画面を守る! iPhoneXR専用おすすめ保護フィルム15選!

今や生活必需品になったiPhone。常に持ち歩くので、傷や汚れがついてしまいがち。万が一落としてしまうと、画面が割れてしまうかもしれません。そんな不安を解消してくれるのが、画面保護フィルム。画面に貼り付けて使用すれば、傷や衝撃から画面をしっかり保護してくれます。

端末を保護する以外にも、指滑りを良くしたり反射を防止するなどの機能も搭載。用途に合わせて選べば、今よりももっと便利にiPhoneを使用できますよね。

今回はそんな保護フィルムの選び方とオススメ商品15選をお届け。これさえ読めば、あなたに合った保護フィルムを選べること間違いなしです!


画面を守る保護フィルム

画面を守る保護フィルム


出典:Spigen

スマホの中でも高価なiPhoneXR。せっかくの美しいディスプレイですから、綺麗なまま使い続けたいですよね。しかし色々な所へ持ち運ぶiPhone。カバンやポケットに擦れて傷がついてしまったり、手が滑って地面に落下してしまうこともあるかもしれません。そんなときに便利なのが、保護フィルム。画面に張っておけば傷から保護してくれます。落下の衝撃に耐えられるよう、ガラスを使用したフィルムもあるので要チェック。

保護フィルムの選び方は?

保護フィルムといってもその種類は様々。プラスチックの素材やガラス素材、ブルーライトカットや耐衝撃、中にはプライバシー保護機能があるものまで。そんな豊富に種類があると、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。そこでこの記事では保護フィルムの素材や機能を解説!これさえ読めば自分に合った保護フィルムを選べること間違いなしです。

保護フィルムの選び方は?


出典:Spigen

保護フィルムの素材

保護フィルムには大きく分けて2種類の素材が使用されています。一つ目はペットボトルなどにも使用されるPET素材。弾力があり薄いことが特徴です。二つ目はガラス素材。透明度が高く、とても硬質。2つの素材を合わせたハイブリットフィルムもあるんです。それぞれの素材ごとにメリットとデメリットを徹底解説いたします!

保護フィルムの素材


出典:Spigen

PET素材

プラスチックの一種で、ペットボトルなどにも使用されている素材。弾力があり柔らかく、傷や擦れから画面を保護してくれます。薄くできることも特徴で、iPhoneの操作感を損なわず快適。値段もガラスフィルムに比べ安く、汚れたら手軽に買い換えられることもメリット。

一方で画面への衝撃には弱く、落下した場合画面が割れてしまう可能性も。主に生活の中での傷や擦れから保護するために使用されます。

ガラス素材

iPhoneの画面にも使用されているガラス素材。とても固く頑丈で、傷や擦れだけでなく、落下の衝撃にも強いです。ガラスならではの透明度の高さも魅力の一つ。iPhoneの美しい液晶を損なわずに使用できます。

デメリットは値段が高価なことと、フィルム自体が割れてしまうことがある事。PET素材に比べ値段が比較的高価ですし、衝撃が加われば割れてしまいます。その為一度端末を保護したら、買い替えが必要になるなど多少コストは高めになるフィルムです。

保護フィルムの機能

保護フィルムには画面を守るという基本的な機能以外にも、様々な機能が施されています。中でも代表的な光沢・非光沢加工や、指滑り、ブルーライトカット、プライバシー保護などを解説。iPhoneを使う環境に合わせて選べば、快適に利用可能!自分が使用する環境を思い浮かべながら読んでみてくださいね。

保護フィルムの機能


出典:Amazon

光沢・非光沢加工

光沢・非光沢加工は、フィルムが光を反射するかどうかを表す加工です。光沢加工であれば、透明度が高く光を反射し、液晶を綺麗に見せる効果があります。しかし、太陽の下など明るい場所で使用すると映り込みが激しく、見づらいと感じることもあるので要注意。非光沢加工は光を反射せず、映り込みが少ないです。明るいところで使用しても反射が少ないので、液晶が見やすい!一方で光沢フィルムよりも液晶がぼやけて見えるので、美しさを重視したいという方は光沢タイプがオススメ。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!