NURO光、遅くない?NURO光が遅いと感じてしまう原因と対処法

NURO光を契約したのだが通信速度が遅い。

最大通信速度は他の光回線の2倍で実測値も速いと評判の光回線がこのNURO光。

NURO光は比較的新しい光回線サービスで、加入者がそもそも少ないために通信速度が期待できる、知る人ぞ知る光回線としてひそかに人気になりつつある光回線です。

しかし、人によってはNURO光が遅いと感じる人もいるようです。

今回はなぜ世間的に速いと口コミが多くあるNURO光が遅いと感じるのか、原因を探って対策方法を解説しました。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • NURO光は最大通信速度は他の光回線と比べて2倍あるが、実測値は地域によって変わる
  • NURO光が遅いのではなく、周辺機器に問題があるケースが多い
  • NURO光が遅い場合には通常プラン以上のプランも検討する
  • どうしてもNURO光が原因で遅い場合には乗り換えも検討する
NURO光は通信速度が日本で一番速い
  • NURO光は最大通信速度が下りで2Gbps出る光回線!
  • 通信速度が他の光回線の2倍!
  • キャッシュバックが45,000円ある!
  • オンラインゲームやIT系の仕事をするならもってこいの光回線
  • Softbankユーザーは世帯で1台当たり毎月1,000円の割引が適応される

様々なインターネットを最安で契約する方法

\公式ページで45,000円のキャッシュバックを受け取る/

NURO光はこちら

NURO光自体は遅い光回線なのか?

NURO光自体は遅い光回線なのか?

NURO光は遅い光回線なのか、他の光回線と比較して調べてみました。

サービス名 最高通信速度
NURO光 最大2Gbps
auひかり 最大1Gbps
So-net光 プラス 最大1Gbps
ぷらら光 最大1Gbps
ビッグローブ光 最大1Gbps
楽天ひかり 最大1Gbps
エキサイト光 最大1Gbps
GMO×ドコモ光 最大1Gbps
SoftBank 光 最大1Gbps
SPEEDIA光 最大1Gbps
Marubeni光 100Mbps~1Gbps
@nifty with ドコモ光 最大1Gbps
DTI x ドコモ光 最大1Gbps
eo光回線 最大1Gbps
アットスマート 光 最大1Gbps
hi-ho ひかり 最大1Gbps
ピカラ光 最大1Gbps
U-NEXT光 最大1Gbps
BBIQ 最大1Gbps
光GiGA 最大1Gbps
クイック光 最大1Gbps

比較表から見てもNURO光の最大通信速度は遅いどころか速いことがわかります。

ではなぜNURO光が遅いと感じてしまうのでしょうか。

NURO光が遅いと感じたときの原因と対処法

NURO光が遅いと感じたときの原因と対処法

NURO光に契約してから急に遅くなった、NURO光を契約してしばらく経ってから遅くなった、前の光回線とさほど速度が変わらない。

なぜこのような現象が起こるのでしょうか?

それぞれ紐解いて原因と対処法を解説していきます。

NURO光が遅い原因と対処法

・NURO光に期待しすぎている
・周辺機器が問題
・ルーターが古い
・パソコンなどの接続機器の問題
・NURO光の6Gbps、10Gbpsプランを検討してみる
・場合によっては乗り換えも検討してみる

利用者がNURO光の最高通信速度を実測値として考えているケース

NURO光の通常プランの最高通信速度は2Gbpsとなっており、他の光回線が1Gbpsとしているところの倍となっています。

これだけ見ると、他の光回線よりも倍速いのか。と捉える方も多いです。

しかし、実測値は異なるケースが多く、実際に最大の2Gbps出ることはないと思っていた方が良いです。

もちろん他の光回線が最大通信速度1Gbpsですから、実測値も速いことに期待はできますが、倍出るかと言えばそういうわけではありません。

以前契約していた光回線よりも遅い場合は地域柄、NURO光を入れている人が多いことが原因の可能性があります。

周辺機器による制限

ネットワーク周りの環境にそれほど詳しくない方は、周辺機器によって通信速度が制限されていることを知らない方が多いです。

インターネットに接続する際には、光ファイバーを電柱から自宅に引き入れ、NURO光のモデムを通って無線LAN(ハブ)へLANケーブルを使ってつなぎ、そこから各接続機器へと接続されていきます。

この際に複数の機器を経由することになりますが、特に無線LAN(ハブ)へLANケーブルには通信規格というものが存在しています。

以下の口コミをご覧ください。

ギガビットハブとはハブのことですね。

ハブは光回線から提供されたモデムにLANポートが少ないので、そのLANポートを拡張するために置く機器で、最近では無線LANでWi-Fiを飛ばすと同時にLANポートが拡張されているものが多いです。

この方はハブのみ購入したらしいのですが、この口コミハブの通信規格は最大1Gbpsです。

つまり、それ以上の高速通信には対応していないので1Gbps以上の速度が出ていたとしても、ハブによって速度が制限されるということです。

例えば、ハブや無線LAN、LANケーブルの対応している通信規格が500Mbpsだった場合は、どれだけ高速な通信ができる光回線を入れていたとしても実測値としては最大500Mbpsになってしまうということです。

お使いの周辺機器がどのくらいの通信規格に対応しているのか、一度確認するべきです。

無線LANやLANケーブルはそこまで高いものではなく、1万円も出せばしっかりとしたものが購入できます。

また、NURO光の場合は無料で無線LANを貸し出してくれます。

最大1.3Gbpsに対応した最近の機種を借りられるので、借りてもいいと思います。

時期によっては有料となるケースもあるようなので、一度確認してみてください。

ルーターを借りたい場合には以下のお問い合わせ先のお問い合わせをお願いします。

NUROテクニカルセンター

番号
0120-653-810
電話受付時間
9時~18時※一部休業日あり

ルーターが古い

古いルーターを使っている場合は、ルーター内のソフトが更新されていなかったり、単純に機器の寿命ということが考えられます。

ちゃんと使えるからと、同じルーターを5年~程度使っていると、どうしても通信速度に影響してきます。

ルーターによっては自動でルーター内のソフトの更新が行われないものもありますので、古いソフトのまま気づかずに使っているケースもあります。

ソフトが原因の場合は手動で更新することで治すことができます。

寿命が原因だと思われる場合にはルーターを買い替えましょう。

パソコンが高速通信に対応していない

パソコンをWi-Fiで接続する場合にはパソコンの通信規格を事前に調べておいた方が良いです。

通信規格によってパソコン側でどのくらいの通信速度が出るのかが変わってきます。

通信規格の種類と最大通信速度は以下のようになっています。

無線LANの通信規格 最大通信速度
IEEE802.11ac(11ac) 6.9Gbps
IEEE802.11n(11n) 600Mbps
IEEE802.11a(11a) 54Mbps
IEEE802.11g(11g) 54Mbps
IEEE802.11b(11b) 11Mbps

IEEE802.11n(11n)またはIEEE802.11ac(11ac)でない場合にはそこまで通信速度が出ないということになります。

また、NURO光の場合は1Gbps程度は出るとの口コミもありますので、IEEE802.11n(11n)でも足りない場合もあります。

ではどのようにパソコンの通信規格を調べるのでしょうか。

パソコンの通信規格の調べ方

WindowsとMacで操作が異なりますので、それぞれ解説します。

また、この際にパソコンはWi-Fi接続でなければ数値が表示されませんのでご注意ください。

Windowsパソコンの場合

  1. WindowsキーとXキーを押す。
  2. システムメニューが開いたら「コマンドプロンプトC」を選択。
  3. コマンドプロンプトが起動したら、「netsh wlan show interface」と打ち込む。
  4. エンターを推すと「無線の種類」が出てくるので確認する。

Macの場合

  1. 左上にある「りんごのマーク」をクリックする。
  2. 「このMacについて」をクリックする。
  3. 「サポート」タブ内にある「技術仕様」をクリック
  4. ブラウザに使用中のMacの技術仕様ページが表示される
  5. 表示されたページ内に「ギガビットEthernetポート」の表記があることを確認する

NURO光のプランの変更を検討してみる

NURO光のデフォルトのプランは最大通信速度が2Gbpsのプランですが、一部地域ではそれよりも上のプラン、10Gbpsと6Gbpsのプランが出ています。

これは最大通信速度が10Gbpsまたは6Gbpsになるプランで、相当速い実測値が期待できます。

価格については以下を参照してください。

6Gbpsプラン

NURO光が遅いと感じたときの原因と対処法

10Gbpsプラン

NURO光が遅いと感じたときの原因と対処法

速度が業界最速にも関わらず、案外安い値段で使うことができるので、こちらを検討してみるのもありだと思います。

NURO光を使っている人が自宅付近に多い

NURO光を戸建てタイプで契約したのか、マンション(集合住宅)タイプで契約したのかで多少この部分は変わりますが、特にマンションタイプの場合は注意が必要です。

基本的にNURO光に限らず、光回線は一定の地域の基地局から光ファイバー通信を出力しています。

使う人が多ければ多いほど、その基地局の容量を圧迫することになるので、その分通信速度に影響が出ることになります。

NURO光が遅いと感じたときの原因と対処法

この部分が光回線の最高通信速度と実測値の違いです。

光回線側としても、ユーザー数が増えたり減ったりを繰り返し、さらにユーザー毎にどの時間にどの程度の通信をするのかが把握しきれません。

そのため、最大通信速度というあやふやな言い方しかできないということです。

NURO光もそれに該当しているため、同じ基地局の範囲内でたくさんのユーザーがいればいるほど実測値に影響してきます。

戸建てタイプならば他の家がどの光回線を契約しているかはともかく、自分の自宅1件分の契約なのでそこまで気にする必要はないかもしれません。

マンションタイプの場合が問題で、マンションタイプは確実に同じマンションに住んでいる人の誰かがNURO光に加入しています。

大まかな人数はNURO光の月額料金等で把握することができますが、同じマンション内でも他の人と回線を共同で使っていることになりますから、その分通信速度は落ちてしまいます。

あくまで例ですが、同じ地域にNURO光を使う人がたくさんいればいるほど、どうしても通信速度に影響が出てくるのです。

NURO光にみんなが乗り換えたタイミングで他の光回線の乗り換えることも検討してみると良いでしょう。

どうしてもNURO光が遅い場合には乗り換えがおすすめ

どうしてもNURO光が遅い場合には乗り換えがおすすめ

上記で記載したNURO光が遅い原因に当てはまらず、NURO光以外には原因が考えられない場合は乗り換えをおすすめします。

NURO光は光回線の中では比較的新しい光回線ですが、参入する人も徐々に増えてきているのも事実です。

思い切って乗り換えすることも視野に入れる必要があるかもしれません。

乗り換えの際におすすめの光回線を記載しておきます。

auひかり:乗り換え割が適応され、NURO光と同じく独自回線

どうしてもNURO光が遅い場合には乗り換えがおすすめ

各プロバイダが同じ光回線でサービスを提供している現在において、独自回線であるNURO光は通信速度を期待されていました。

auひかりも同様に独自回線なので通信速度の高さが期待できます。

NURO光と比べて最大通信速度は1Gbpsですが、実測値が速いと口コミの多い光回線ですので、それなりに基地局の整備が整っていると予想されます。

乗り換えキャッシュバックも他の光回線よりも充実しており、auひかり公式の場合は30,000円なのですが、代理店を通すと55,000円になり、25,000円上乗せしてもらうことができます。

NURO光を解約する際には違約金9,500円+残りの工事費+撤去費用10,000円がかかりますので、全額auひかりが負担してくれます。

さらに乗り換え割とは別に新規申し込みのキャッシュバックをもらうことができます。

戸建てとマンションで若干金額は異なるのですが、優良な代理店を通すことでトのみでの契約でもキャッシュバックを受け取れます。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,100円(1年目)
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 実質無料
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円
キャッシュバック 最大107,000円
工事立ち合い 必須

対応エリアは戸建ての場合、東海、関西エリア以外なら対応しています。

マンションの場合は全国的に対応していますが、マンションによっては対応していないマンションもありますので、検討する際に自分のマンションがauひかりの対応エリアか調べてみてください。

auひかりの評判

auひかりの通信速度も速いとの口コミが多かった印象です。

料金も安く、auの端末を持っていれば端末代割引が適応されますので、さらに安くで契約ができます。

NNコミュニケーションズ公式ページ

https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

Softbank光:Softbankとのセット割を継続して使いたい方におすすめ

どうしてもNURO光が遅い場合には乗り換えがおすすめ

NURO光はSoftbankとのセット割で毎月1,000円スマホから割引がされます。

ソフトバンク光でも同様に毎月1,000円の割引が適応されるので、Softbankユーザーにはおすすめです。

ソフトバンク光にも乗り換え割というものがあり、最大で10万円の還元してくれます。

現在契約している光回線の違約金が高額な場合にはソフトバンク光を選んでみるのもありだと思います。

通信速度も速いですが、こちらは独自回線ではなくフレッツ光と同じ回線を使用しています。

月額料金(マンション) 3,800円
月額料金(戸建て) 5,200円
通信速度 下り最大 1Gbps / 上り最大 1Gbps
工事費用 乗り換えで申し込み・引っ越しで申し込みの場合無料
工事必須の場合:24,000円
工事不要の場合:2,000円
契約手数料 3,000円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円(2年プランの場合)
キャッシュバック 最大33,000円
工事立ち合い 必須

フレッツ光からの乗り換えなら転用という形で扱われますので、工事が不要になります。

Softbank光の評判

Softbankでも通信速度が速いとの口コミがありました。

キャッシュバックもしっかり受け取れるので安心できますね。

ソフトバンク光優良代理店ページ

https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

NURO光、遅くない?NURO光が遅いと感じてしまう原因と対処法まとめ

今回はNURO光が遅い場合の対処法や乗り換え先の光回線について解説していきました。

ほとんどの場合、NURO光が遅い原因は周辺機器周りだったりするので、乗り換えはそこまで必要ないのかなと言った印象です。

最大通信速度が2Gbpsの光回線は少ないので、他の光回線よりも実測値は速いケースが多いです。

NURO光を使って通信速度を上げるには通常のプランではなく、6Gbpsプラン、10Gbpsプランを検討してみてもいいかもしれません。

オンラインゲームやIT関係の仕事をしている方にとっては光回線の通信速度は命ですから、柔軟に対策することをおすすめします。

当サイト厳選コスパが良く、キャッシュバックが高い光回線各社

NURO光(Softbank)【最大45,000円キャッシュバック】:https://nuro-ac.jp/

auひかり【最大107,000円キャッシュバック】:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

So-net光プラス【月額料金が一番安い】:https://www.so-net.ne.jp/

Softbank光【最大33,000円キャッシュバック】:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

ドコモ光【最大20,000円キャッシュバック】:https://dream.jp/ftth/docomohikari/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *