StreetBall : iPhone初でないかな?と思う本格ストリートバスケットなゲーム。もいっこのモードも面白い。102

streetball51

Streetball- というストリートバスケットゲームのご紹介。

iPhoneのバスケットボールゲームってまだ一度も遊んだことがなかったのですが、このゲーム、思っていたよりもリアルで、結構遊べます。

画面をなぞるファンタスティックなモードも用意されているのでそちらも見て貰えれば。

StreetBall


さて始まった。
会社の名前がBattery Acid Gamesだぜ
バッテリーに悪いゲームってすっげぇスタイリッシュネームだ。


Street Ballが始まった。
ストリート臭がするぜと思っていたら。
右下のあやしいやつらがこちらを見ている。。。


メインメニューはこちら、ゲームモードの紹介はあとでしますので、まずはTutorial


プレイヤーを選ぶ。
スクリーンショットにはOBAMA的な人もいたので隠し要素ではないのかと期待している。


さて、ゲーム画面に入った。移動は上下左右にiPhoneを傾けるることでなされる。
左下のボタンはパス。パスしたあとにまたこれを押すと味方がパスをしてくれる。


右下のボタンはシュートだ。どこからでもシュートをうつことができるが、遠いと当然確立は下がる。
近場からシュートを打つと、こういうことだ。飛びすぎてあごをぶつけないようにな。


それでは、メインメニューにあった2 on 2ノーマルモードへ。
相手がボールを持っているときは、左右のアイコンのアクションが切り替わります。左下はスティール。右上はジャンプしてブロックです。
ジャンプでリバウンドできるか何度か試したのですが未検証。


残り20秒あたりからのカウントダウン!!
12対15で勝ってるからまぁ余裕なんだけどもね。
シュートを決めたときの得点は白い線の中は1点、その外からだと2点です。


ということで余裕を見せて勝利!ありがとう!!!
もちょっとディフェンス上手くなりたいぜ!


First To 21は21点に早く到達できたやつの勝ち!というものでしょう。


面白いのがこのH.O.R.S.E.モード
サッカーのPK戦のようなモードです。


このようにして、緑の線にあわせて指をなぞり、その正確性でショットの決まる確立が上がるといったそんなルール。


円形や


波型、いろいろあります。


壁にHORSEの文字を打ち込まれたCPUの敗北
 ”「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる” 山王工業 堂本監督
彼には、暖かい声をかけてやりたい。


派手なダンクや得点も良いですが、絶妙なパスワークやディフェンスのほうがより楽しめるので、操作は簡単ですが楽しめそうなゲームです。
HORSEの「息抜きに使ってよ」感も好き。

StreetBall

AppBank.netのビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 64.7 MB
・バージョン: 2.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ