JBL ON STATION™ MICRO III: iPhoneをさして使うスピーカー。イージーリスニングに最適!電池も使えます。

手軽に使えるiPhone用スピーカー、JBL ON STATION™ MICRO IIIのご紹介です。

JBL ON STATION™ MICRO III


近未来的なデザインがかっこいい感じです。JBLならではのしっかりと設計されたスピーカーが、小さいながらも迫力のある音を響かせてくれます。

JBL ON STATION™ MICRO III について4分半で語ってみました!

定格出力は4Wと控えめですが、音量が小さいなどということはありません。ベッドサイドや6畳〜10畳ぐらいまでの部屋まで十分な音量を届けることができます。自宅パーティーのBGM、野外でのBBQ、ダンスの練習なんかにぴったりです。

単4電池4本で駆動しますので、部屋の中でも外でも、どこにでも持ち運んで使うことができます。大きさは幅168mm、奥行168mm、高さ54mmとなっています。重さのほうもACアダプターや電池も含まないで504gしかありません。片手で運べてしまいますね。

iPhone 3G、iPhone 3GS、iPhone 4に対応しています。またiPodなら、iPod(第5世代)、iPod classic、iPod touch、iPod nano(第2世代以降)に対応しています。

色は黒と白の2色があります。
さっそく紹介していきましょう!

JBL ON STATION™ MICRO III をチェック!

JBL ON STATION™ MICRO IIIが届きましたっ!

こんな感じの箱に入っております。
箱のほうも非常にコンパクトですね。

JBL ON STATION™ MICRO III


さっそく中身を確認してみましょう。

左から、本体、リモコン、ACアダプターです。

JBL ON STATION™ MICRO III


本体を斜め45°から確認してみました。
スピーカーの配置の仕方、および全体のデザインが近未来的な感じです。

JBL ON STATION™ MICRO III


上部からの図です。
ここにiPhoneを接続します。

JBL ON STATION™ MICRO III


こちらは背面です。左から外部入力端子、USB端子、ACアダプター端子となっています。その上にあるのは電源ボタンですね。USBケーブルでスピーカー本体とPC/Macを接続すれば、iPhoneを接続した際に自動でiTunesと同期することも可能です。

JBL ON STATION™ MICRO III


JBL ON STATION™ MICRO III にiPhoneを接続してみました!

接続すると充電が開始されます。スポッと簡単に接続されますが、ぐらぐらしたり不安定な感じはありませんでした。しっかりと固定されています。

JBL ON STATION™ MICRO III


こちらのリモコン、なかなか便利なのです。音量調節や曲送り/曲戻しはもちろん、なんとiPodアプリの操作まで可能なのです。わざわざスピーカーの元へ行かなくても、全てをコントルールできてしまいます。

JBL ON STATION™ MICRO III


作業の合間にちょっと一息…そんな時に大活躍ですね。
個人的には音量は小さめのほうが気持ちよく聞けました。

JBL ON STATION™ MICRO III


周囲になじみつつも、デデンと主張するなんとも不思議なデザインです。

JBL ON STATION™ MICRO III


iPhoneを接続して音楽を流している時はフロントパネルが白く光ります。
部屋の明かりを暗くするとかっこいい雰囲気になるかもしれません。

JBL ON STATION™ MICRO III


PCの脇に置いて、作業しながらのリスニングにも使えますね。
お気に入りの音楽を聴きながらだと、作業効率が上がること間違いなしです。

JBL ON STATION™ MICRO III


如何でしたでしょうか?

ゆるーく音楽を聴くのに最適なスピーカーなんじゃないかな、と感じました。
iPhoneの中の音楽をどこでも楽しみたい、そんな方にオススメいたします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ