[iPad] CloudReaders pdf,cbz,cbr: iPadで気軽に読書をしてみたい方にオススメな電子書籍・マンガリーダー。無料。1446

このアプリCloudReaders pdf,cbz,cbrは無料です。「iPadで読書を試してみたいけど、お金はかけたくないな」という人にオススメです。

cloudreaders


CloudReadersの3ポイント紹介

・「右から左に進む」「左から右に進む」を切替可能
・USBおよびWi-Fiによるデータ転送に対応
・サポートしているのは、PDF, CBZ, ZIP, CBR, RAR

CloudReaders pdf,cbz,cbr。日々更新され、進化している電子書籍・マンガリーダーです。早速みていきましょう!

この記事では、前半にCloudReadersの使い心地を紹介し、後半にCloudReadersへの書籍転送方法を2種類解説しています。


CloudReaders pdf,cbz,cbr

このアプリはiPadに対応しています。

使ってみましょう!

縦表示で起動しました。書籍をタップすると、右図のように雑誌が開きます。画面下のスクロールバーで「ページ移動」、画面上から「明暗調整」ができます。

cloudreaders
cloudreaders


こんな感じです。アップにして読むことも出来ます。左右をタップしたり、指をさっとフリックさせるとページを移動します。

cloudreaders
cloudreaders


こちらは横表示です。ここで、右上のボタンをタップすると、左右が入れ替わります。

cloudreaders


わかりますか?下の画像、上の画像と比較すると左右が入れ替わっています。いいですね。

cloudreaders


こちらは、CloudReadersにもともと入っている「源氏物語」を読んでいる所です。ここで、本は左に進むのですが、次の頁に進んでみると・・・

cloudreaders


こうなります!!・・・といってもわかりませんよね。実は、半ページずつページが読み込まれていきます。いやー、これはかなり便利。

cloudreaders


cloudreaders

こちらに表示されているのが、CloudReadersにはじめから登録されている本。ぜひ、一冊読んでみましょう。


さて、最後に「本の整理方法」を。今のところ、本は「タグ」で整理することが出来ます。画面右下のボタンを選択してみましょう。すると画面が切り替わって、タグ付けをする画面になります。

cloudreaders
cloudreaders


タグをつけたい本を選択して、タグを入力でOK。元画面に戻ると、タグでソートできるようになります。

cloudreaders
cloudreaders


転送方法 – USB経由

iPadにCloudReaderをインストールしたら、iPadの管理画面の「アプリ」を選びましょう。そして下にスクロールすると・・・

diamond


アプリケーションにファイルを転送する画面が出現します。ここでファイルを転送します。

diamond


成功するとこんな画面になります。「週間ダイヤ-トヨタ.zip」がアップされたのはわかりますか?

diamond


CloudReadersを起動して、転送されていることを確認しましょう。

diamond


転送方法 – Wi-Fi経由

次は、Wi-Fi経由でファイルを転送する方法です。まず、CloudReadersを起動して左下にあるWi-Fiマークをタップします。すると、この画面が表示されます。

cloudreaders


次に、ブラウザ(Internet ExplorerやSafari、Firefoxなど)を起動して、URIを入力しましょう。すると、以下の画面がでてきます。あとはファイルを転送するだけです!

cloudreaders


以上です。

iPad発売後、すでに何度も更新されていて、進化がものすごいアプリでもあります。ぜひ一度使ってみましょう!

なお、記事内で紹介している週刊ダイヤモンドの特集のダウンロード方法はこちら!→「iPadで週間ダイヤモンドの特集コンテンツを読もう。


CloudReaders pdf,cbz,cbr

このアプリはiPadに対応しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!