iPhone 3Gがアメリカで2番目に売れている携帯電話端末になったそうです。

AppleInsider | iPhone 3G now the second best-selling US mobile handsetより。

市場調査会社のNPD Market Researchによるとアメリカで最も売れている携帯電話端末になり、スマートフォン全体では17%を占めつつ(Blackberryを抜いて全米1)、Motorola社のRAZR V3という端末を猛追中とのことです。

  • iPhone購入者の30%が他携帯事業者からAT&Tへの移行組、そのうち47%はVerizon Wireless、19%はSprintから。
  • NPDのアナリストはiPhone 3Gの価格を抑えたことが決め手になっていると言っている。
  • こちらの記事によると、アップルは第4四半期中に7から750万個のiPhoneを販売しているとのこと。

このように、AT&Tの加入者増におおいに貢献しているiPhoneですが、こちら日本ではそういった話はソフトバンクからはまだ聞こえてきていません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!