GuitarToolkit: 最強ギターツール。チューナー、メトロノーム、コード・スケール表のセットだ!2159

全てのギタリストにお薦めのマストバイアプリ、GuitarToolkitのご紹介です。

GuitarToolkit
GuitarToolkit


名前からご想像できる通りあのTabToolkitを開発した会社、Agile Partnersですね。
このアプリで一気に有名になりました。

4種類のツールのクオリティの高さは驚嘆に値します。
この系統のアプリでGuitarToolkit以外の選択肢はほぼないでしょう!

早速紹介していきましょう。


GuitarToolkit

GuitarToolkit

起動画面。ピックが燃えている!


チューナー画面です。
レギュラーチューニング、クロマチックチューナーモードを搭載しています。画像のように2種類の外観を選択できます。

GuitarToolkit
GuitarToolkit


指板タブをタップすると、指板が表示されます。
右下のiマークをタップで指板の設定画面が出てきます。スケールをONにしてみます。

GuitarToolkit
GuitarToolkit


GuitarToolkit

指板上に指定したE Majorのスケール音が表示されます!縦方向にスクロールで22フレットまで確認できます。


先ほどの指板の設定画面で、今度は音程をタップしてみます。
するとスケール音画面で各音程名ではなく度数表示に切り替わります!

GuitarToolkit
GuitarToolkit


次はメトロノーム機能を使ってみましょう。
下の方にあるつまみをグリグリすることでテンポを変えられます。
また、上部のテンポ設定パッドを何回かタップすることでテンポを測定することができます。

GuitarToolkit
GuitarToolkit


GuitarToolkit

右下のiマークをタップすることでメトロノームの設定が行えます。
メトロノーム音変更、強弱音の反転、テンポの点滅表示、拍子を設定できます。


次に、初心者の方にはうれしいコードダイアグラム表示機能をチェックしてみます。
とりあえずCのローポジションコードを表示してみました。コード名の左右にある矢印をタップすることでハイポジションでの運指を確認できます。重要ですね。

GuitarToolkit
GuitarToolkit


GuitarToolkit

コード名をタップすることで表示させたいコードを指定することができます。
あまり使わないであろうコードも検索できます!


GuitarToolkit

右上の虫眼鏡マークをタップすることで指定した音の組み合わせからコード名を見つけてくれます!この機能は作曲する上でかなり便利だと感じました。


GuitarToolkit

最後にGuitarToolkitという名前でありながら、ギターだけでなくほとんどの弦楽器を選択できてしまう楽器詳細設定の確認に行きます!
まずは、楽器から。


ギターは7弦、12弦、ベースは5弦、6弦。
それ以外にバンジョー、マンドリン、ウクレレもありますね。バイオリン以外の弦楽器がほとんど揃ってます。

GuitarToolkit
GuitarToolkit


チューニング設定画面。
一般的によく使うオープンチューニングや、まったく知らなかった謎のチューニングも揃えています。

GuitarToolkit
GuitarToolkit


GuitarToolkit

カスタムチューニングの作成もできます!
6弦は2音下げ、かつ5弦は1音下げなんかを登録したいです。


GuitarToolkit

定番の基準ピッチ変更機能もあります。
441Hzは知っていましたが、他のピッチにも名前があるなんて知りませんでした。


アプリ内の全ての表示を左利き用に変えられる機能もあります。
ベース表示に変え、かつサウスポー表示にしてみました。ちゃんと変わってますね!

GuitarToolkit


如何でしたか?

それにしても本当に機能盛りだくさんのアプリですね。
ギタリスト的にこんなツールがあったら便利だな、と思うツールを網羅しています。
かゆい所にも手が届きまくりです!

ギターを最近始めた方、ギター歴10年以上の方も必携のアプリです!


GuitarToolkit
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ