[iPhone, iPad] Spot finder: iPhone/iPadでソフトバンクWi-Fiスポット検索!783

Spot finder


この記事はこのアプリの開発者様からの寄稿です。

今回はソフトバンクWi-Fiスポットでも使われているFONスポットを表示できるiPhone/iPadアプリをご紹介します。

出先で無線LANが使えたらなーと思った経験はありませんか?3G回線では重たすぎるファイルのダウンロードはキツい、YouTubeも途切れるし・・・。そんな状況に備えてソフトバンクはiPhone、iPadユーザーにソフトバンクWi-Fiスポットを用意しています。

実はこのサービス、ソフトバンクのお店でWi-Fiが使えるだけじゃないってご存知でしたか?なんと全世界のFONユーザーが提供するFONスポットが利用できるんです!上の画像を見てください。

赤いピンで表示された場所がFONスポットを示しています。つまりこの周辺に向かえばWi-Fiが使えるという事になります。想像以上にたくさんあると思いませんか?さて、このFONスポットを表示する事が出来るのが今回紹介させていただいているアプリ、Spot finderです。


MoMA


Spot finder

起動するとまず自分の位置が青いドットで表示されます。


Spot finder

初めて起動した場合は位置データをダウンロードする必要がありますので、設定ボタンをタップします。


プリセットで日本国内のFONスポットの位置データが指定されていますので、そのまま更新ボタンをタップしてみましょう。するとデータがダウンロードされて、FONスポットが表示できるようになります。最新のデータに更新したい場合も更新ボタンをタップするだけでOKです。

Spot finder
Spot finder


Spot finder

これで準備は整いました。設定を閉じて、ピンマークをタップしてみましょう。位置データを検索しながら現在地周辺のFONスポットにピンが次々に降ってきます。これらがFONスポットです。


Spot finder

周辺の地図をスクロールさせてピンマークをタップすると、表示された領域のスポットがやはり表示できます。


Spot finder

現在地から各スポットまでの経路を検索したい場合は、ピンをタップし「経路をマップに表示」をタップします。すると「マップ」アプリの中に自動的に経路が表示されます。


Spot finder

好きな場所のスポット検索ももちろん可能です。上部の検索フォームに場所の名前を入力して検索してみましょう。ここでは東京タワーと検索してみます。


Spot finder

地図に東京タワーが表示されて、周辺のスポットにピンが降ってきます。


Spot finder

ここでネットワークの無いところへのお出かけにそなえて地図を保存しておきましょう。左下の保存ボタンをタップすると、表示された地図とFONスポットが「画像」に保存され、後から参照できます。


Spot finder

操作方法がわからなくなったら「?」マークをタップして、ヘルプを読んでみてください。


さて、Spot finderはプリセット以外の位置データももちろん使えます。海外のFONスポットやその他緯度・経度データを指定すればオリジナルのSpot finderを作れますよ。詳しくはサポートサイトをご覧ください。

FON finderサポートサイト

あなたも出先で無線LANを使いたくなったらSpot finderでFONスポットを検索してみては?

[from Oilshock Apps (oilshock_apps) on Twitter] [web FON finderサポートサイト]

※寄稿したい方はこちら: iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について


MoMA
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!