【写真用語を学ぼう Vol.1】「ブライトネス」を使えば、明るさの調整ができる!

最近、【昼刊】でトイカメラが大人気ですよね!

わたしもカメラアプリは大好きなのですが、なんせ素人なものでステキな写真にしあげるのが、なかなかむずかしいっ!!しかもiPhoneのカメラアプリの多くは、写真の編集ができるようなのですが…。何をいじるとどうなるのか、写真の知識がないのでさっぱり分からない!

そしてカメラアプリを買い漁ること、十数個。

せっかくカメラアプリで写真の編集ができるんだったら、使わなければもったいないのではないか…?と思い当たったのです!

そうだ、ステキな写真に仕上げるために「写真用語」を覚えよう!



そして今回は第一回目として、「ブライトネス(Brightness)」について勉強していきたいと思います。私のように「ブライトネス」ってなに??と思っていた方は、一緒に勉強していきましょう♪

写真補正に使うアプリはPhotoForge2です。
PhotoForge2: 全ての写真加工アプリを捨ててもこれだけは残したい!


「ブライトネス」とは?

カメラアプリを使っていると、「ブライトネス(brightness)」という機能をよく見かけますよね?

このブライトネス(brightness)は、光の量を調整する機能のことです。

光の量を調整することで、明るいトーンや暗いトーンへと変えることができるんです!


こんなシーンで使おう!

ブライトネス(brightness)を使うと、写真全体の明るさが調節できます。

たとえば、逆光で暗く写ったしまった写真を明るくすると、暗くて見えなかった部分が見えるようになります。


ブライトネス(brightness)を使ってみよう!

元になる写真はこちらです。

逆光になってしまい、顔が暗く写ってしまっています。

海を背にとびきり笑顔のマミルトンが、見えないなんて残念すぎる!


左下のマークをタップし、【Brightness/Contrast】というメニューを選んでください。


調整するには、矢印のマークをスライドさせます。


←方向へ移動すると暗くなります。

これでは黒子のようだっ。


→方向へ移動すると明るくなります。

これは移動させすぎて、マミルトンが天に召されてしまった!


ちょうどよく動かすと、表情が見えるようになりました!


並べて比べてみましょう。

この「Brightness」を調整することで、暗く表情が見えなかった写真が蘇りましたね!

第二回では、「ブライトネス(Brightness)」をもっと色々なシーンで試してみたいと思います!お楽しみに!

その他、写真用語、実践してみた、カメラの撮り方まとめはこちら。
【随時更新】iPhone のカメラに詳しくなる記事まとめ!撮影テクニックから加工用語まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ