[iPad, iPhone] Reactable Mobile: ビョークのライブでも使用された、とっても斬新な楽器のアプリ版。3677

Reactable Mobile


あのビョークが気に入り、実際にライブでも使用された不思議な楽器Reactable。
なんと、Reactable Mobileとしてアプリ化されちゃいました!

なんでも実機の方は入手困難であり、お値段も120万円(!)ぐらいみたいです。

どんな楽器かを簡単に説明しますと、ひとつの役割をもったオブジェクトを円形のテーブルの上に置き、テーブルがオブジェクトの種類を判別し音を出したり、音を変化させるという…まぁとにかく斬新な感じなのです。

おもしろそうな感じなのですが、非常に大きいのが難点です。
そんなReactableがiPadサイズで気軽に使えるというのですから、こりゃスゴイ。
触っていて感じたのですが、非常にiPadに向いた楽器だと思いました。

遊び始める事ができる程度に、紹介していきたいと思います!


Reactable Mobile


iPad – Reactable Mobile

起動中です。
実機はこんな感じなんですよ!

Reactable Mobile


起動しました。

青い円が表示されていますね。
この円の中に音を出すオブジェクトを配置していくわけです。

Reactable Mobile


画面の下をタップすると、オブジェクトの一覧が表示されます。

Reactable Mobile


さっそくLoopオブジェクトをドラッグして配置してみましょう。
このLoopオブジェクトは、ループ音を再生するためのオブジェクトです。

Reactable Mobile


配置が完了すると、中心と線で結ばれ、ループ音が再生され始めます。

Reactable Mobile


ここで、Loopオブジェクトをダブルタップしてみましょう。
Blue meloとかMayaとか表示されていますね?
これはフォルダのようなもので、それぞれに何種類かのループ音が保存されています。

Reactable Mobile


こんな感じです。
どれか1つを選択することで、ループ音を変更することができます。

Reactable Mobile


Loopオブジェクトをダブルタップして、指を離さないで上下にスライドすると設定したループ音を変更することができます。4つまで1つのブロックに割り当てられますよ。

お次はDelayオブジェクトを配置してみます。
ディレイ効果を追加することができます。

Reactable Mobile


ありゃ、これでは意味がありませんね。
Loopオブジェクトの音にディレイをかけるようにしたいので、そのルート上に重なるように配置しましょう。

Reactable Mobile


これでLoopオブジェクトからの音にディレイがかかるようになりました。
ダブルタップ後、指を離さないで上下にドラッグすることで、ディレイタイムを変更できます。

Reactable Mobile


お次にOscillatorオブジェクトを配置してみましょう。
Oscillatorオブジェクトからはサイン波などの音をだすことができます。

Reactable Mobile


Oscillatorオブジェクトだけ配置しても、ブゥ〜ッとずーっと音が流れるだけですので、一定のパターンで音が出るようにSeqencerアプリを追加しましょう。

Reactable Mobile


配置されました。
Oscillatorオブジェクトへパターンをバババッとだしているのがわかると思います。

Reactable Mobile


オブジェクトの周りをポチポチと選択して、パターンをエディットすることができます。

Reactable Mobile


楽曲全体のテンポを変更したい場合はTempoオブジェクトを配置します。

Reactable Mobile


ダブルタップして、指を離さず上下にスライドすることでテンポを変更できます。

Reactable Mobile


今度はFilterオブジェクトです。
文字通り、音にフィルターをかけることができます。

Reactable Mobile


Oscillatorオブジェクトの後に接続しましょう。

Reactable Mobile


ダブルタップして指を離さず上下にスライドすることで、EQのタイプを変更したり…

Reactable Mobile


EQのやまを調節したりできます。

Reactable Mobile


左上の【+】ボタンをタップで、保存や読み込み、マニュアルなどにアクセスできる画面となります。

Reactable Mobile


【Save table】をタップで、ファイルとして保存しておけますよ。

Reactable Mobile


【Online manual】から、詳細なマニュアルをチェックできます。
英語ですが、かなりくわしく解説されています!

Reactable Mobile


縦でもバッチリつかえます!

Reactable Mobile


あ、ちなみに画面をピンチインピンチアウトすれば拡大縮小もできます。

Reactable Mobile


iPhone – Reactable Mobile

iPhoneでも同じように使えちゃいますよ!

Reactable Mobile
Reactable Mobile


と、こんな感じでガッツリと楽しむことができます。
オンラインマニュアルが非常に充実していますので、そちらも参考にしてください。

iPad専用に作られたといってもおかしくないぐらいの完成度です!
Reactableが気になっていた人はぜひチェックしてみてください!!


Reactable Mobile
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!