【iOS5】iPad標準カレンダーの変更点解説。週表示・iCloud対応他。

iOS5 で追加された iPad 標準カレンダーの機能を紹介します。

iOS5CaliPad


iOS5 へのアップデートに伴い追加された機能はこちらです。

・年表示が可能に
・タップによるイベント作成、ドラッグによる日時/時間調整
・カレンダーの追加/名前変更/削除
・他デバイス(iPad や Macと)間のカレンダー同期
・友だちや家族とのカレンダー共有

一つずつ解説していきます。

年表示

画面上部の「年」をタップすると、年表示があらわれます。予定が多くなるほど色が濃くなっているようです。9月と10月が濃い!!!

日付をタップすると、その日に移動します。

iOSCalendarpads - 1



タップによるイベント作成

日・週・月・リスト表示でタップ長押し(1秒程度)でイベントを作成できるようになりました。

iOSCalendarpads - 1


タップして約1秒後、イベント追加画面が表示されます。必要項目を入力しましょう。「完了」をタップで、イベントが作成されます。

iOSCalendarpads - 1



長押し & ドラッグによる時間調整

予定を長押しすると、予定の上下に●が表示されます。これをタッチして上下にドラッグすると…

iOSCalendarpads - 1


みよーん。予定の長さを調整できます。これは「日」「週」「リスト」表示で可能です。

iOSCalendarpads - 1




「カレンダー」の追加/名前変更/削除

今まではイベントしか作成できませんでしたが、これからは「カレンダー」も作成できます。(今まで「iPhoneのカレンダー」だったものが、「iCloudのカレンダー」になっています)

左上の「カレンダー」をタップし、表示された枠右隅の「編集」をタップします。

iOSCalendarpads - 1


すると iCloud のカレンダーに「カレンダーを追加…」という項目が出現します。ここからカレンダーを作成できます。名称とカラーを設定できます。

iOSCalendarpads - 1
iOSCalendarpads - 1



他デバイスとのカレンダー同期

iPhone および iPad で、iCloudの設定を行いましょう。
iCloud を使い始めよう!設定、同期、ブラウザからアクセスなどなど、基本を解説します。

Mac で利用するには OS を Mac OS X Lion にアップグレードする必要があります。既に Lion を使われている方は10月12日までに公開されるアップデータを適用してください。

設定さえ行えば、あとは気がつかないうちに同期が行われます。

また、PCブラウザからもアクセスが可能です。
iCloudカレンダー


友だちや家族とのカレンダー共有

PCブラウザから「iCloudカレンダー」にアクセスし、左側にあるカレンダー横のボタンをタップします。

すると、カレンダーの共有機能が出現します。あとはカンタン。カレンダーを共有したい相手の Apple ID を入力すると(そして相手が承認すると)、カレンダーがお互いに共有されます。

ical


以上です!

iOS 5 の使い方まとめページはこちらからどうぞ!
【ただいま更新中】iOS 5 の使い方まとめ!新機能を中心にご紹介いたします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ