今より携帯代を大幅に安くする方法とおすすめの格安SIM

そこまで使っていないつもりでも毎月の携帯代が1万円くらいして高い。

普通に大手キャリア(au、docomo、Softbank)で契約して、店員さんに進められるがまま契約してしまうと1万円くらいになってしまうことも。

現代人には必須のスマホ。できることなら安くで使いたい!

そう思った方はとても賢い方です。

格安SIMを使うことで、携帯代を大幅に安くすることが可能になります。

今回は毎月の携帯代を安くする方法とおすすめの格安SIMについてお話していきます。

今回の記事を簡単にまとめると!

  • 外国と比べて日本の携帯代は高すぎる
  • 日本の携帯会社はかなり利益を出している
  • 格安SIMに乗り換えることで大幅に携帯代を安くすることができる
  • 一番おすすめな格安SIMはY!mobile
通信速度が格安SIMで1番速いY!mobile
  • 格安SIM業界で1番通信速度が速い!
  • Softbank回線と自社回線を使っているので大手キャリア並みに速い!
  • 店舗もあるためサポート体制も万全!
  • 音声SIM、データSIMどちらも最低利用期間なし!

\爆速格安SIMで携帯代を安くする!/

Y!mobileはこちら

大手スマホ・iPhoneの月額料金の平均

大手スマホ・iPhoneの月額料金の平均

現在では中学生などの若い年代からお年寄まで多くの方が携帯電話を持っています。

その多くの方は、docomo、Softbank、auのいずれかの携帯会社と契約しているでしょう。

大手キャリアは街中に携帯ショップを構えているので、信頼性があって店員さんが対応してくれるのでどこか安心感がありますよね。

しかし、それにしても「スマホ代・携帯代たかくない?」「携帯料金見直したい、、、」と思っている人は多いです。

それの理由は、携帯ショップを建てる費用や店員さんの人件費、通信設備などの料金も私たちユーザーが分散して払っているからです。

携帯電話の通信料金は、以下の2要素から成り立っています。

  • データプランの料金
  • 通話プラン(基本プラン)の料金

そこで今回は、以下3つのデータ容量に分けて、docomo、Softbank、auの料金を比較しました。

docomoの利用料金平均額

  • 5G以内:6650円
  • 大容量プラン:8000円〜12000円

Softbankの利用料金平均額

  • 5G以内:6700円
  • 大容量プラン:8600〜9600円

auの利用料金平均額

  • 1〜20G以内:6500円
  • 大容量プラン:7000〜11500円

こうしてスマホの料金を見比べてみると3つのキャリアとも通信容量が少ない場合だと4500〜6000円、通信容量が多く定額のプランだと9500〜12000円程度の料金で利用している方がほとんどになると思います。

大手キャリアのスマホには、スマホの知識が乏しい人への安心感を補うような形のビジネスモデルであるということがわかりますね。

なぜ日本の携帯代金は高いの?

なぜ日本の携帯代金は高いの?

皆さんは日本の携帯料金は海外に比べて高いと聞いたことはありませんか?

「日本の携帯料金は高すぎる」との菅官房長官の発言が注目を浴びました。

そこで総務省は、日本の携帯電話の利用料金などを世界6都市間で国際比較した「電気通信サービスに係る内外価格差調査」の平成29年度調査結果を発表しました。

大手キャリアの利用金額はこの6都市間(東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ソウル)の中で東京は最高額でした。

しかし格安SIMの利用料金で比較してみると4位になりました。これはほとんど中間になります。格安SIMだとそれほど高くはない事があります。

日本の携帯会社は儲かりすぎている

以前、菅義偉官房長官が札幌市内で講演を行い、携帯電話の利用料金を今より4割程下げる余地があると話しました。

そこでは多くの携帯会社が多額の利益を上げていることに触れて、競争が働いていないと指摘しました。

そして公正取引委員会とも連携し、値下げに向けた取り組みを強化する考えを示しています。

しかし、同9月に総務省が「電気通信サービスに係る内外価格差調査」という報告書を発表し、日本の携帯電話料金は世界中の他の主要国に比べて割高であることが知られるようになっりました。

docomoの吉沢和弘社長は言葉に出すことはありませんでしたが、今回のdocomoの値下げ発表は携帯電話の利用料金が高額であることへの批判を受けたものであることは明白でしょう。

月々の携帯代を安くするには格安SIMがおすすめ

月々の携帯代を安くするには格安SIMが おすすめ

私たちユーザーには見えにくいコストがかかっている大手キャリア携帯よりも、無駄を省いた格安SIMに切り替えることをおすすめします。

でも、安かろう悪かろうでは意味がないよと思う人もいます。

安いものは品質が悪くなるのは当然と思う人も多いですが、なぜ格安SIMがここまで安いのか、デメリットも合わせて具体的に解説しましょう。

格安SIMが安い理由

  • 携帯ショップの建設費の削減
  • 人件費の削減
  • 通信設備の建設費が必要ない

主にこのような理由で安くで利用することができています。

月々の携帯代を安くするには格安SIMがおすすめ

格安SIMでは大手キャリアの通信設備の一部を借りて運営しているので、大手キャリアが必要とする基地局、収容局の維持、メンテナンスなどにかかる莫大な費用が不要です。

さらに全国的にどこにでもある携帯ショップを構える必要がありません。

格安SIMの多くはインターネットを介したページで見積から契約まで、人と相談する行為が不要で完結されることが多いため、人件費と携帯ショップの固定費が不要になります。

これだけでも相当な規模の金額が削減できていることがわかると思います。

通信速度が遅くなる事がある

格安SIM最大のデメリットは通信速度です。

格安SIMはキャリアの回線を借りている事で通信・通話サービスを提供しています。

月々の携帯代を安くするには格安SIMがおすすめ

大手キャリアの回線を一部借りているので、格安SIMによっては混みやすく不安定な場合があります。

特に平日が速度が遅くなりやすく、みんなが使う時間は遅くなる傾向にあります。

一方で「速度が速い」と評判の格安SIMもあります。

大手キャリアから回線を多く借りている格安SIMは、ユーザーのデータ通信による渋滞が緩和されることになるので、回線速度を速くできるという利点があります。

キャリアメール・キャリア決済が使えない

普段使っている「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などの携帯電話会社の公式メールですが、格安SIMに替えることによって使うことができなくなります。

しかし、キャリアメールを使わなくてもGmailやYahoo!メールなどのフリーメールだったり、LINEなどのサービスを利用すればキャリアメールは必ずしも必要ではなくなっています。

キャリア決済は、有料アプリをダウンロードしたときやゲーム内の課金、音楽をダウンロードしたときなどに、その料金を毎月のスマホ利用料と合わせて支払えるサービスですが、格安SIM・格安スマホではこのサービスを使う事ができません。

メールや決済をキャリアに依存していた人はなかなか移行ができなかったりしますが、ユーザーを格安SIMや他キャリアに逃がしまいと大手キャリアが行っている戦略の1つです。

So-net(ソネット)光プラスの料金を確認!他社と比べてお得かどうかを解説So-net(ソネット)光プラスの料金を確認!他社と比べてお得かどうかを解説

他に携帯代を安くする方法は?

他に携帯代を安くする方法は?

格安SIMに移行することで確実に毎月の携帯代を安くできるのですが、格安SIMに乗り換えないで携帯料金を安くしたいと言う方もいると思います。

そこで格安SIMの他に携帯の月額を削減する方法を挙げてていきたいと思います。

月々のスマホ代を減らすための手法は大きく分けて4つあります。

  • 通信料を減らす(月額削減金額:3,000円程度)
  • 通話料金を抑える(月額削減金額:500円~1,500円程度)
  • オプション料金を減らす(月額削減金額:1,000円程度)
  • 端末代金を抑える(月額削減金額:1,000円~3,000円程度)

オプション料金は確認してみると案外必要ないと思うものまで支払っている事がよくあります。

いらないオプションサービスを外す事で、毎月数百円から数千円ほどの節約が可能です。

また、ゲームなどに課金している場合はそれらを我慢することも節約のカギとなるでしょう。

Wi-Fiを利用する

データプランを変更する方法と合わせて行うとより強力なのが、Wi-Fi通信を積極的に利用するというものです。

公共Wi-Fiの電波や各キャリアが用意しているWi-Fiスポットを積極的に利用することで、データ量が少ないプランに変更しても無理なくデータ量を消費せずにインターネットが楽しめます。

各キャリアが用意しているWi-Fiスポットは、事前に各キャリアに対して申し込みを行うことで利用できるようになります。

また、 公共のWi-Fiを利用する場合はセキュリティの問題が生じてくる場合があるので注意が必要です。

今使っている携帯の料金プランを変更する

データ通信料のプランを見直し自分に必要な量以下のプランに変更する事で月々のスマホ代を安くする事ができます。

通話をよくする人は掛け放題のプランを利用することをお勧めします。

掛け放題のプランは定額です。1度も通話しなくても料金が発生します。

しっかり自分が通話をする頻度を確認してみましょう。また、LINEやSkypeといった無料通話のできるアプリを活用し通話料金を減らすのも1つの策でしょう。

契約時の時からスマホのオプションについて確認していない方は1度店舗に行って確認しているといいでしょう。

案外必要のないオプションがついていたりします。

他にも携帯が1度も壊れた事がなく、保証に入っている方も余裕があるのであれば外してもいいと思います。

通信制限になり遅くなるたびにデータ容量を追加購入していたら意味がなくなるので自分にあったプランを選びましょう。

端末代金を安くする

携帯の端末代金は自分の妥協によって抑える事ができます。

皆さんの多くがiPhoneを利用していると思いますが、機種にこだわりのない人は格安スマホにして端末代金を抑えることをお勧めします。

iPhoneの最新機種はモデルや容量にもよりますが70,000円~130,000円程度はかかります。

それに対して、HUAWEI、ASUSなどが提供している格安スマホの場合には20,000円~40,000円程度で機種購入が可能です。この金額の差はとても大きいものだと思います。

それでもなおiPhoneが良いという方は最新機種ではなく前のモデルのiPhoneにするかメルカリなどのフリマアプリで安くで購入すると少しは安く抑える事ができるかもしれません。

ただし、 「どうしても最新のiPhoneが欲しい」と考えている方はここでの節約は難しいものでしょう

携帯代金を安くすることに関するQ&A

携帯代金を安くすることに関するQ&A

Q:解約金の関係でどうしても大手キャリアから離れられない

A:結構この意見は多いようです。

解約金は大手キャリアが2年縛りを設けて他キャリアや格安SIMに移行させないためのものです。

解約金は数千円~数万円かかるケースがほとんどですが、解約金を払っても格安SIMの方が実質的にはお得になることが多いです。

例えばSoftbankの場合は解約金が9500円です。

格安SIMに移行すれば毎月の携帯代が同じプランで4000円ほど安くなるとします。

すると、3か月目からは格安SIMの方が安くなり、大手キャリアの契約が3か月以上残っている場合はお得になります。

格安SIMに乗り換えることで大手キャリアと同じサービスで4000円安くなることは案外普通で、見積やシミュレーションは無料なのでやってみるとわかります。

Q:電話番号が引き継げるのですか?

A:電話番号が変わることを懸念されているのですね。

普通に格安SIMを契約すると電話番号は新しいのもが付与されますが、しっかりと手続きをすれば電話番号の引き継ぎも格安SIMでできます。

MNPと呼ばれるもので、案外簡単に手続きはできます。

格安SIMを契約する前に行わなければなりません。

不明な点は大手キャリアに問い合わせてみましょう。

Q:格安SIMは端末とセットで買った方がいいのか?

A:格安SIMを提供している会社の中には端末とセットで販売しているところもあります。

セットで購入することで割引もあったりと普通に購入するよりも安いケースもあってお得です。

格安SIMでは動作しない端末もあったりしますが、セットで購入すると端末の動作の確認が取れているものを購入することができるので安心です。

さらに、格安SIMの会社で端末を購入することで大手キャリアのように分割払いができたりします。

格安SIMを購入することで、端末を新たに用意しなければならない場合はセットで購入する方がいいかもしれません。

自分で用意した方が安い場合でも、後々のトラブルが避けられるので、多少高くても格安SIMの会社で端末を用意できるならしておいた方が確実です。

格安SIMに乗り換える際の注意点

格安SIMに乗り換える際の注意点

格安SIMに乗り換えたい場合には注意点があります。

SIMロックとは

SIMロックという大手キャリア3社は購入された端末が、他のキャリアで使えないようにするためのロックをかけています。

例を挙げると、docomoで契約したスマートフォンやiPhoneにSoftbankのSIMを挿しても動作しないようになっています。

逆に同じdocomoで契約した端末ならば同じdocomo回線を利用するSIMならば動作させることができます。

格安SIMに乗り換える際の注意点

もし、格安SIMに乗り換える際にdocomoで契約した端末をSoftbankの格安SIMで使いたいとしたときに、通常では使えないことになってしまいますから、このSIMロックの解除をする必要があります。

SIMロックの解除は大手キャリアに相談することで3000円程度でしてくれます。

格安SIMに乗り換える際の注意点

海外ではこのSIMロックは採用しておらず、どのキャリアでも使うことができます。

最近ではSIMロックが元々かかっていないSIMフリースマホという端末もあるので、それを購入すれば回線のことは気にせず格安SIMの契約が可能です。

iPhoneの場合は直接applestoreで購入するとSIMフリーのiPhoneが手に入ります。

携帯代を安くできるおすすめの格安SIM3選

携帯代を安くできるおすすめの格安SIM3選

格安SIMには回線速度が遅くなる可能性があるデメリットを上記で解説しました。

今回は回線速度が速く、自信を持っておすすめできる格安SIMを当サイトで厳選しました。

Y!mobile:

Y!mobileはSoftbankと自社回線を使っており、格安SIMの中で一番通信速度が速いと有名な格安SIMです。

 

学割では親子共に安くなるキャンペーンを開催しており、こちらも18歳以下に対象のキャンペーンとなっています。

学割を適応させることで以下のような料金になります。

一番キャンペーンが充実している格安SIM比較ランキング3

7か月目まではプランM、プランR共に2,200円安くなるのでかなり安くなっています。

さらにY!mobileでは60歳以上の方には通話料無料のキャンペーンも行っており、高齢の方でもお得に格安SIMを使うことができます。

こちらのY!mobileは格安SIMでは珍しいSoftbank回線と独自回線を利用しています。

格安SIMは通信速度がどうしても遅くなりがちですが、独自回線を利用していることもあり、通信速度にはとても期待できる格安SIMとなっています。

他の格安SIMよりも値段的には少し高くなってしまいますが、それ以上のメリットがあるのもこのY!mobileです。

朝の通勤ラッシュや昼休憩などの混雑時にも安定した回線速度をほこっており、他の格安SIMはないメリットがあります。

かけ放題オプションも充実しており、Y!mobileは1500円のオプションで電話が無制限で使うことができます。

注意が必要なのは、Softbank回線も使っていますがSIMロックの解除はSoftbank端末でも必須なようです。

Y!mobileの料金プラン

Y!mobileの料金は下記になります。

一番キャンペーンが充実している格安SIM比較ランキング3

他の格安SIMに比べて費用的には若干お高めですが、割引等も充実しているのもこの格安SIMのいいところ。

混雑時にイライラしたくない、安定した回線速度がいい方はY!mobileを使うことをおすすめします。

口コミも結構よくて、広い範囲で安定した回線速度が期待できるでしょう。

Y!mobileの公式ページ

https://www.ymobile.jp/

イオンモバイル:プランが多くてでau、docomoの2つの回線を用意している

携帯代を安くできるおすすめの格安SIM3選

大手ショッピングモールのイオンが提供しているサービスです。

イオンモバイルはプランがとても豊富です。

1G~50Gまで細かいプランで分かれており、ユーザーの使い方によってプランを分けられるメリットがあります。

auとdocomo回線どちらにも対応しているところも嬉しいですね。

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは以下のようになっています。

データ専用SIMプラン
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1480円
データ8GBプラン 1980円
データ12GBプラン 2680円
データ20GBプラン 3980円
データ30GBプラン 4980円
データ40GBプラン 6480円
データ50GBプラン 8480円
音声通話SIMプラン
音声500MBプラン 1130円
音声1GBプラン 1280円
音声2GBプラン 1380円
音声4GBプラン 1580円
音声6GBプラン 1980円
音声8GBプラン 2680円
音声12GBプラン 3280円
音声20GBプラン 4680円
音声30GBプラン 5680円
音声40GBプラン 6980円
音声50GBプラン 8980円

回線速度も申し分なく速いようです。

auかdocomoのスマホをそのまま使いたい人はイオンモバイルを選ぶとよいでしょう。

イオンモバイルの公式ページ

https://aeonmobile.jp/

BIGLOBE モバイル:youtubeなどのエンタメがデータフリーになる

携帯代を安くできるおすすめの格安SIM3選

回線速度も割と速く、安定しているのがこのBIGLOBE モバイル。

プランが豊富で幅広いユーザーに活用されています。

回線もauとdocomoから選べるので便利です。

エンタメフリーオプションが付けられるので、高速回線でyoutubeなどのエンタメがデータ容量の消費なしで見ることができるところもメリットです。

BIGLOBE モバイルの料金プラン

BIGLOBE モバイルの料金プランは以下のようになっています。

携帯代を安くできるおすすめの格安SIM3選

au回線を選ぶ場合はSMSオプションが最初から入っています。

docomo回線の場合はSMSありかなしで選べます。

SMSありの方は月額料金が120円高く設定されています。

都会の方でも高速回線であることが口コミで広がっているので大手キャリアの回線のキャパを広くとっているのかもしれません。

ユーザーが増えて過密してしまう前に契約しておくのもありだと思います。

エンタメフリーオプション

以下様々なサービスを利用したときにデータ容量が消費されないメリットがあります。

動画配信 YouTube
AbemaTV
U-NEXT
YouTube Kids
音楽・ラジオ配信 Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spoti
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
電子書籍配信 dマガジン
dブック
その他のアプリ Facebook Messenger

例えばyoutubeを外でよく見る人にはエンタメオプションを付けることで、youtubeで使用された分のデータ容量は消費されないので、BIGLOBE モバイルの最低容量である3GBプランを契約したとしても無制限に上記のサービスを利用することができます。

エンタメフリーオプションの価格は下記のようになっています。

携帯代を安くできるおすすめの格安SIM3選

 

BIGLOBE公式ページ

https://www.biglobe.ne.jp/

この3つが利用される方の評判も良くオススメです。

次に格安SIMを決めきる前にまずは下記の3つのことを決めておきましょう。

  • 電話機能をつけるか
  • どれくらいのデータ容量が欲しいか
  • 何のサービスを多く使うか

電話機能をつけるか

携帯代を安くできるおすすめの格安SIM3選

格安SIMの中には「音声通話SIM」と「データ専用SIM」の2種類があります。

音声通話機能は電話ができるかどうかの違いです。

全く電話をかけず、必要な電話がかかってこない人は音声通話SIMでいいでしょう。

LINEやSkypeなどネット回線を介しての無料通話のみを利用する方は、データ専用SIMを選びましょう。

データ専用SIMは、子供用のスマホや2台目の携帯、iPad、タブレット用に導入する人が多いです。

どの程度のデータ容量が欲しいか

格安SIMはたくさんのプランの中から選ぶことができるので、なるべくあなたの使う容量ギリギリのプランを選んだほうがお得です。

大手キャリアごとに実際に使っているデータ容量がわかるので、どれくらい必要かチェックしましょう。

変更も容易にできますので、まずは少なめで契約することをおすすめします。

何のサービスを使うか

データ容量をyoutubeが主に消費しているのならBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを付けることで、大幅に節約が可能になります。

よく使うサービスを意識して契約を行うことで、無駄に大きなプランを契約してお金を払う必要がなくなります。

まとめ:今より携帯代金を大幅に安くする方法

携帯電話はビジネスやプライベートにおいて無くてはならない必須アイテムです。

毎月の利用料も長い目で見るとかなり大きな金額になります。

自分のプランを把握していなくて店員さんの言われるがままに契約している方も1度プランの見直しをしてみましょう。

機種にこだわりがなくとにかくスマホ代を安くしたい!という方は、思い切って格安SIMに乗り換えることで月々の使用料金を大幅に節約することが可能です。

スマホ代を節約し、その分のお金を有意義に使ってみましょう。

今回の内容をまとめると、

  • 携帯代は格安SIMを採用することで格段に安くできる
  • 大手キャリアは利用料金が高すぎる
  • 一番おすすめな格安SIMはUQモバイル
  • youtubeなどのエンタメでデータ容量を消費するならBIGLOBEモバイル
当サイト厳選通信速度が速く、コスパが良い格安SIM

データ専用SIMおすすめ

イオンモバイル【docomo,au】:https://aeonmobile.jp/

BIGLOBEモバイル【docomo,au】:https://www.biglobe.ne.jp/

音声通話SIMおすすめ

Y!mobile【Softbank,自社回線】:https://www.ymobile.jp/

UQモバイル【au】:https://www.uqwimax.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *