンのみの利用や、ルーターがすでにあって容量のみプラスして使いたい!という場合はレンタルSIMプランがおすすめです。

ルーターをすでに持っていて、それにレンタルSIMを差して使用したい場合は、SIMが使えるルーターかを一応確認するようにしましょう。

家族で利用したり使いたい機器がたくさんあるときはwifiルーター付きレンタルSIMプラン

家族何人かで同時に使いたいなど、wifiを繋げて使いたい機器がいくつもある場合は、wifiルーター付きレンタルプランがおすすめです。

ルーターがあると接続が便利になり、複数人での利用にぴったりです。

モナWiFiに限ったことではありませんが、同時にいくつもの機器が1つのwifiに接続すると、若干通信速度が遅くなることもあるので頭に入れておきましょう。

スマホの料金をおさえて大容量を使いたいときは裏モナSIMプラン

スマートフォンのみで通信を快適にして大容量で使える方法はありますが、何気に料金がかさばってしまうのが悩みという人も多いと思います。

大容量で利用したり容量追加をして、なおかつスマホの利用料金を安くしたい場合は裏モナSIMプランがおすすめです。

容量は通常のレンタルSIMプランが100GBなのに対し、裏モナレンタルSIMプランは300GBまで通常の通信速度で利用できるので断然おすすめです。

モナWiFiの口コミ

モナwifiの口コミ

モナWiFiを実際に使っている人の口コミをTwitterから抜粋しました。

Twitterから口コミを拾うことで、実際にモナWiFiを使っている人の細かく、公式から発表されていない情報を引き出すことができます。

速度が速い

モナWiFiの通信速度はとても速いです。

最大通信速度は150Mbpsとなっており、通常の大手キャリアスマホが実測値で30Mbps程度しか出ないことを考えると、実に5倍の通信速度が出ることになります。

光回線よりは遅いので、オンラインゲーム等の通信速度を要することには向いていない反面、屋外で使うインターネット回線の中では最高と言っても良いほどの通信速度を装備しています。

 100GBはかなり多い

モナWiFiのプランである100GBプラン。裏モナという300GBのプランもありますが、良くも悪くも100GBでも相当多いです。

動画をよく見る人だったり、仕事でインターネット環境を多く使う人であればメリットがかなり大きいでしょう。

大手キャリアスマホの最大プランでも50GBが上限ですから、それでも足りない人向けと言ってもいいです。

価格も100GBにしてはかなり安く、3000円台で使うことができるので、インターネットを多く使う人には嬉しいプランになっています。

まとめ

今回はモナWiFiについて解説しました。

100GBプランで3,000円という破格の料金形態が魅力のモナWiFi。

他にもいろんなポケットWi-Fiサービスがありますが、その中でもモナWiFiはぐうを抜いて良いポケットWi-Fiなのではないかと思います。

モナWiFiのデメリットである、レンタルとSMSの部分に問題がある場合には他のポケットWi-Fiを検討してもいいと思います。

自分に合ったインターネット回線で快適なインターネットライフを楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *