【専門家に質問しました】無水エタノールぶっかけと iPhone のホームボタンの効きは関係ない。

最近、無水エタノールをぶっかけるとホームボタンの効きが良くなるという情報が iPhone 上で流行っています。
試そうと思ったのですが、それでなぜ良くなるのか理由が分からないので、電子機器関連の専門家(iPhone修理も)に質問したところ、匿名を条件に回答していただけました。

無水エタノールを iPhone にかけるとホームボタンが効くようになるのか電話で質問しました

AppBank:
無水エタノールは純度が高く電気を通さない、また揮発性が高い物質で、iPhone にエタノールをかけると、ゴミやホコリなどが除去されホームボタンの効きが良くなるとの期待から多くの人が試しているのだと思います。ホームボタンの効きが悪くなる理由とゴミは関係あるのですか?

専門家:
いいえ。ホームボタンが効かなくなる原因は部品の故障や不具合がほぼ全てで、ゴミや中の両面シールが溶けることで直ることはあっても数10万台に一台レベルだと思います。不純物が侵入することでうまくいくかもしれませんが、期待をしないでください。

AppBank:
なるほどです。べちゃべちゃかけてもいいと言う情報もあったのですがそれはどうですか?

専門家:
これはやってはいけません。電源を切ってもドック部分は通電する可能性が高く、無水エタノールであってもドック部分の水没センサーはほぼ検知します。この時点でアップルのサポート対象外となります。

AppBank:
すると、無水エタノールをかけることとホームボタンは関係がなく、しかも無水エタノールをかけるのは危険行為で推奨できないということじゃないですか?

専門家:
はい。やってはいけないことです。絶対におすすめしません。購入後1年以内のホームボタン感度の不調はアップルストアでの交換対象となっているはずなので、お近くのアップルストアや無い場合は近くの iPhone 修理屋さんに持ち込むべきだと思います。


以上です。
エタノールぶっかけを試すことでうまくいった方が数多くいることは知っていますが、
ホームボタンの効きが悪くなる理由が分からない限りは、無水エタノールをかけてはいけないと私は判断しました。

やってはいけません!
サポート対象外になる危険性があるので「やるなら自己責任で」という言葉も広めないようお願いします。

あとデコピンすると白いのが出るってのは、爪が削れてでてきた爪そのものです。
ペンでたたけば白いのはでません。
効きが良くなるかは保証できません。良くなる人もいれば変わらない人もいて、私の中では気休めです。

AppBank 全力プッシュ!