火星の「青い石」は生命の痕跡? NASAが探査機で発見

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

NASAの火星探査機ローバーが火星で大量の青い宝石を発見しました。この発見は、火星に生命体がいた可能性を示す重要なものです。

関連:「核戦争をUFOが止めた、エイリアンは実在する」元宇宙飛行士が証言

*Category:テクノロジー Technology *Source:vice,wikiepdia

目次

火星で発見された「大量のオパール」が示す新たな可能性


火星で発見された宝石は「オパール」。この青い宝石は、これまでにもNASAの探査機が遠くから発見し、地球に降り注いだ火星隕石からも確認されていました。そして、ついに米国地質調査所の研究員トラヴィス・ガブリエル氏が率いるチームが、探査機ローバーで火星表面のオパール鉱床を発見したのです。

ガブリエル氏は、これらのオパールが「最近の火星の地質学的歴史における広大な流体現象」で形成され、従来の想定よりも長い期間火星を居住可能にし、宝石の中に微生物生命が保存されている可能性があると述べています。つまり、火星にオパールがあるということは「生命が存在していた」可能性を示しているということです。


また、オパールの成分には最大20%もの水分が含まれています。そのため、水の氷が極地よりもはるかに少ない火星の赤道付近で、人類の水分補給源としてオパールが活用される可能性があります。

さらに、ガブリエル氏は「オパールを生成した水の豊富な地下ネットワークは、現代の厳しい表面条件から保護され、より新しい時代の火星の潜在的な居住環境を可能にする」とも述べています。


研究チームは、複数の場所で「フラクチャーハロー」と呼ばれる明るい色の亀裂帯にオパールが存在することを確認しています。探査機は、これらのフラクチャーハローに水を多く含むオパールが豊富に埋蔵されているという観測結果を示しています。

今回、発見されたオパール鉱床は、おそらく火星の他の地域にも広がっているとガブリエル氏は考えています。研究チームは、長さ1メートルの範囲から約7リットルの水を採取できると推定しており、宇宙飛行士は地球外のオパールの力を借りて、喉の渇きを癒すことができる可能性があるとのことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次