僕がiPhoneを買わない3つの理由

iPhoneに関していろんな人に話を聞いています。
iPhoneに全身全霊犯されているentrypostmanこと私にとっては新鮮な話や参考になる話も非常に多い今日このごろです。

昨日の「僕がdocomoからiPhoneへ変えた理由(寄稿 by エスさん)+改善され続けるiPhoneへの不満」こちらの記事に引き続きまして、こちらも寄稿いただきました。こちらは匿名寄稿です。

非常にいい文章だったので匿名寄稿ではあるのですが掲載いたします。

なぜ「iPhoneを買わないのか」という理由を怨念レベルで語ってくれています。

寄稿いただいた文章は下からどうぞ。


iPhoneを買わない3つの理由

僕はdocomoのヘビーユーザーです。

きっとこのサイト(AppBank)は、iPhoneユーザーのiPhoneユーザーによるiPhoneユーザーのためのサイトだと思うので、多くの人は興味がないと思いますが、docomoはいいです。

docomoは最高です。

docomoな理由1:一番、堅い携帯がいいため

僕は、毎日朝から夜まで働くちゃんとしたビジネスマンです。

ビジネスマンである以上、連絡が取れることがクリティカルに重要で、そのためには、携帯電話がクリティカルに重要です。

ついては、電池が切れそうになるということや電池の持ちが悪そうというのは、選択としてありえません。特に出張も入りますし、朝から晩まで営業に出歩いている日々なので、電池というのはもっとも重要です。

しかも電池が切れたりして、コンビニで電池で充電できるタイプのものを買ったりする人をよく見かけますが(僕も買いますが)、実はそれもドコモショップで1500円程度で売っています。しかもサービスで充電してくれたりします。

ケースによっては、お店のサービスで無償で交換してくれたりもします。ちょっとしか持たない電池をコンビニで購入するより、はるかにコストパフォーマンスがいいと思います。

また電波のエリアも重要です。

その点、僕の持っているdocomoはやっぱり安心です。最近の事情は知りませんが、長期的に過去を振り返りますと、常に一番エリアの広さについてはdocomoが安心感があります。

また、正直、iPhoneは壊れそうで怖いです。

ソフト的にもフリーズをしそうで、その度に再起動が必要そうで怖いですし、またハード的にも落とすつもりはないものの僕は携帯をやっぱり何度か(十数回は)落としちゃっています。

それでもdocomoはがんばって耐えてくれます。
はたしてiPhoneのあのガラス一面のiPhoneが耐えるものなのかと不安になって怖いです。

そういうことを考えると、やっぱりいろんな意味で堅い携帯電話であるdocomoを選択するべきだと思います。

docomoな理由2:ワンセグが欲しい

ワンセグを見ている人は、世の中一般的に少ないことは知っています。
でも僕は見ています。しかもけっこうワンセグ機能が使えることを知っています。

携帯キャリアは、ワンセグを売るのではなく、ワンセグを使うシチュエーションを紹介しつつ、共に販売していかねばならないと思います。時々テレビCMでも防水ワンセグをプールサイドで見ているのとかありますが、誰がプールサイドでワンセグを見るんだ!とかって思います。

では、どういうシチュエーションがワンセグに向いているのでしょうか。

  • 掃除機を掛けている間:これは特に重要です。掃除機は、掛け始めると30分ぐらいは掛かると思います。その間、皆さんどうしていますか?言っても完全に意識を集中させねばならないほど難しい仕事でもなく、とはいえ、まぁまぁ時間の掛かる家事であり、また音がうるさすぎてテレビも見れないし、場所によってはテレビの視界外のときもあります。その時、ワンセグは非常に重宝します。ワンセグ+イヤホンで手元でテレビ(もしくはワンセグ録画放送)を見ながら、掃除をするとまったく掃除機を掛けるのが苦にならず、逆に時間を経つのを忘れるぐらいです。
  • お風呂に入っている間:ジップロック(防水の食品用パック)などに入れてお風呂で見ます。お風呂で小説を読んだりもしますが、やっぱり濡れたりとかって考えるとジップロック携帯が一番良いです。(たしかに防水携帯が好ましいですが、、。)お風呂用テレビを買うほどお金持ちじゃない僕にとって、手軽で追加コストがなくちょうど良いのがワンセグです。
  • 移動中:新幹線や立ちっぱなしの満員の山手線で見たりします。特に満員電車においては、新聞や本を読むのは非常に辛いです。その点、携帯電話でテレビを見るのは比較的簡単です。ただ、携帯飛行機で見れないのが玉に傷です。移動中においてはワンセグというより、ワンセグの録画分を見ています。(ちなみに僕は、自分のノートPCの中に常に1本は見ていない映画を保存しています。飛行機に乗ってテレビがついていない、出張に行ったホテルで暇なときなどに見るためです。松下幸之助のダム式経営=在庫経営の精神です。)(さらに、ちなみに、ですが、僕は新幹線などの移動中に、妻と見れるようにイヤホンの分岐器も持ち歩いています。値段も安いしかさばらないので一応所持しておいて損はないと思います。)
  • 深夜歩いている時:人気のないところでは、イヤホンも使わず音量を出しつつテレビを見ながら歩いています。ときたま、偶然会社の同僚などと出会いそうになって、あわてて隠したりしますが、、。でも便利です。暇つぶしになりますし。なぜ皆さん普通にテレビを見ながら歩かないのか不思議です。

ちなみに、ワンセグ機能を使うにあたってあまり知られていない重要なことがひとつあります。

それはワンセグで番組を録画しておけることです。

2GB程度のマイクロSDを1枚買っておくと、そのSDになんと10時間分ぐらいは保存できるのです。ちなみに僕は、常に6~8時間ぐらいは保存しています。

例えば何を録画しているかと言うと、深夜の映画やCBSドキュメント(そういえば、先日はメメントが深夜にテレビでやっていましたね。録画しておきました。)などです。

昼間は、忙しいので、携帯で録画する暇はないですが、深夜の寝ている間に寝ている時間にやっている映画を適当に録画しておくのです。
無料なので、見ない映画でもどんどん録画していきます。それで、容量がいっぱいになったら見なさそうなのを削除して、新たに興味ある映画を録画するのです。

通常のワンセグだと移動中などでは、画像が崩れたりしますし、そのタイミングで面白い番組があるかどうか分かりませんが、録画をしておけば安心です。(ダム式経営ですね。)

docomoな理由3:電子マネーが使えない

電子マネーが使えないこともiPhoneを選択しない大きな要因です。

携帯は胸のポケットに入れていますが、財布はかばんに入れています。そういう方は多いのではないでしょうか。携帯で決済できるのは、かばんをいちいち開けなくていいですし、楽で便利です。

それに加えて、電子マネーを甘く見ている人が多すぎです。

ちゃんと現金を使わず電子マネーを使って、ポイントを貯めたり、そのポイントをマイルに変えて、そして特典旅行をゲットすべきです。

ともかく電子マネー用の決済クレジットカードのお勧めは、「マイレージ・プラス セゾンカード(マイルアップ版)」です。なんと100円のものを買うと、1.5マイル貯まるのです。

マイルの価値をあまりご存知のない人も多いと思いますが、特典旅行に変えることで(つまりマイルで旅行することで)、概ね1マイルあたり2円~3円程度、もしくはそれ以上の価値はあります。つまり、最大約5%ものベネフィットがあるわけです。

ちなみに、僕は、Suica、Edy、QUICPAY、iDを持っています。昔はnanacoを持っていましたが、セブンイレブンがQUICPAY対応に伴いnanacoをラインナップから外しました。(nanacoは、マイレージに移行できるポイントも貯まらないので。)

この4種類があれば、都内の生活においてはほぼカバーできます。且つ、どの電子マネーを使っても上述のマイレージ・プラス セゾンカードにて決済ができますし、マイルが貯まりますし、ついては、約5%の還元率で旅行にいけるのです。
(プリペイド形式の電子マネーのチャージに、ポイントが貯まらないクレジットカードも多いですが、マイレージ・プラス セゾンカードは違います。)

具体的には、東京~沖縄間の往復の飛行機の旅券は、1.5万マイル=100万円の使用(電子マネー+クレジットカード)で取得することができます。ちなみに、東京~シンガポール間の往復の旅券は、2万マイル=133万円の使用で取得することができます。

では、電子マネーはどこで使えるのか?

  • コンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ampmなど)
  • JR、地下鉄などの鉄道
  • レストラン
  • 駅ナカや駅周辺のショッピングセンター
  • タクシー

もはや、僕は、電子マネーとクレジットカードだけあればほとんどの生活をこなすことができる状態です。またそういう状態だからこそ、非常にマイルの貯まりも早いです。

皆さんも1円(というより1マイル)を無駄にしない生活にしませんか?

以上、3つの理由でiPhoneを買いません。
私はdocomoを使い続けます。

皆さんもそのiPhoneを今すぐ解約して、
改めてdocomoが欲しくなったのではないでしょうか?

実はこの文には続きがあります。
続きを読む方はこちらから↓↓↓
docomo信者の僕がiPhoneを欲しいと思うたった一つの理由。

docomoからiPhoneへ乗り換えた人の体験談もどうぞ

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!