[iPad] Radar Beats HD: レーダーみたいな見た目の、直感的に扱えるビートマシン。面白いです!172

Radar Beats HD


やっぱりiPadの楽器アプリはおもしろいぞっ!
レーダー好きを虜にしそうなビートマシン、Radar Beats HDのご紹介です。

上のスクショを見てください。どこからどう見ても、レーダーそのもの。そのレーダーの上に音がなるオブジェクトを配置して、ミュージックを構成していきます。いろいろな音が用意されており、エフェクトも豊富です。リズムパターンも簡単なものから、かなり複雑なものまで、どんな感じでも構成できます。

なかなかライブでも使えるような設計が施されており、プリセット切替が違和感なく行えたりします。iPadの画面をプロジェクター等に出力してもかっこいいと思いました。

さっそく紹介に入りましょう。


Radar Beats HD


はい、こちらがメイン画面となっております。

とりあえずレーダーを配置してみましょう。
画面下部のボタンから【Radar】をタップしましょう。

Radar Beats HD


するとこんな表示が画面の左側に出現します。
【1:2 Q:8】の表示からドラッグしてきて、レーダーを配置します。

Radar Beats HD


こんな感じに配置されました。

「1:2」の拍子で、「Q:8」(8分刻み)という意味ですね。ダブルタップすることでリズムの刻みを変更することが可能です。32分まであります。

Radar Beats HD


さぁ、次に音の鳴るオブジェクトを配置しましょう。
レーダーの範囲の中にドラッグします。

するとレーダーの針がオブジェクトを置いた場所に来るたび、音が鳴ります。

Radar Beats HD


キック、スネア、なんかシンセみたいな音など、どんどん追加してみました。レーダーの中心に近い場所に配置すれば音が大きくなり、中心から離して配置すると音は小さくなります。

Radar Beats HD


ちょっと趣向を変えてスクラッチ音とかを追加してみました。
イイ感じのアクセントになっております。

Radar Beats HD


ここで他のレーダーを配置してみましょう。他のレーダー上にあるオブジェクトでも、重ねれば音がなります。これによって、かなり複雑なビートも組むことができます。

Radar Beats HD


追加したレーダーにもオブジェクトを配置しました。

Radar Beats HD


もちろんエフェクトも自由自在!

各種フィルタ類、レーダーのスピード変更、サイズ調整や…

Radar Beats HD


ディレイ、パンの調整、ボリュームなど、なかなかの種類が用意されています。

Radar Beats HD


ディレイ(Echo)を配置してみました。
レーダーの領域に重なっている部分にあるオブジェクトに効果がかかります。

Radar Beats HD


画面下部の【Setting】から現在の設定の保存が行えます。

Radar Beats HD


もちろんロードもできます。

このロードの設計がなかなか良く出来ていて、現在のビートをうまく繋がるようにしてくれます。(テンポは違うみたいですが…)

Radar Beats HD


ばっちりと違和感なく切り替わりました。

Radar Beats HD


縦表示にも対応しています。

Radar Beats HD


おもしろいですね、このアプリ。
少し値段が高目ですが試してみる価値はあると思いますよ。


Radar Beats HD
  • 販売会社URL:radarbeats.com
  • 参考価格:1700円
  • ミュージック (Music)
  • 執筆時のバージョン:1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ