[iPad] Amplitube for iPad: 遂に超定番アンプ/エフェクトシミュレーターがやって来た!リアルな音に驚愕!!2021

Amplitube

知らない人はほぼいないであろうあのアンプ/エフェクトシミュレータが遂にiPadにやってきました!

1番重要な音は、まさに完璧です!!操作性も素晴らしい。
実は、先にiPhone版がリリースされていましたが、やはりiPad版の大画面のほうが全てにおいて快適です。

個人的に2010年最強のアプリAmplitube for iPad、紹介していきます!

*ギターとiPadの接続にはIK MULTIMEDIA iRigが必要です!!


Amplitube for iPad

起動画面。まさかiPadがアンプになる日が来ようとは…

Amplitube


画面上部にエフェクト、画面下部にアンプが表示されています。
iPhone版ではエフェクトが同時に3つまでしか使えませんでしたが、iPad版ではなんと4つまで同時に使用できます。

Amplitube


画面最下部のAMPからアンプを選択しましょう。全部で5種類。
ここはしっとりとクリーン系。

Amplitube


CABからキャビネットも5種類選べます!右下にあるキャビネットのイメージ画像をタップしても変更できます。
またマイクの種類もイメージ画像をタップすることにより2種類から選択できます。

Amplitube


PRESETからアンプ/エフェクト設定を36個まで保存できます。
切り替えたい設定番号をタップすればすぐに音色が変わります。

Amplitube


TOOLSをタップするとチューナー、メトロノーム、サンプル音の確認ができます。
メトロノームは地味にうれしいですね。

Amplitube


バッキングトラックをiPadに取り込んでおけば、バッキングと一緒に演奏できます!!

Amplitube


SETUPからレイテンシー、フィードバックの有無、オートスリープの切り替えが可能。
個人的にはレイテンシーはLOWで十分だと思います。

Amplitube


ちなみに、こちらがギターとiPadの接続に使用するIK Multimedia iRig です。
いわゆるオーディオインターフェイス的な働きをしてくれます。


Amplitube for iPad、如何でしたでしょうか?
実は当初あまり期待していなかったのですが、ごめんなさい、僕が悪かったです。。
やはりAmplitubeはすごかった!!歴史が違います。

音のほうも予想以上にリアルでした。
モニタースピーカー等よりもイヤフォンやヘッドフォンのほうがそれっぽい音の気がします。まだ試していませんがアンプのリターンに入れたらどんな感じになるのでしょうか?非常に楽しみです。

ギタリストの皆様、購入することを強く推奨します!!


Amplitube for iPad
  • 販売会社URL:AmpliTube iRig
  • 参考価格:2300円
  • ミュージック(music)
  • 執筆時のバージョン: 1.0


iRig をこちらからチェック!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ