10秒でiPhoneのカレンダーに祝日を設定する方法

こんにちは、KiDDです。

ボクはよくiPhoneの標準カレンダーで日にちや曜日をチェックするのですが、ひとつだけ不満があります。

それは、iPhoneの標準カレンダーには祝日が設定されていないこと。

iPhoneの標準カレンダーでも土曜日や日曜日はすぐに分かるのですが、残念なことに祝祭日が分かりません。もちろんほかのカレンダーアプリを使ったりGoogleカレンダーと同期したりすれば分かるようになるのですが、それはちょっとめんどくさいです。

そこで何か手軽な方法はないかなと思ってGoogleで調べてみたところ、便利なウェブサイトを見つけました。なんとたったの10秒でiPhoneのカレンダーに祝日を設定できます。


3回のタップでカレンダーに全祝日を設定できる!

まず、「iPhone 祝日カレンダー – Holidays Calendar」に接続してください。
次にページの一番上にある【日本 – Japan】の項目をタップします。すると「カレンダー“日本の祝祭日”を照会しますか?」と聞いてくるので【照会】をタップします。


最後に【完了】をタップすれば祝日の設定が完了します。
はい、たったこれだけでiPhoneのカレンダーに祝日がイベントとして追加されました。
1月9日は成人の日、お休みです。


念のため来月も見てみましょう。2月は「建国記念の日」がありますが、なんとその日は土曜日。これは残念。
5月のゴールデンウィークも1日、2日が平日なので会社によっては悲しいことになりそうです。


この「iPhone 祝日カレンダー – Holidays Calendar」は、ブログ「128way – マビノギ雑記」を書かれているTokyuさんが作られたそうです。

ありがとうございます。おかげでボクのiPhoneでも祝日が分かるようになりました。

ちなみに、カレンダーのデータはアップル提供のカレンダーから引っ張ってきているそうです。なのでアップルのデータを直接ダウンロードしたい方はApple公式サイトからどうぞ。詳しいやり方はAppBankアプリ制作者のもとまかさんのブログに載っています。

最後にまとめです。

10秒でiPhoneのカレンダーに祝日を設定する方法まとめ

3G回線で10秒かかりません。今すぐやりましょう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!