[iPad] 包みかた教室 for iPad(教材なし): 和紙を折り、贈り物の包みを作る作法を学べます。動画付き。

Tsutsumikata


最も好きなiPadアプリは何?と聞かれたら、私は間髪入れずに「くらしのこよみ for iPad」と答えますが、くらしのこよみ for iPadをリリースしている平凡社から、和紙を折って贈り物の包みを作る方法を学べるアプリ、包みかた教室 for iPad(教材なし)をご紹介します。

このアプリの特徴は何よりも「写真の美しさ」。こんな風に自分で和紙を折って贈り物を包んだら、とても心が和みそうだなあと感じさせてくれる、ほっこり暖かで柔らかなアプリです。

収録されている折りのバリエーションは5つ。それぞれ動画と画像による解説がついています。それに加えて、「包んで贈り物をする」という日本の文化に関するちょっとした小話(これがまたステキなんです)がついています。

なお、1900円の「教材なし」がついていない同名のアプリを購入すると、「二枚合わせの祝儀包み」用の専用教材「美濃手漉(す)き和紙」が届くそうです。

それではご紹介していきます。


包みかた教室 for iPad(教材なし) 1.0(¥350)

包みかた教室。

Tsutsumikata


なんだか美しいデザインです。

Tsutsumikata


紹介されている折り方は5つ。たとう包み、粉包み、半紙で折る小銭と紙幣包み。

Tsutsumikata


そして、いろいろな紙で折る小銭と紙幣包み、二枚合わせの祝儀包み。なんだか全てステキです。

Tsutsumikata


粉包み。この写真のかわいらしさといったら・・・。なんだかとても暖かな気分になれます。

Tsutsumikata


まずは用紙についての説明など。ここを読むだけでもかなり楽しめます。

Tsutsumikata


折り方を動画と図解から学ぶことができます。

Tsutsumikata


動画はこんな感じです。

Tsutsumikata


こちらが図解。わかりやすいです。

Tsutsumikata


アプリの後半ページには、「包み、贈る」ことについてのお話が書かれています。

Tsutsumikata


画面をタップすると、右下からコンテンツに飛ぶことができます。

Tsutsumikata


動画と目次にそれぞれ飛ぶことができるんですね。でも、このアプリは巻物みたいな作りになっているので、あえて目次機能などは使わないことをオススメします!

Tsutsumikata


なんだかいいですね。

Tsutsumikata


以上です。

くらしのこよみ for iPadに続き、素敵なアプリです。アプリの制作現場にお邪魔したいくらい好きです。ぜひお手に取ってみてください。


包みかた教室 for iPad(教材なし) 1.0(¥350)
iPhone アイコン
包みかた教室 for iPad(教材なし) 1.0(¥350)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!