TapNext : iPhoneがプレゼン用のリモコンに!!ネット/Wifiがつながってればおk。1676

<忙しい人のための TapNext 3ポイント紹介>

  • Wifiでもネット経由でも動作する、iPhone用プレゼンリモコン
  • Keynote, Powerpoint, OpenOffice Impressに対応
  • デザインは硬派な感じ

tapnext

Keynote, Powerpoint, OpenOffice Impressに対応しているiPhone用プレゼンリモコン!!いつか社内のプレゼンで使ってみたい!


さて、11月からappbankへ本格的に参加しているToshismですが、忙しくなる前に、八王子の実家に帰省しました。本日は八王子からレビューをお届け!久々にあったうちのキャバリアのかわいさったら・・・。ちょーかわいい。

というわけで、TapNext。全プレゼンテーター必見のアプリ。wifiだけでなく、インターネット経由でもリモコン機能が使えるところがいい感じです。では早速中身をみていきましょう!

TapNext

アプリ起動の前に、TapNext Receiverをインストールして設定をすることから始めます。


上記がTapNext Receiver。ちなみにWinでもMacでもOKです。まずはAdhoc Modeから試してみます。名前を入力する欄があるので、ToshismMacという名前をつけました。ちなみにTapNext Receiver、起動しっぱなしにしといてくださいね。


tapnext

さて、早速アプリを起動します。画面はこのような感じです。まずは「SETTINGS」をみてみましょう。

ごらんの通り、プレゼン用リモコン機能に加えて、「録音機能」もあります。(exportはできないようですが・・・)


tapnext

設定画面です。まず、モードをAdhocにします。その上で、同じWifiにつながっていれば、先ほど設定した「ToshismMac」が写真のように出現します。

次に、タイマーを設定します。


tapnext

(同じ画面の再掲です)「Count Up」と「Count Down」のいずれかを選択します。そして、基準となる時間をセットします。画面上では35秒。そして、「−」と「+」をいじって、アラーム(バイブ)の時刻を決めます。30secの場合、残り30秒でバイブが起動します。


tapnext

さて、メイン画面に戻ってきました。左上に「35」と表示されているのがわかるかと思います。なお、時刻は「START SLIDESHOW」をタップしたらすすみはじめるのではなく、35と書かれている枠をタップすると進み始めます。


次はインターネットでアクセスするときの設定。ここでは5つのアルファベットが重要です。


tapnext

設定画面に飛び、「Internet」を選択。先ほどの5つのアルファベットを入力します。あとは同じ。これでインターネット経由でプレゼンができます!


以上です!

さて、早速導入して毎日使いどころを探してwktkしているToshismですが、実はまだ活用できていません。このアプリ、使いやすくってかなり好きなのですが、意外と使うタイミングがないのがたまに傷。早く使いたいなー!

TapNext
  • 販売会社リンク:CONIT Co., Ltd.
  • 参考価格:450円
  • 仕事効率化(Productivity)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!