[iPad] iVOCALOID-VY1: 歌詞にメロディーをつけると歌う。あのボーカロイドの登場です!3702

iPadでもボーカロイドできる時がやって来たぞ!!

vocaloid-vy1


歌詞とメロディーを入力するだけでリアルな歌声を合成するボーカロイドが、遂にiPadで使えるようになってしまいました!というわけで、iVOCALOID-VY1 をご紹介します。

歌詞を入力し、ピアノロールに音程をタップして入力していきます。
音量、ビブラート、ピッチの調整が細かく可能です。
数種類のシンプルな伴奏とリバーブもありますね。

あまり複雑なことはできませんが、しっかりとメロディーを歌わせることは可能です!
メロディーをサッとメモっておき、後でPC版VOCALOIDで編集できるように、.vsqファイルに変換してメールで送信する機能もついています。

参考:iPhone版の記事です。
iVOCALOID-VY1: ボーカロイドがiPhoneにきたよ。音程をつけて話します。3702 – iPhoneアプリのAppBank


iVOCALOID-VY1

[iPad] iVOCALOID-VY1


起動してみました。
この画面で全ての作業を行います。

DTMなどでおなじみのピアノロールですね。
全部で17小節まで、音符は最小で8分音符までです。

vocaloid-vy1


さっそくマスをタップして、音を入力してみましたよ。
右上に表示されているテキストフィールドの歌詞が一文字づつ自動で入っていきます。

vocaloid-vy1


画面右上のテキストフィールドをタップすると、歌詞を編集できますよ。

vocaloid-vy1


入力した音の右端をタップしてドラッグすれば、音を伸ばすことができます。

vocaloid-vy1


左下のボタンをタップで音量、ヴィブラート、ピッチを調整する画面が表示されます。

こちらは音量調整ですね。

vocaloid-vy1


ひとつひとつに音量を設定できます。
指でなでるようにすると、一括で調整できて便利です。

vocaloid-vy1


【Vib】ボタンをタップで、ヴィブラートを調整できます。
伸ばす音には積極的にかけたいですね。

vocaloid-vy1


【Pit】から、ピッチの細かい調整が行えます。

vocaloid-vy1


テンポの調整はこちらからです。
極端に遅くしたり速くしたりすると、発音が不自然になってしまいますので注意です。

vocaloid-vy1


こちらからリバーブ(残響効果)のオン・オフと、伴奏のオン・オフが切り替えられます。

リバーブはうっすらと自然な感じでかかりますね。
伴奏はシンプルなドラム音が入っています。

vocaloid-vy1


このボタンから歌詞やノート(入力した音)を一括削除できます。

vocaloid-vy1


特に保存作業がいらなく、自動で保存されている感じです。

vocaloid-vy1


空欄をタップすれば、新しく曲を作り始めることができます。
作成途中の曲をタップすれば、作曲を再開できますよ。

vocaloid-vy1


作成した曲を.vsqファイルに変換して、メールで送信することもできるみたいですね。
PC版VOCALOIDでもっと細かく編集できるわけですね。

vocaloid-vy1


縦でも使えちゃいます。
歌詞とピアノロールの両方が確認できてイイ感じですね。

vocaloid-vy1


如何でしたでしょうか?
お子様のおもちゃとしてもオススメな感じですよ。


iVOCALOID-VY1
  • 販売会社URL:VOCALOID
  • 参考価格:1800円
  • ミュージック (Music)
  • 執筆時のバージョン:1.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!