新型コロナウイルス接触確認機能をデフォルト搭載する『iOS 13.7』リリース!

Appleが最新iOS『iOS 13.7』の配信を開始しました。

新型コロナウイルス接触確認機能をデフォルト搭載


AppleはiPhone向けの最新iOS『iOS 13.7』を9月2日に配信しました。

『iOS 13.7』では、新型コロナウイルス接触確認アプリをダウンロードすることなく接触確認のログ記録を利用できるようになります。

『iOS 13.7』で使える【接触通知】

『iOS 13.7』をインストールすると、『設定』アプリに【接触通知】メニューが追加されます。


ここから【接触通知】をオンにできます。


自分の住んでいる国を選択したら


設定完了です。


これだけで接触のログが記録されます。


接触のログは【使用中】をタップすると確認できます。


接触確認アプリ『COCOA』のインストールは必要

「ついに接触確認機能がデフォルト搭載か!」と思われるかもしれませんが、『iOS 13.7』では接触のログの記録が搭載されるだけであり、接触確認アプリ『COCOA』は別にインストールが必要です。


なぜなら【COVID-19診断を共有】をタップしても


同意画面が表示されるだけだからです。


これがバグなのか、標準の仕様なのかはわかりませんが、接触のプッシュ通知を受け取りたい場合や、陽性者登録をする場合は『COCOA』が必要です。
新型コロナウイルス接触確認アプリ『COCOA』レビュー! 使い方を画像つきで解説。

『iOS 13.7』のアップデート文章の内容は『iOS 13.4』と『iOS 13』

ちなみに『iOS 13.7』のアップデート文章には誤りがあり、最初の説明文は『iOS 13.4』時のものです。



そして詳しい説明文は『iOS 13』のときのものです。


正しい情報は英語でチェックするとわかります。


今回のアップデートでは新型コロナウイルス接触確認機能の追加のみが行われています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!