Where’s Wally?: 「ウォーリーをさがせ」のiPhoneアプリ版。原作クラスの面白さ。お見事!2115

マーティン ハンドフォード!! Where’s Wally? The Fantastic Journey 、そう、あの「ウォーリーを探せ」のiPhoneアプリ版が日本にようやくやってきました!USのランキングでもずっと一位だった大人気アプリです。

小学生の頃ずっとハマっていた絵本が iPhoneになった!これだけで興奮してきますよね。ふしぎな国に迷い込んだウォーリーとその仲間達、その不思議な国の不思議な人、物事をタップして見つけていくゲームです。

iPhoneゲームとしての再現性が非常に高く、むちゃくちゃ楽しめます。ボリュームもあり、本にハマったという方、こういうゲームでわくわくしたい方におすすめします!

   Where's Wally? The Fantastic Journey


それでは、始めましょう!
日本版はちゃんと Waldo ではなく Wally となっているのでご安心を!


それではキャラクター名とアイコン、ゲーム難易度を決めて、


ウォーリーさんは偉大なる冒険の旅に出ようとしているところ、とかなんとか。


魔法使いの白ヒゲおじさん、なつかしいなぁ。
というかこのステージ自体が懐かしい。何度も読んだなぁ。


まずは白ヒゲおじいさんを見つけましょう。
見つけたらタップしてください。


次はウォーリー氏、ちょろいですね。
よく見ると絵の中の人物が動いているのがおもしろい!


肩ならしはここまで、それでは、下のスロットに出てくる人たちを探して行きましょう。
見つけたらタップですよ。ステージはとても広大ですが。、つけ出すべき物の範囲は限定して表示されるのでご安心ください。


右下のわんちゃんをタップすると、かなり明らかなヒントを見せてくれます!


最後に魔法の巻物を見つけてクリア!


お次のステージは火の魔法使いと水の僧侶の戦いの場面。これも懐かしい!
見つけ出すのは”Fire meeting water”、火と水がかち合う場所ということですね。


あったあった。必要な英語力はこの程度ですから中学生でも大丈夫なはず。


Perfect でクリア!
ゲーム画面の下にある制限時間がそのままステージクリアの評価になります。早いもの勝ち!!


おっとぉ。
ウォーリー子ちゃんの登場だ!


魔法のじゅうたんのステージだ。


いきなり、星をタップして集めるボーナスステージ!!


Odlawさんだと、、、


複数いる黄色と黒のシマシマ動物を探す場面。
同じステージでなんども遊べるのがいい。


と、いうことでウォーリーの大冒険は続くのです。
どのステージも絵をみただけでわくわくしてきますね。童心に響きます!


本とは異なる味わいできちんとウォーリーを探せができるのがうれしい。ステージが進むたびにキャラが細かくなって行ったり、前のステージのキャラが一人だけついてきているというお約束も健在。

同じステージでも違うテーマで再プレイできるのもうまいと感じました。このゲームに限っては一回クリアしただけじゃもったいないんですよね。本だって何度も何度も読み返したもの。ボリュームも相当あります。

また、このアプリ、ゲームとしての良さだけでなく視覚探索 – Wikipediaを鍛えるという副作用は多分にあると思います。瞬時に欲しい対象を見分ける力ですよね。スポーツでは(特にバスケットボール)こういった能力は重宝しますよね!!

最後に全く関係ないですが、ウォーリーを探せの人気を知る上でのこちらの記述をご参考に
ウォーリーをさがせ! – アンサイクロペディア

   Where's Wally? The Fantastic Journey

AppBank.netのビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 64.7 MB
・バージョン: 2.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ