iPhone復元しても電話帳とか消えないので安心:iPhone専用のメールアドレス「@i.softbank.jp」のパスワードがわからなくなったら。

写真素材 PIXTA
(c) HIROAKI MURAYAMA写真素材 PIXTA

先日、iPhoneが壊れてAppleStoreで交換してもらったentrypostmanです。

iPhoneを交換した際に、当然itunesでバックアップをあらかじめ取っておき、新iPhoneで復元するわけですが、その際に一番困ったのはiPhone専用のメールアドレスである「@i.softbank.jp」のパスワードが復元されないことでした。


メールのパスワード以外は復元で問題なくデータが元通りになります。

復元で元通りになるデータは、
写真データ(当然ですが。)
電話帳(当然ですが。)
・電話履歴含む電話関連のデータすべて
・SMS(意外にもショートメッセージもすべて復元するぞ。)
・各種サファリのブックマーク、ホーム画面に設定しているブックマークなど。
・メモ帳の中身(基本で入っているメモ帳を実は使いまくっているentrypostomanだよ)
・時計のアラーム設定(翌日目覚ましがならずに起きれないってことはないので安心してね。)
・アプリすべて。
(ただし開発関係の人はiPhoneの識別子が代わってしまうので、デバック用でインストールしていたアプリは入りません。識別子を新しく登録しないといけないのですね。面倒くさいけどしょうがない。)
・アプリ:Baseball SuperStars の選手データ(数百時間かけている野球ゲームの育成データが消えてなくて安心したよ。これが一番うれしかった。)
などが元通りになります。

要するに復元すればiPhoneはほぼ元通りになります。

メールアドレスの設定を除けば・・・

(itunesでバックアップするとアプリとか音楽はバックアップされている感じがしますけど、「電話帳ってバックアップされてるの?」とか「サファリの設定は?」とか「SMSは?アラーム設定は?」と不安になりますよね。AppleStoreの人も、itunesでバックアップ範囲がわかりにくいのはそうですね、と一緒にうなづいていました。)

私はiPhoneで、
・@i.softbank.jp
・@gmail.com
を受信しています。

これらですが、メールアドレスのアカウントは設定で残っているのですが、パスワードが消えます。

要するに、復元したあとのiPhoneではメールが受信できません。
パスワードの再設定が必要なわけです。

ちなみにメールの設定は、設定⇒メール/連絡先/カレンダー⇒各メールアカウントの設定からできます。

gmailの方はパスワードをパソコンでも打ちなれているのですぐ思い出せたのですが、どうしても@i.softbank.jpのメールアドレスが思い出せません。

で、マイソフトバンクとか、多くのページを調べること30分以上、どこにもパスワードの設定画面がないのです。
パスワードを忘れました、というリマインダーページすらない。

で、近くのソフトバンクショップへ行って聞いて見ました。

ソフトバンクショップの店員さんとのやり取りはこちら。

ME「@i.softbank.jpのパスワードを再設定したいのですが、どこにも再設定できるところがないのですが・・・」

店員さん「はい。ありません。どこにも設定する場所はないんです。」

ME「えっ(戸惑い気味)。どうしたらいいんですか?」

店員さん「お電話お貸ししますので、ソフトバンクモバイルのサポートセンターに電話して再設定してもらってください。」

ME「それはネットじゃ設定できないってことですか?」

店員さん「はい。@i.softbank.jpのパスワードは銀行のパスワードと同じ考え方で運用されていますので。あと、電話でパスワードの再設定の申請をしてもらったら、後日郵送でパスワードが届きます。」

ME「!!!!!!!」

なんと、@i.softbank.jpのメールアドレス、パスワードを再設定する場合は、郵送対応なんです。
なんて面倒くさくて、なんて手間なんだ・・・

なお、初期のパスワードは契約時にもらう紙に記載されています。

私はパスワードの変更をした覚えがあいまいだったので、なんとか家でダンボールあけまくって契約時にもらった紙を見つけ出し、パスワードを設定しました(本当はよくないのですが、パスワードを変更していなくてよかった・・・と思いました。)

いつなんどきiPhoneが壊れるかわかりません。
復元してもメールアドレスのパスワードまでは復元されません。

注意点としては、
・契約時のパスワードが記載された紙を大切に持っておく。
・パスワードを変更して、それを絶対に忘れない。
と言うことです。

パスワードが本当にわからなくなった場合は、なかなかつながらないサポートセンターに電話して、膨大な時間を取られ、かつ、後日郵送されてくる新規パスワードの紙を待つ、ということになります。

そうならないためにも、iPhoneが壊れないと過信せずに、いつ復元することになっても問題ないようにパスワードだけはしっかり覚えておきましょう!

追記:
コメントいただきました。

ソフトバンクから最初にSMSでアドレスとかパスワードが送られてきてませんでした?
ショートメッセージが保存されているならそれで確認できると思うのですが。

これをすっかり忘れていました。
その通りなんです。
SMSの「157」から送られてくるメッセージを残している人はそこから初期のパスワードを確認できます。

私は「157とかなんねそれ」と思って削除していました。
なのでパスワードが書かれた紙を探すという必要があったのです。

パスワードを変更していない場合、SMSの157をチェック!が「@i.softbank.jp」のパスワードを紛失した際の一番の解決方法ですね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!