iRig Recorder: 録音はもちろん、高品位な編集も施せるプロ仕様のレコーディングアプリ。1289

iRig Recorder
iRig Recorder


音声録音の最強アプリ、iRig Recorderのご紹介です。

音声メモはもちろん、会議やインタビュー、録音が必要な全ての場面で便利に使えます。録音した音声を切り取ったり、様々な補正効果を施すことも可能です。この補正効果があらかじめ8種類用意されており、いくつかのパラメーターをいじってボタンを押すだけでオッケーです。もちろん重ねがけすることもできます。

録音データはAAC(m4a)、非圧縮16bit/44.1kHz(wav)で書き出し可能です。録音データの転送方法はEmail、WiFi経由、iTunes、FTP、Sound Cloudなどなど、豊富に用意されています。

iPhoneのマイクでも問題なく使うことが出来ますが…より高い録音品質を求める人はiRig Micを使うべきです。iRig MicはAppBank STOREからどうぞっ!

AppBank STORE : IK Multimedia iRig Mic

こちからiRig Micの簡単な紹介記事をチェックできます。
IK Multimedia iRig Mic

さっそく紹介に入りましょう!


Neonim

iRig Recorder
保存される録音データには、日時と位置情報を付加させることができます。

位置情報は困る、という方はここで【許可しない】をタップしましょう。

ここで【OK】を押してしまっても、後から設定アプリで再設定可能です。


さっそく録音してみる

起動するといきなりこの画面です。【RECORD】をタップすることですぐに録音を開始することができます。録音中はあとどれぐらいまで録音できるか、iPhoneの残りspaceが表示されます。残りスペース分だけ録音しまくることができますよ。

iRig Recorder
iRig Recorder


再度【RECORD】ボタンをタップで録音が終了し、データが保存されます。
タップすることで再生して確認することができます。

iRig Recorder
iRig Recorder

細かく編集する

iRig Recorder
さて、これだけでは標準アプリの音声メモと何も変わりませんね。

このiRig Recorderの真価は編集作業で発揮されます。

保存されたデータの右側のボタンをタップすると、こちらの編集画面が開きます。

再生区間の指定、切り取り、補正効果の適用が行えます。ひとつづつ順番に確認していきましょう。


まず再生区間の指定からです。

波形表示の左右にある【START】と【END】を指でスライドさせることで再生区間の指定が行えます。指定した区間の繰り返し再生もばっちりです。テープの書き起こしや聞き取りに便利ですね。

iRig Recorder
iRig Recorder

ハサミマークのボタンをタップすると指定した区間を切り取ることができます。【Cut Selectio】は指定した区間を切り取りです。無音部分などをカットしたりできます。

iRig Recorder
iRig Recorder


iRig Recorder
【Crop Selection】は指定した区間を別ファイルとして保存することができます。

指定した部分だけが必要といった場合にはこちらを使います。

ちなみに右上の【Edit】から音声データの削除やリネームが行えます。


【PROCESS】ボタンから現在開いている音声データ全体に補正効果をかけることができます。補正効果は全部で8種類用意されています。音量の自動調整、音質の自動調整、背景ノイズの除去、声のブライト化/スムース化、スピード/ピッチ変更です。

iRig Recorder
iRig Recorder

iRig Recorder
どの補正効果にもいくつかのパラメーターがあり、ある程度効果を調節することが可能です。

好みの設定を施したら、右下の【APPLY】をタップするだけでオッケーです。

パラメーターの数は必要最低限ですので、すぐにわかると思います。


スピードとピッチの変更はなかなか高品質でした!特にスピードの調節はピッチがほとんど変わらなく、速聴などで威力を発揮すると思います!

iRig Recorder
iRig Recorder


その他の設定

iRig Recorder
画面下部の【Setup】タブから設定画面へアクセスできます。ひとつづつ解説していきます。

まずInput/Outputレベルの調整です。ここは特に重要で音が割れないようにInputを調整しましょう。

【Built-in MIC】からはiPhone内蔵マイクの使用をオン/オフできます。

【Latency】は特にそのままで問題ないと思います。


iRig Recorder
【Real-time Monitoring】が録音中の音声をリアルタイムで聞くかどうか。

【Auto REC】はアプリ起動と同時に録音を開始したい場合にオンにします。最速で録音を開始することができます。

【Auto Sleep】からオートスリープのオン/オフです。


iRig Recorder
【Background Audio】をオンにしておくと、ホームボタンを押してアプリを終了してもバックグラウンドで録音が継続されます。他のアプリを使いたい場合に便利です。

【FTP Settings】や【SoundCloud Settings】からは、FTPの設定やSoundCloudアカウントの入力などが行えます。


iRig Recorder
ちなみにバックグラウンドで録音中はこんな感じとなります。

iRig Recorderのアイコンか、上の赤い部分をタップすることで、いつでもiRig Recorderに戻ってくることが出来ますよ。


データをとり出す

保存されたデータをiTunes経由、WiFi、FTPなど様々な方法でとり出すことが出来ます。
取り出す際のデータの品質は無圧縮かm4a形式を選択できます。

iRig Recorder
iRig Recorder


最後に…Email Exportや自動ボリューム調整は初期状態では使えません。
アカウント登録をして、ログインすることで使えるようになります。

iRig Recorder
iRig Recorder


以上です。

これだけの機能があれば、何かを録音する際の最強アプリと言っても過言ではないでしょう。iPhoneで音声などを録音しまくっている方は、ぜひチェックしてみてください。

高品位な音声を録音したい方は、ぜひiRig Micをチェックしてみてくださいね!
AppBank STORE : IK Multimedia iRig Mic


Neonim
  • 販売会社URL: AmpliTube iRig
  • 参考価格: ¥600
  • ミュージック
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ