【短期から長期まで】ポケットWiFiレンタルのおすすめを利用期間別で解説

ポケットWiFiは短期から長期までレンタルでき、出張や旅行先での回線確保やリモートワークに便利です。定額でLTE使い放題のプランもあり、端末代金が発生しないのもレンタルならではの魅力でしょう。

近年はリモートワークの需要増加に伴って、ポケットWiFiレンタルサービスもどんどん増えてきました。

本記事ではポケットWiFiレンタルのおすすめサービスやレンタルするメリット、レンタルする際の注意点について解説しています。

サービスの種類が多すぎて自分にぴったりのポケットWiFiを選べない方は、ぜひ参考にしてください。

【短期から長期まで】ポケットWiFiの期間別おすすめ6選

ポケットWiFiレンタルと言ってもサービスごとにレンタル期間や料金、データ容量が異なります。

サービス名 レンタル期間 料金(税込) データ容量 事務手数料(税込) 端末代金
WiFiレンタルどっとこむ 1日~ 495~1,320円/日
3,960~9,800円/月
6GB~無制限 0円 0円
ZEUS(ゼウス)WiFi 1か月~ 2,178~4,708円/月 20~100GB 3,300円 0円
クラウドWiFi 1か月~ 2,178~4,708円/月 20~100GB 3,300円 0円
AiR-WiFi 1か月~ 3,278円~ 100GB 0円 0円
グローバルモバイル 1日~ 490円/日~
6,000円/月~
無制限 0円 0円
GMOとくとくBB WiMAX 1か月~ 4,950円/月 無制限 3,300円 0円

おすすめのポケットWiFiレンタルを6つ紹介するので、各サービスを比較して利用目的に合ったポケットWiFiを選びましょう。

1日から1ヶ月の短期利用なら「WiFiレンタルどっとこむ」

サービス名 WiFiレンタルどっとこむ
レンタル期間 1日~
料金(税込) 495~1,320円/日
3,960~9,800円/月
データ容量 6GB~無制限
事務手数料(税込) 0円
端末代金 0円

WiFiレンタルどっとこむは空港や宿泊先での端末受取に対応しているので、短期間の出張や旅行に適しています。のべユーザー数に関して3年連続で国内No.1を獲得しており、ポケットWiFiレンタルサービスとしての信頼性も十分です。

また端末のラインナップ数が多くSoftBank・au・WiMAXのエリアに対応しているため、利用先に合わせてポケットWiFiを選択できます。

WiFiレンタルどっとこむのおすすめポイント
  • ユーザー数が国内No.1の人気ポケットWiFiレンタル
  • 最短1日495円からレンタルできる
  • 端末のラインナップ数が豊富

WiFiレンタルどっとこむの公式サイトを見る

1ヶ月単位で使うなら「ZEUS(ゼウス)WiFi」

サービス名 ZEUS(ゼウス)WiFi
レンタル期間 1か月~
料金(税込) 2,178~4,708円/月
データ容量 20~100GB
事務手数料(税込) 3,300円
端末代金 0円

ZEUS WiFiはクラウドSIMを採用しているので、docomo・au・SoftBankの回線を利用できます。データ容量も20GB・40GB・100GBの3種類が用意されており、使い方によっては月額料金を抑えられます。

2年契約のスタンダードプランと縛りなしのフリープランがあるので、1か月単位で契約したい方にもおすすめです。

ZEUS WiFiのおすすめポイント
  • 携帯電話大手3キャリアの回線を利用できる
  • SIMの差し替えなしで106か国での通信に対応
  • 20GB・40GB・100GBから選べるデータ容量

ZEUS WiFiの公式サイトを見る

1ヶ月以上を大容量で使うなら「クラウドWiFi」

サービス名 クラウドWiFi
レンタル期間 1か月~
料金(税込) 3,718円/月
データ容量 100GB
事務手数料(税込) 3,300円
端末代金 0円

クラウドWiFiはSIMカードを搭載しておらず、docomo・au・SoftBankの3回線を自動で切り替えます。月額3,718円の100GBまで使い放題プランのみなので、どのプランを契約するか悩むこともありません。

特に難しい設定も必要なく、端末が手元に届いたら電源をONにするだけですぐに利用可能です。

クラウドWiFiのおすすめポイント
  • 月額料金が1種類のみでわかりやすい
  • 縛りがないから1か月単位で利用できる
  • 1日のデータ容量を気にせずに100GB/月まで使い放題

クラウドWiFiの公式サイトを見る

30日間無料で試せる「AiR-WiFi」

サービス名 AiR-WiFi
レンタル期間 1か月~
料金(税込) 3,278円~
データ容量 100GB
事務手数料(税込) 0円
端末代金 0円

Air-WiFiは月に最大100GBまで利用でき、月額料金で業界最安級を実現したポケットWiFiレンタルです。30日間お試しレンタルを実施しており、初期費用や月額費用が0円で使い勝手を確かめられます

基本的には1年契約ですが、月額330円の縛りなしオプションに加入することで、解約金が0円になるのも魅力です。

Air WiFiのおすすめポイント
  • 30日間は無料でお試しレンタルができる
  • どのプランを選んでも最大100GBまで使える
  • 契約期間をなしにできるオプションあり

Air-WiFiの公式サイトを見る

短期で大容量使うなら「グローバルモバイル」

サービス名 グローバルモバイル
レンタル期間 1日~
料金(税込) 490円/日~
6,000円/月~
データ容量 無制限
事務手数料(税込) 0円
端末代金 0円

グローバルモバイルでは4Gと4G LTEの2つを利用する高速通信に対応した、SoftBankの人気モデルをレンタルできます。マンスリープランの月額料金は少々高めですが、2~3日などの短期間なら費用もそれほどかからずおすすめです。

出張先でデータの送信が必要など、短期間で大容量を使う方にぴったりのサービスでしょう。

グローバルモバイルのおすすめポイント
  • 4G LTEによる高速での大容量通信が可能
  • 大容量バッテリーを搭載した端末をレンタルできる
  • 下り最大988Mbps対応の端末には10台接できる

 

お試し利用ができる「GMOとくとくBB WiMAX」

サービス名 GMOとくとくBB WiMAX
レンタル期間 1か月~
料金(税込) 4,950円/月
データ容量 無制限
事務手数料(税込) 3,300円
端末代金 0円

GMOとくとくBB WiMAXは契約期間に縛りがなく1か月単位でやめられるので、お試しや短期間の利用に向いたレンタルサービスです。1日あたりの利用料金は約165円であり、データ容量が無制限のプランとしては低価格でしょう。

また平日の15:30までに申し込めば即日発送してもらえるため、端末が手元に届くまでの期間も短めです。

GMOとくとくBB WiMAXのおすすめポイント
  • 1日あたり165円でWiMAXを利用できる
  • 縛りなしでいつでも違約金0円で解約できる
  • 最短即日で発送してもらえるからすぐに使い始められる

1ヶ月単位の無制限通信におすすめのポケットWiFi

おすすめのポケットWiFiレンタルとして6つのサービスを紹介しました。それぞれのサービスによってレンタル期間やデータ容量に大きな差があります。

紹介した中でも特におすすめなのが、1日単位でレンタルできデータ容量も無制限のWiFiレンタルどっとこむです。

WiFiレンタルどっとこむの利用がおすすめな方
  • 出張や旅先での利用を考えている
  • レンタル期間中にデータ容量が不足しないか心配
  • 1か月ほどのワーケーションでの利用を予定している

WiFiレンタルどっとこむでは旅先での利用が想定されており、端末の受取先として国内の空港やコンビニ、宿泊先を指定できます。またデータ容量が無制限の端末も多く、容量が不足して通信できなくなる心配もありません

WiFiレンタルどっとこむの公式サイトを見る

ポケットWiFiレンタルのメリット

ポケットWiFiレンタルは端末が手元に届けばすぐに使い始めらるので、固定回線を契約するのと比べて気軽に利用できるのが魅力です。

ポケットWiFiをレンタルするメリットには以下の3つがあります。

  • 必要な期間分だけ利用できる
  • 端末の購入代金が必要ない
  • 工事不要でどこでも利用できる

それぞれの項目を詳しく見てみましょう。

必要な期間分だけ利用できる

ポケットWiFiのレンタルは最短1日から可能であり、必要な期間分だけ利用できるのがメリットです。レンタル会社によっては1泊2日や5泊6日など、細かい期間に対応しているところもあります。

「旅行中の3日間だけポケットWiFiを使いたい」「急な入院が決まったからすぐに使い始められる通信回線を探している」などのニーズにも、ポケットWiFiレンタルなら応えてくれるでしょう。

端末の購入代金が必要ない

ポケットWiFiレンタルでは端末料金が0円であり、月額料金に端末・回線の使用料金が含まれています。

通常のポケットWiFiを契約すると回線の使用量に加えて、端末の購入代金が必要です。例えばBIGLOBE WiMAX 2+の場合、端末の購入代金は21,120円(税込)となっています。

しかしレンタルなら端末を購入する必要がなく、余計な費用をかけずにポケットWiFiの利用が可能です。

工事不要でどこでも利用できる

ポケットWiFiは工事不要でどこでも利用できるのが魅力です。

固定回線を契約する場合には工事が必須であり、利用開始までに時間がかかります。しかしポケットWiFiは端末が手元に届くと、電源を入れるだけですぐに利用が可能です。

また端末の対応エリア内であれば、どこにいてもインターネットを利用できます。出張先やリモートワークで通信回線を確保したい方におすすめのサービスです。

ポケットWiFiを利用する際の注意点

利用したい期間だけレンタルできてどこにでも持ち運べる便利なポケットWiFiですが、利用の際にはいくつか注意する必要があります。ポケットWiFi利用の注意点として、以下に3つをまとめました。

  • 端末の破損や紛失があった場合に追加料金が発生する
  • 利用日数とプランが合っていないと高くつく
  • 通信エリアを前もって確認しておいたほうがいい

ポケットWiFiの利用で損をする前に、注意点を確認しておきましょう。

端末の破損や紛失があった場合に追加料金が発生する

レンタルした端末が破損したり紛失・盗難があったりすると、弁済金として追加料金が発生する可能性があります。余計な費用をかけないためにも、端末や付属品の管理をきちんと行うことが大切です。

例えばWiFiレンタルどっとこむの場合、端末の弁済金として40,000円が請求されます。

MEMO
オプションの安心補償サービスに加入していれば、破損や紛失・盗難時にも補償してもらえるため加入しておくと安心です。

利用日数とプランが合っていないと高くつく

ポケットWiFiレンタルは短期間の利用向けプランがほとんどです。このため年単位でレンタルする場合には費用がかさみ、実質的には損をしてしまうこともあります。

レンタルでも月額料金が4,000円以下のプランなら問題ありませんが、6,000円を超える割高なプランもたくさんあります。

MEMO
1ヶ月以内の短期利用ならレンタルを利用し、1年を超えて利用する場合は端末を購入できるサービスでの契約も検討しておきましょう。

通信エリアを前もって確認しておいたほうがいい

ポケットWiFiには端末ごとに通信対応エリアが設定されています。レンタルに申し込む前に希望する端末が利用先に対応しているのかを確認するのも大切です。

ポケットWiFiにはいくつかの回線があり、それぞれの回線には特徴があります。

  • docomo:対応エリアが広く海上でも通信可能
  • SoftBank:都市部は問題ないが山間部は苦手
  • WiMAX 2+:都市部でのカバー率が高い

対応エリアの選択を間違えると、利用中にインターネットが途切れてしまう可能性もあります。持ち運び先で問題なく使えるように、事前に対応エリアを確認しておいてください。

ポケットWiFiレンタルはこんな人におすすめ

ポケットWiFiのレンタルは以下のような方におすすめです。

  • 短期間の利用が決まっている人
  • すぐにインターネットを利用したい人

短期間の利用が決まっている人

ポケットWiFiレンタルは長期の利用に向いていないため、短期間の利用予定がある方におすすめです。

  • 1週間の出張期間に利用したい
  • 引越し先で固定回線が開通するまでのつなぎとして利用する
  • 海外からの一時帰国の際に利用する
  • 3週間のワーケーションを予定しており、仕事用の回線を確保したい

このようにポケットWiFiレンタルは1日からや月単位での利用に適しています。

長期でのレンタルも可能であり、長期間向けの割引を提供するレンタル会社もありますが、基本的には短期間の利用がおすすめです。

MEMO
1年を超えて利用する予定がある場合には、BIGLOBE WiMAX 2+のように1年単位で契約できるポケットWiFiを検討しましょう。

すぐにインターネットを利用したい人

ポケットWiFiレンタルは端末が手元に届き次第使い始められるので、すぐにインターネットを利用したい方におすすめです。

一般的に固定回線を契約する場合、以下の手順で利用を開始できます。

  1. 回線への申し込みを行う
  2. 開通工事の日程を決める
  3. 開通工事を実施
  4. インターネットの利用を開始

引っ越しなどが多い春先には工事まで2か月以上待つことも珍しくはありません。しかしポケットWiFiではレンタルした端末の電源をONにするだけで利用を始められます。

またレンタル会社によっては、平日の15:30までなど定められた時間までに申し込むことで端末の即日発送も可能です。

「できるだけ早くインターネットを利用したい」という方にこそ、ポケットWiFiのレンタルが適しています。

ポケットWiFiをレンタルするまでの流れ

ポケットWiFiのレンタルは以下の流れで利用できます。

手順1
申し込み
ポケットWiFiレンタルはWebから申し込むのが一般的です。レンタル期間や端末、プランを選択した後、契約者情報を入力して申し込みを行いましょう。
手順2
端末の受け取り
レンタル会社によっては即日発送に対応しており、最短1日で端末が手元に届きます。自宅以外に国内の空港やコンビニ、宿泊施設も受取先として指定できるので、予定に合わせて選択してください。
手順3
ポケットWiFiの利用
端末の電源をONにしたらポケットWiFiの利用開始です。PCやスマートフォンのWiFiをONにして、契約書に記載されたパスワードを入力するだけでインターネットに接続できます。
手順4
利用期間の終了後に返送
レンタル期間が終了したら返送用キットで端末を返却します。充電用ケーブルやモバイルバッテリーなどの付属品を返却し忘れると弁済金が発生するので、返却漏れがないように注意しておきましょう。

ポケットWiFiはWebから申し込むだけで簡単にレンタルできます。レンタル終了後は期日までに返却がないと延滞金が発生するため、すみやかに返却するように注意してください。

コンビニや空港でも受け取り可能

レンタルした端末は国内のコンビニや空港を受取先に指定できます。旅行や出張、また海外からの一時帰国の際に利用する方が多いため、どこにいても受け取りやすいように配慮されているのも嬉しいポイントです。

特にコンビニを受取先に指定すると、24時間いつでも利用できて便利です。帰りが遅く宅配を受け取れない方や外出先で受け取りたい方に適しています。

注意
空港やコンビニを受取先に選ぶ場合は、受取手数料が発生する可能性もあるので事前に確認しておきましょう。

ポケットWiFiレンタルの期間別おすすめまとめ

利用期間が決まっているのであれば、1日単位から気軽に使えるポケットWiFiレンタルがおすすめです。

ポケットWiFiと言っても利用できる端末やレンタル期間、利用料金はレンタル会社によって異なります。本記事で紹介した6つのサービスの中では、WiFiレンタルどっとこむがおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむであれば1日単位でレンタルでき、データ容量も無制限なので容量の不足を心配せずに使えます。

利用期間や使い方に合ったポケットWiFiをレンタルして、外出先でも快適にインターネットを利用しましょう。

WiFiレンタルどっとこむの公式サイトを見る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *