【iOS 13】『iPhone SE』以降の機種で3D touchのショートカットが利用可能に。Haptic Touchで

『iOS 13』から、『iPhone SE』などの3D touchに対応していない機種でもショートカットが利用可能になるようです。

長押し→離すでショートカットが利用可能


米メディア『9to5Mac』によると、『iOS 13』では3D touchで提供されているピーク・アンド・ポップやアプリのクイックアクションが長押しで利用できるようになるとのことです。

TwitterユーザーのLorenzo Lenti氏が、実際に使っている様子を動画で公開しています。

動画を見るかぎりでは、長押しをしたあと指を離すことで3D touchと同じような動きをするようです。

新型『iPhone』からは3D touchが削除されてHaptic Touchになるとの話があり、3D touchなしでどのようにショートカットを再現するのかわかっていませんでしたが、この方法であればアプリの移動とショートカットを両立させられますね。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「9to5Mac」より

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ