Marble Worlds 2 : 大ボリュームかつ豊富なギミック満載のiPhone3D球転がし迷路

Pocket Mini Golfを紹介したChillingo社のMarble Worlds 2という 内容が充実している迷路ゲームを紹介します。

実は有料の迷路ゲームを遊ぶのはこれが始めてなのですが、かつ3Dというのも初めてですが、迷路ゲームにしてはかなりの要素が盛り込まれているのですね。もう一つ、iPhone迷路ゲームは加速度計で操作するものだとおもっていたのですが、加速度計とタッチ操作の2パターンも用意されていてなかなか遊び良いです。


起動後画面、いかにもラビリンス的なスタート画面。ルールは簡単だと思うのでそのままNew Gamesに突入。


操作方法を教えてくれます。画面上をタップすることで球が上下、左右方向に動きます。
右画像→加速度計を使った動きも可能、坂道での移動などにも使えます。


それでは始めていきましょうか。確かに画面上をタップすると球が動いていきますね。ちょっと慣れのために練習しましょう。右画像、一つの世界には10程度のステージがあるようで、それぞれこの画面にある穴を介して移動していきます。


加速度計をONにしてみました。iPhoneを傾けると球が動きます。
右画像、しましまの場所はチェックポイント、ここを通るびにセーブとなります。また画面左下に宝石が見えると思います。この宝石を指定数集めることが世界のクリアとなります。画面下にGems:3 of 10とあるのが現在所持している宝石の数ですね。3つあるということです。


画面上部には今宝石はこのステージには1つ残っているぞとアナウンスされています。取り逃すとクリアできずにまた戻ってくる必要があるので取りこぼしの無いようにしてください。
右画像、このように球を浮遊させるなどのギミックがかなりの数用意されています。


こちらの黒いのは敵の球です。「こっちくんな!」と叫びたくなるほど、近寄ってきますよ。壁を壊すことのできるBombと間違えてぶつからないように!


球の近くにあるのはジャンプ台ですね。画面右下に「Jump」の文字が見えると思いますこのアイコンの上でJumpをタップするとより高く跳ね上がります。良いあんばいで移動させ、壁を越えてください。
右画像、世界はどうやら全部で11ありそうです。かなりの多さですよ。


宝石を全て集めるのがルールだと分からなかったので、最初1巡したときに???となっていたのですが、合点がいくと、かなりの早さで進めるようになりました。早解きは禁物ですね。

AppBank.netのビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 64.7 MB
・バージョン: 2.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!