[iPad, iPhone] Note & Share: Dropbox/Evernote/Twitter/Googleドキュメント/ATOK Padなどにテキストが即送れる。3778

Note & Share


Note & Shareの特徴

Note & Shareは5つのウェブサービスにテキストが送信できる画期的なアプリです。

今まではTwitterならTwitterの専用クライアントアプリを使う、といった様にそれぞれに対応した別のアプリが必要でした。しかしNote & Shareを使えば、このアプリ1つで複数のサービスに対応し、すばやくテキストを送信できるのです。

アウトプットする環境を1つのアプリに集約することで、作業の邪魔になる使い勝手の違いなどの要素が排除でき、より集中した状態で、より効率的にメモが書けます。

対応のウェブサービスを複数利用されている方には特にオススメです。
詳しくご紹介します。


Note & Share

iPad版 – Note & Share

これがNote & Shareのメイン画面。灰色の部分にテキストを入力していきます。
まずは機能を設定する為に左上の歯車ボタンをタップしましょう。

Note & Share


Markdown文法やTextExpanderにも対応していますが、今は先に「サービス」のご紹介をしましょう。Dropboxなどのサービスと連携する場合は「サービス」をタップ。

Note & Share


ずらっと並んでいるのがNote & Shareが連携できるサービスたち。オンにすれば連携機能が有効になります。ただし、iPadではATOK Padは利用できないので要注意!

Note & Share


例えばDropboxと同期する場合、Dropbox上に専用フォルダを設けてそこにテキストファイルをため込むようになっています。同期先・フォルダ名は任意に変更できます。
Evernoteではテキストを保存するノートブックが指定できます。

Note & Share


テキストの共有方法は、テキストを入力して右上のボタンからテキストを送信したいサービスをタップするだけでOKです。1行目の文章がEvernote/Googleドキュメントではタイトルに、Dropboxではファイル名になります。
TwitterやPlurkは字数制限がありますが、他のサービスにはありません。1万字以上のテキストが送信できました。

Note & Share


このようにサクッとメールを送ることもできます。

Note & Share


右上に並ぶサービスアイコンの中でも最も左に位置する「ノート」をタップすると、入力したテキストがアプリの中に保存されて、あとからキーワードで検索ができます。

同時にDropboxにtxtファイルとして保存されます。削除ボタンで消さない限り、同じtxtファイルに追記も可能。ただしこちらからファイルは指定できません。
他のデバイスでNote & Shareに同じDropboxアカウントを登録すると、この内容は共有できます。コピーしたい文章などをやりとりするのに便利ですね!

Note & Share


設定で「Markdown 変換」をオンにすると、HTMLにも似たプログラミング言語でフォントのスタイルや大きさ、文中にリンクや画像を挿入することができます。

Note & Share


Markdown文法の変換に対応しているのはEvernoteとGoogleドキュメントの2つ。
これは先ほどの文章をEvernoteのアプリで見ているところ。画像が表示できています。

Note & Share


マイクロブログサービスのTwitterやPlurkにも対応。画像はアプリからPosterousにアップロード後、そのURLを自動で添付します。

Note & Share


さらに設定画面からSafariにブックマークレットをインストールすれば、Safariで開いているウェブページのタイトルとURLをNote & Shareに送ることができます。

Note & Share


iPhone版 – Note & Share

機能はiPad版と変わらず、iPhone版はSMSとATOK Padに対応しているのでむしろこちらの方が充実していると言えます。

左:多数のサービスをオンにしている場合は「…」をタップすると…
右:他のサービスを表示することができます。ATOK Padは右下にあります。

Note & Share
Note & Share


Note & Share

先ほどもご紹介したようにSMSアプリにもテキストを送ることができます。


Note & Share

テキストはATOK Padでも編集可能。

素早くテキストが編集できますね。


左:iPad版同様、TextExpanderとMarkdown文法に対応。
右:対応サービスはご覧の通り。SMSとATOK Padが追加されています。

Note & Share
Note & Share


Markdown文法を使う際の注意点

画像を表示させる場合は以下の方法で行わないと表示されませんでした。

[(タグ名)]:(URL)

![(タグ名)]

また、「Markdown 変換」をオンにすると改行が無視されます。改行する為には2回連続で改行しなければなりませんが、その際に空の行が生じてしまいます。
普段は「Markdown 変換」はオフにしておくことをオススメします。

ぜひお試しください。


Note & Share

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!