Appleの開発者向けサイトに不正侵入の可能性。一般ユーザーの被害なし。

AppBank の主任です。

Apple が、開発者向けサイト「Apple Developer」に不正アクセスされた可能性があることを発表しました。被害拡大を防ぐため、該当するウェブサイトは閉鎖されています。

TechCrunch によれば、iCloud・App Store・iTunes Store などを利用している、一般ユーザーの Apple ID への不正アクセスは行われていません。

Apple


今回の不正アクセスにより、開発者が登録している名前・住所・メールアドレスの情報にアクセスされた可能性があります。

TechCrunch が Apple の担当者から聞いた話によれば、開発者が登録しているクレジットカードのデータにはアクセスされていません。

さらに現在閉鎖されている、開発者向けウェブサイトの復旧時期は未定です。

再発防止に向け、Apple は開発者向けウェブサイトを全体的に見直し、サーバのプログラムのアップデート・データベースの再構築を行っています。

閉鎖中にメンバーシップの期限が切れるアカウントについて

ウェブサイトの閉鎖中に、iOS Developer Program や Mac Developer Program などのメンバーシップが期限切れになるアカウントへの対応も発表されています。

該当するアカウントの期限を自動的に延長し、App Store/Mac App Store で公開・販売中のアプリもそのまま残るとしています。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ